« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月29日 (金)

大納会 日経平均 本日のワラント結果!!

ワラント上昇率ランキング

1 日興コーディアルグループ コール [54] +33.33
2 セガサミーホールディングス コール [65] +33.33
3 米ドル ドル高(コール)型 [270] +25.00
4 米ドル ドル高(コール)型 [258] +23.53
5 松下電器産業 コール [65] +21.63
6 中国人寿保険(チャイナ・ライフ) プット [1] +20.78
7 住友金属工業 プット [14] +20.00

SUMCO <3436> コール 4回 年初来高値を更新
エルピーダ <6665> コール 28回 5日移動平均線を回復
三菱重工 <7011> コール 28回 戻り高値が視野に入る

平均株価は1円高とわずかに4日続伸、4年連続の年足陽線で年間売買代金は過去最高=東京株式市場・29日

大納会となる29日の東京株式市場では、買い一巡後に伸び悩み商状。シカゴ先物高や、円安・ドル高基調を受け、買いが先行し、平均株価は午前9時44分に1万7281円19銭(前日比56円38銭高)まで上昇した。

その後は、高値警戒からの利益確定売りや、年内最終売買日に伴う整理売り、さらに債券先物買い、株価指数先物売りの動きも指摘され、引けにかけ上げ幅を縮小した。

 市場では、「新日鉄の新値追いや、トヨタの初の8000円乗せに象徴されるように新春相場への期待感は根強い」(準大手証券)、「相場の方向性は変わらず、年明けも流動性の高い主力大型株買いが続く」(銀行系投資顧問)、「来年は相場過熱感から序盤もたつく可能性はあるが、今期決算発表と絡め、4月以降は新たな上昇トレンドを形成しよう」(米系証券)などの声が聞かれた。

平均株価は終値で前日比1円2銭高の1万7225円83銭とわずかながら4日続伸し、年足では4年連続の陽線となった。東証1部の騰落銘柄数は値上がり693、値下がり813。出来高は9億8470万株。売買代金は1兆591億円。年間ベースでは売買代金が過去最高となり、出来高は歴代2位。東京外国為替市場では、1ドル=119円近辺(前日終値は118円74銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

ワラント上昇ランキング 最強投資法

ワラント上昇率ランキング

1 日興コーディアルグループ コール [54] +80.00
2 韓国200種株価指数 コール [72] +74.12
3 日興コーディアルグループ コール [56] +41.05
4 日興コーディアルグループ コール [61] +38.57
5 住友金属工業 コール [46] +36.36
6 日興コーディアルグループ コール [60] +34.58
7 住友金属工業 コール [47] +33.46

日産自 <7201> コール 74回 出遅れ感際立つ
キヤノン <7751> プット 62回 5日移動平均線を割込む
NTTデータ <9613> コール 40回 60万円の節目を試す

本日の日経平均!

日経平均は小幅高。1.66円高の17224.81円(出来高概算17億6800万株)で取引を終えている。27日の米国市場でのダウ最高値更新、原油先物相場の下落、シカゴ先物の17300円乗せを受けて先高観を強めたスタートとなった。

昨日上昇後に利食いに押されていた鉄鋼株も買い先行で始まった。国際優良株の一角や銀行なども上昇し、日経平均は寄り付き直後に17301.69円と17300円を回復している。

ただ、年末要因から国内外の機関投資家の動きは鈍く、その後は利食いの動きが徐々に優勢となっており、トヨタ、キヤノンなど国際優良株の一角が下げに転じた影響等もあって、日経平均は前引け間際に一時17200円を割り込んでいる。

 後場に入ると、昼のバスケットが売り決めとの観測から日経平均は前場の安値を下回って始まっている。しかし、新日鉄への強烈な買いが続き、同社が前場の高値を上回り、さらに年初来高値を更新して一段高となると、これに刺激される格好から日経平均も切り返しをみせている。

大引けにかけては新日鉄への集中物色が強まったことで全体としては膠着感が強かったこともあり、日経平均は前日終値を挟んだ狭いレンジ取引となった。東証1部では値上がり754に対して値下がり811、変わらず146と、値下がりが若干ながら上回っている。また、規模別株価指数は大型株指数のみがプラス。セクターでは鉄鋼のほか、日興CGのリバウンドの影響もあって証券も上昇。

非鉄、不動産、通信などが堅調。一方、中小型株は利食いの動きが優勢となり、新興3市場の株価指数は揃ってマイナスとなった。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

本日ノワラント上昇ランキング!!

