« 今日の日経予想! | トップページ | ワラント爆上げ連発! »

2006年10月16日 (月)

楽天きたー!!

ワラント 楽天 69回 35%アップ!!!

金曜からあわせて1.5倍!!久しぶりに大きく儲けられました!

高値で売れてよかったです。

今日のワラントはコールがほとんど上がってましたね!

今晩のNYを見て明日の取引を考えたいとおもいます!

本日の日経平均!

値上がり銘柄数1400超、平均株価は156円高と大幅続伸

16日後場の東京株式市場では、物色範囲を広げ、底堅く推移。新規の手掛かり材料に乏しく、弱含みスタートとなったが、中小型株中心に約100億円の買いバスケットが観測され、平均株価は午後1時38分には1万6732円44銭(前週末比195円90銭高)まで上げ幅を拡大した。

前引け後に住友化や協発酵などが業績予想の上方修正を発表、9月中間期決算への期待感が高まった上、新興市場が上げ基調を強めたことも投資家心理の安定化につながった。

ただ、引けにかけては利益確定売りに上値を抑えられた。
 市場では、「現物が強い一方で先物に迫力がない。信用買い残が大幅に改善した半面、裁定買い残は高水準。さらに外国人と個人との物色意欲の差など投資主体・動向によりギャップが生じ、どちらかに振れるエネルギーが蓄積されているように思える」(中堅証券)との声が聞かれた。

平均株価は終値で前週末比156円22銭高の1万6692円76銭と大幅に続伸した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり1456、値下がり186。出来高は15億3873万株。売買代金は2兆1631億円。東京外国為替市場では、1ドル=119円台後半(前週末終値は119円16銭)で取引されている。
 住友信託によるTOB実施の住信リースがストップ高比例配分となり、値上がり率トップ。住友商によるTOB実施の住商リースは上場来高値を更新。

UBS証の「TOB型再編が割安中小型リース見直しの契機」とのリポートもあり、東京リース、UFJセント、興銀リース、ダイヤリースなどリース株に買いが継続したほか、フィデック、アイフル、三洋信販、オリックスなどノンバンク株が幅広く物色され、東証の業種別株価指数でその他金融は値上がり率トップを維持。三菱UFJ、三井住友、みずほ、りそなHDなどの大手銀行株や、野村、日興コーデ、三菱UFJ証、いちよしなどの証券株も引き締まった。住友不が上場来高値を、菱地所、三井不は年初来高値をそれぞれ切り上げるなど不動産株も引き締まった。ナスダック指数高を映し、ソニー、TDK、京セラ、ファナックなどの主力ハイテク株は堅調。フィラデルフィア半導体株指数(SOX)高を受け、アドバンテスが新高値を切り上げ、東芝は出来高トップに次第高となるなど半導体関連株の一角も上げ基調を強めた。

ソフトバンク、ヤフーも上昇。個別では、CYBOZUが2営業日連続のストップ高比例配分。モルガン証がレーティングを「オーバーウエート」に引き上げたNEOMAXや、金門製、日立ツール、椿本チエなども高い。

 半面、武田薬、アステラス薬、小野薬、久光薬など薬品株の一角がさえず、ブリヂス、浜ゴムなどタイヤ株の一角も甘い。個別では、前週末13日に福岡銀などとの資本・業務提携、今3月期連結推定の一転最終赤字を発表した九州親和が値下がり率トップ。今11月期連結経常利益予想を下方修正したユーシン、今3月期連結推定で一転経常減益のモリタ、今5月期連結で大幅最終減益見通しの東洋電なども軟調。

|

« 今日の日経予想! | トップページ | ワラント爆上げ連発! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160871/3828198

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天きたー!!:

« 今日の日経予想! | トップページ | ワラント爆上げ連発! »