« 本日のワラントの結果! | トップページ | 本日のワラント! »

2006年11月16日 (木)

本日

ワラント上昇率ランキング

1 日産ディーゼル コール [27] +33.33
2 南アフリカランドリンク債 コール [8] +31.72
3 WTIリンク債_2007年3月限 コール [7] +30.00
4 松下電器産業 プット [55] +28.00
5 東日本旅客鉄道 コール [34] +26.03
6 南アフリカランドリンク債 コール [14] +25.92
7 東京エレクトロン プット [70] +25.00

22時現在です。

ワラントは11時50分まで取引できます。

オススメ銘柄!

パーク24 <4666> プット 1回 5日移動平均線を割込み、分割後の安値が視野に入る
セガサミーHD <6460> プット 28回 年初来安値を更新、下値模索の展開続く
ヤマトHD <9064> プット 18回 5・25日移動平均線を一気に割り込む

2006年11月16日

日経平均は続落。79.60円安の16163.87円(出来高概算15億3200万株)で取引を終えている。

米国市場でNYダウが連日の最高値更新となった流れを受け、日経平均は買い先行スタートとなった。

ただ、TOPIXが前日の高値を抜けないなど上値の重さも次第に嫌気される格好となり、一時16367.10円まで上昇した後は16300円を挟んだ狭いレンジ取引が続いた。後場に入ってもこの膠着相場が続いていたが、上値の重さが目立っていたTOPIXが下げに転じた辺りから、次第に利益確定売りの動きが強まっている。

そのため、強含みで推移していた日経平均も国際優良株などが値を消す格好となり、下げに転じている。

 全体としては金融政策決定会合後の日銀総裁会見を控えていることもあってか様子見ムードも強く、先物主導によるインデックス売買に振らされる格好であった。米アプライドマテリアルが時間外で下落していることもあり、東エレク、アドバンテストなど値がさハイテク株の一角が終日軟調な展開。強い動きを続けていた任天堂が急速に値を下げるなど、先駆していた銘柄には利食いの動きが強まっている。

東証1部では前場段階で値上がりが過半数を超えていたものの、後場に入ってからの軟調地合いを受けて値下がりが1000を超えてしまった。

|

« 本日のワラントの結果! | トップページ | 本日のワラント! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160871/4210358

この記事へのトラックバック一覧です: 本日:

« 本日のワラントの結果! | トップページ | 本日のワラント! »