ワラント上昇率ランキング

1 住友金属工業 プット [14] +90.00
2 長期国債先物_2007年3月限 プット [3] +72.22
3 長期国債先物_2007年3月限 プット [2] +63.16
4 長期国債先物_2007年3月限 プット [1] +60.00
5 長期国債先物_2007年3月限 プット [4] +52.00
6 長期国債先物_2007年3月限 プット [5] +47.79
7 WTIリンク債_2007年3月限 プット [8] +42.86

ヤフー <4689> プット 70回 調整局面続く
住金 <5405> プット 15回 5日移動平均線のサポートを試す
新生銀 <8303> プット 44回 700円の節目を試す

伸び悩み商状も、平均株価は53円高と続伸、1万7200円台を回復=東京株式市場

27日後場の東京株式市場では、伸び悩み商状。お昼の立ち会い外バスケット取引でやや売り決め優勢の流れから、利益確定売りが先行。台湾地震の影響で一部情報ベンダーの機能が止まり、「ネット系証券の情報端末が活用できず、顧客注文が出にくい」(オンライン証券)との指摘もあり、平均株価は午後零時42分に1万7211円99銭(前日比42円80銭高)と上げ幅を縮小した。

その後は下値の堅さや、年末・年始高に対する期待感から押し目買いが入り、切り返しに転じたが、戻りは限定された。あす28日の11月鉱工業生産指数(速報値)発表を前に積極的な売買は手控えられた。

 市場では、「鉄鋼株が反落した半面、内需系にも資金が流れ、相場に広がりが出てきた。指数伸び悩みといっても、1万7200円台をキープし、先高期待の強さがうかがえる」(準大手証券)との声が聞かれた。

平均株価は終値で前日比53円96銭高の1万7223円15銭と続伸し、5月8日以来の1万7200円台を回復した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり983、値下がり598。

出来高は16億6489万株。売買代金は1兆7691億円。東京外国為替市場では、1ドル=118円台後半(前日終値は118円88銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

今日のワラントのコール全面高!!

ワラント上昇率ランキング

1 住友金属鉱山 コール [56] +93.22
2 豪ドル ドル安(プット)型 [95] +85.19
3 豪ドル ドル安(プット)型 [98] +84.62
4 東邦亜鉛 コール [12] +69.71
5 大平洋金属 コール [33] +51.94
6 豪ドル ドル安(プット)型 [97] +50.39
7 住友金属工業 コール [46] +47.48

住金 <5405> コール 45回 年初来高値が視野に入る
JFE <5411> コール 41回 年初来高値を更新
三井物産 <8031> コール 27回 戻り高値を更新

鉄鋼株の強い動きは衰えることなく  本日の東証株価!!

日経平均は上昇。76.30円高の17169.19円(出来高概算17億1800万株)で取引を終えている。Xマス休暇の影響で海外資金の流入が限られる中、昨日同様に膠着感の強い相場展開が続き、日経平均は前場段階で高値17100.91円に対して安値17056.59円と値幅が40円程度となっている。

後場に入ってもしばらくは膠着が続いていたが、先高期待による下値の堅さが確認されたほか、年初来高値更新を続ける新日鉄など鉄鋼株に刺激される格好からプラスに転じている。

 その後は225先物への断続的な買いがみられたほか、動きの鈍かったTOPIX先物へ500枚単位の大口買いが入った辺りから景色が変わった。大引けにかけても鉄鋼株の強い動きは衰えることなく、東京エレク、アドバンテストなど指数インパクトの高い銘柄もプラスに転じたことで日経平均は一時、17185.71円まで上げ幅を広げている。東証1部の騰落銘柄は、前場段階では値下がりが過半数を占めていたが、大引けでは値上がり1197に対して値下がり387、変わらず121と値上がりが全体の7割近くを占めた。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

本日の株価!!

ワラント上昇率ランキング

1 豪ドル ドル高(コール)型 [108] +62.00
2 豪ドル ドル高(コール)型 [113] +46.23
3 豪ドル ドル高(コール)型 [117] +41.03
4 豪ドル ドル高(コール)型 [118] +36.92
5 豪ドル ドル高(コール)型 [115] +34.06
6 豪ドル ドル高(コール)型 [119] +32.44
7 豪ドル ドル高(コール)型 [112] +31.71

アサヒ <2502> コール 43回 連日の年初来高値更新
大平金 <5541> コール 33回 5日移動平均線を回復
キヤノン <7751> コール 62回 分割後の高値が視野に入る

