« ソニー PS3の販売台数、発売2日間で8万8400台 | トップページ | 本日のワラントの結果! »

2006年11月13日 (月)

本日のワラントの結果!

ワラント上昇率ランキング

1 大平洋金属 プット [24] +78.57
2 WTIリンク債_2006年12月限 プット [4] +73.16
3 楽天 コール [67] +50.00
4 楽天 コール [68] +50.00
5 みずほフィナンシャルグループ プット [167] +48.66
6 東邦亜鉛 プット [8] +46.15
7 大平洋金属 プット [25] +40.00

注目銘柄!

セガサミーHD <6460> プット 21回 5日移動平均線を割込み、年初来安値を更新
ニコン <7731> コール 61回 反発、5日移動平均線を回復
任天堂 <7974> コール 72回 連日の年初来高値更新

値下がり銘柄数1300超、平均株価は89円安と4日続落

13日後場の東京株式市場では、売り先行後に下げ渋りの流れとなった。

お昼の立ち会い外バスケット取引でやや売り決め優勢との見方から、前場の軟地合いを引き継ぎ、平均株価は午後零時33分に1万5913円86銭(前週末比198円57銭安)まで下げ幅を拡大。その後は買い戻しや、自律反発狙いの買いに切り返し、一時は前場高値1万6048円90銭(同63円53銭安)を上回る場面もあった。

ただ、あす14日の第3四半期GDP(国内総生産)・一次速報値の発表や、あおぞら銀行の新規上場を控え、戻りは限定された。

 市場では、「機械受注の悪化を受け、各社がGDP想定値を引き下げ、それを織り込みに掛かった。

GDP結果は3通りを想定。少々良いのがベストだが、仮に下ブレすれば、相場は下から入り、アク抜けの可能性もある。ただし、好内容が示されるようだと金利上昇懸念が台頭してくる」(欧州系証券)、「ショート(売り建て)に傾きやすい状況で「雲」の上限(一目均衡表日足で約1万5950円)前後で止まり、カバー(買い戻し)の動きが表面化したが、持続性は不透明。あすはタイムテーブル的にもテクニカル的にも重要な日になる」(オンライン証券)との声が聞かれた。

 平均株価は終値で前週末比89円94銭安の1万6022円49銭と4日続落。東証1部の騰落銘柄数は値上がり314、値下がり1320。出来高は16億3564万株。売買代金は2兆2493億円。東京外国為替市場では、1ドル=117円台前半(前日終値は117円61銭)で取引されている。

|

« ソニー PS3の販売台数、発売2日間で8万8400台 | トップページ | 本日のワラントの結果! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160871/4176069

この記事へのトラックバック一覧です: 本日のワラントの結果!:

« ソニー PS3の販売台数、発売2日間で8万8400台 | トップページ | 本日のワラントの結果! »