« ワラント 今日の結果! | トップページ | 本日のワラントの結果! »

2006年12月19日 (火)

日興コーデ、監視委が課徴金勧告、東証は監理ポストに割り当て

ワラントで月曜に日興コーディアルグループ <8603> プット買っていれば10倍は確実ですね。

今はストップ安ですので取引停止になってます。

しかしここも上場廃止にならないと納得はいかない!

ライブドアでかなり痛い目にあいましたから・・・

ライブドアは駄目で日興はオッケイ。そんなことがあれば絶対おかしい!!

日興コーデ、監視委が課徴金勧告、東証は監理ポストに割り当て

日興コーディアルグループ <8603> に対して、証券取引等監視委員会は18日、発行登録追補書類の虚偽記載で、法令違反の事実が認められたとして、内閣総理大臣および金融庁長官に対して課徴金納付命令を発出するよう勧告した。課徴金は5億円で、05年4月に同制度がスタートして以降、最大の金額となる。

 今回の勧告内容は以下の通り。日興コーデは、子会社の日興プリンシパル・インベストメンツ(以下NPI)が、実質的に支配しているNPIホールディングス(以下NPIH)を連結の範囲に含めず、さらにNPIHが発行し、NPIが保有していた他社株券償還特約付社債券(EB債)の発行日を偽るなどして、NPIの会計帳簿を作成し、本来計上できない当該社債券の評価益を計上。

こうした行為で、連結経常利益が589億6800万円であったにも関わらず、777億1700万円と記載、同様に、連結当期純利益も352億6800万円であったにも関わらず、469億3500万円と記載するなどとした連結損益計算書を、05年3月期有価証券報告書に掲載し、05年11月9日に、発行登録追補書類を関東財務局長に提出。05年11月22日に、一般募集により500億円の社債券を取得させた。

 監視委員会事務局の河野一郎課徴金・開始検査課長は、「告発に至る事実は認められず課徴金勧告となった。また課徴金制度がスタートする直前の案件で、有価証券虚偽記載ではなく発行登録追補書類の虚偽記載となった」と話す。

 一方、東証は18日付で日興コーデ株式を監理ポストに割り当てた。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

ヤフーオークションでワラント必勝法を販売しています。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

お手ごろ値段ですのでよろしければ購入してください!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

|

« ワラント 今日の結果! | トップページ | 本日のワラントの結果! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160871/4603889

この記事へのトラックバック一覧です: 日興コーデ、監視委が課徴金勧告、東証は監理ポストに割り当て :

« ワラント 今日の結果! | トップページ | 本日のワラントの結果! »