売買代金は今年最低、平均株価、TOPIXとも4日ぶりに小反落

25日後場の東京株式市場では、手控え気分が尾を引き、平均株価は前場終値1万7075円59銭(前週末比29円37銭安)を挟み、もみ合い商状。クリスマス休暇入りに伴う海外投資家の姿勢後退や、年末接近で証券ディーラーの動きも鈍く、売買代金は1兆4607億円と今年最低(前回は9月26日の1兆6415億円)。

出来高は13億6802万株と9月29日以来の14億株台割れとなった。新規の手掛かり材料に乏しい上、あすに11月全国消費者物価指数の発表を控え、買い見送り状態となった。ただ、円安・ドル高水準で推移した上、年末高に対する期待感は根強く、下値は限定された。

 市場では、「海外勢はクリスマス休暇入りで静かなもの。年末に向けポジションを取りに行くとは思えず、動き出すのは新年から。ただ、国内信託が動くとの話もあり、『掉尾(とうび)の一振』があれば、新春相場への期待は膨らむ」(米系証券)との声が聞かれた。

平均株価は終値で前週末比12円7銭安の1万7092円89銭、TOPIXも同7.23ポイント安の1644.87ポイントと小幅ながら4日ぶりに反落した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり332、値下がり1287。東京外国為替市場では、1ドル=118円台後半(前週末終値は118円36銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

ワラント 今週の注目点!!

Pcratio

RSI 45%以上55%以下
(該当なし)

RSI 25%以下(コール型向き) (該当なし)

RSI 75%以上(プット型向き)

eワラント売買ランキング (12月11日~12月15日取引分)
売買

1  売越  南アフリカランド C#15  +36.13% +2.87% 
2  売越  日経平均 C#402         +18.03% +2.95% 
3  買越  任天堂 C#76            +27.77% +5.97% 
4  売越  日経平均 C#384         +91.97% +2.95% 
5  売越  日経平均 C#378         +51.67% +2.95% 

週間上昇率ランキング(トップ5) (12月8日と12月15日の引値比較)

1  マイクロS C#6 30     1.16(+0.77) +200.00%
2  東邦亜鉛 C#10 1,200  0.36(+0.22) +157.14%

3  ソニー C#101 5,000   2.89(+1.69) +141.42%
4  ソニー C#102 6,000   0.77(+0.45) +139.06%
5  P3 C#2 1,100         2.22(+1.21) +119.31%

週間下落率ランキング(ワースト5) (12月8日と12月15日の引値比較)

1  ソニー P#94      4,500 0.02(-0.87) -97.74%
2  日経平均 P#361   0.04(-1.02) -96.23%
3  日産 P#57        0.04(-0.60) -93.70%
4  エルピ  P#20     0.02(-0.29) -93.55%
5  NTT P#48         0.02(-0.28) -93.22%

今週の注目点(12月18日~12月29日)

輸出は緩やかに減速している。但し対アジア(中国)輸出の堅調を背景に、輸出が大きく失速する状況には至らない。
足下の生産は堅調に推移している。生産・在庫循環は、1-3月以降はIT関連を中心に一旦調整局面に入る。
消費者物価上昇率は、引続き低空飛行が続く。
日銀による年内利上げの可能性は大きく後退している。当社では追加利上げのタイミングを来年2月と予測している。
追加利上げの有無に関らず、2007年央までは、「実質」ゼロ金利政策に近い緩和的な金融政策運営が続く。
米国では景気減速を背景に、インフレ圧力が徐々に後退している。

「あの時買っておけば,今こんなに儲かっていたのに・・・」と思わずにはいられない,値上がりの大きかったeワラント銘柄の一例をご紹介致します。

ソニー コール101回

銘柄 権利
行使価格 満期日 チャート
ソニー コール 第101回 5,000 2007年1月17日 

騰落率 (2006年12月8日~2006年12月15日)*
eワラント価格 +121.01% (1.19円 → 2.63円)
12/08販売価格 → 12/15買取価格
ソニー参照原資産価格 +9.08% (4,625円 → 5,045円)
参照原資産価格始値ベース

約20万円 (168,000ワラント) 購入した場合*   12月8日(購入日)  12月15日(売却日)  とらたぬ利益
199,920円 → 441,840円 → 241,920円


<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

トヨタ、07年の世界生産942万台=GM超え世界一へ

*トヨタ自動車 <7203> は22日、ダイハツ工業 <7262> と日野自動車 <7205> を含むグループ全体で、2007年の世界生産を942万台とする計画を発表した。

これは米ゼネラル・モーターズ(GM)の06年見通し(918万台)を大きく上回り、トヨタが生産台数で世界一となる可能性が極めて大きくなった。 

ワラント上昇率ランキング

1 旭硝子 コール [48] +86.05
2 旭硝子 コール [43] +71.81
3 松井証券 コール [83] +66.67
4 松井証券 コール [80] +53.12
5 松井証券 コール [85] +39.29
6 NASDAQ-100 指数 プット [105] +38.10
7 松井証券 コール [84] +35.47

新日鉄 <5401> コール 65回 連日の年初来高値更新
ホンダ <7267> コール 58回 分割後の高値を更新
三井不 <8801> コール 15回 5日移動平均線を上抜く

大手鉄鋼、自動車株など買われ、平均株価は57円高と3日続伸し、高値引け=東京株式市場

22日後場の東京株式市場では、売り先行後に平均株価が再び上げに転じ、高値引け。前場引けにかけ弱含んだ流れを引き継ぎ、寄り付きは1万6992円77銭(前日比55円6銭安)とやや下げ幅を広げたが、その後は大手鉄鋼、自動車株などが買い進まれ、指数の上昇につながった。

 市場では、「テクニカル的な過熱感が指摘されるが、外国人買いをバックに実需が強い。来年相場を見越し、期待感が先行している」(準大手証券)、「コア30銘柄中心に欧州系の買いが活発。日本マーケットを割安と見る海外投資家は多く、M&A(企業の合併・買収)、再編がポイントになる。

ただ、会計不祥事が再び起こるようだと調整を覚悟する必要がある」(米系証券)、「トヨタ、鉄がどこまでも上がり、ほかを見るとビクともしない。値下がり銘柄数が1000の大台を超える中で指数プラスに違和感がある。

しっぺ返しがないとは言い切れない」(中堅証券)など多様な声が聞かれた。平均株価は終値で前日比57円13銭高の1万7104円96銭と3日続伸し、5月9日以来の1万7100円台回復となった。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり474、値下がり1102。出来高は17億1192万株。売買代金は2兆848億円。

東京外国為替市場では、1ドル=118円台前半(前日終値は118円36銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

本日のワラントの結果!

ワラント上昇率ランキング

1 日興コーディアルグループ コール [56] +90.67
2 住友金属工業 コール [47] +79.22
3 住友金属工業 コール [46] +78.46
4 日興コーディアルグループ コール [59] +70.83
5 日興コーディアルグループ コール [60] +70.83
6 日興コーディアルグループ コール [61] +68.75
7 日興コーディアルグループ コール [54] +66.67

18時現在のランキングです。

ワラントは11時50分まで取引できます。

新日鉄 <5401> プット 62回 一旦は達成感が出やすそう
キヤノン <7751> プット 62回 デジカメ事業の競争激化も
ソフトバンク <9984> プット 160回 前日の上昇部分を打ち消す

一時17100円を回復

日経平均は続伸。36.79円高の17047.83円(出来高概算20億7400万株)で取引を終えている。昨日16年ぶりの高値水準に上昇していた新日鉄が連日の年初来高値となったほか、外資系による格上げが伝えられた住金が大幅高となるなど引き続き強含みの展開。

トヨタ、ホンダなど自動車セクターの強い動きや再編機運の高まりからキリン、アサヒなど食品の一角も強い動きが目立っている。

一方、キヤノン、東エレク、アドバンテスト、ソフトバンクなど指数インパクトの高い銘柄の一角が冴えないこともあり、日経平均は寄り付き後しばらくは膠着が続いていた。

 しかし、下値の堅さが意識される中、前場半ば辺りから再び上昇基調を強める格好となり、一時17109.17円と17100円を回復する場面をみせている。後場に入ると昼のバスケットがやや売り越しとの観測もあり、利益確定の流れから17010.04円と下げに転じる動きをみせたが、17000円を割り込まなかったことから押し目買い意欲の強さが目立った。

東証1部の騰落銘柄は値上がり613に対して値下がり971、変わらず126と、値下がりが過半数を占めている。規模別株価指数は小型株指数のみがマイナス。セクターでは食品、機械が堅調な半面、三洋信販の営業停止処分を背景にその他金融が冴えない。なお、HOYAとペンタックスの合併が伝えられ、業界再編の広がりが期待されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<三洋信販問題>12日間、全店に業務停止命令 金融庁

金融庁は20日、過払い利息の返還を請求した債務者に取引履歴がないと虚偽の回答をしたとして、消費者金融大手の三洋信販(福岡市)の約920の全店舗を対象に、来年1月15日から12日間、返済金の受け取りを除く全業務を停止する命令を出した。

消費者金融大手に対する全店業務停止命令としては、今年4月のアイフルの3日間を上回り、これまでで最も重い。

 金融庁によると、三洋信販本社で訴訟を担当していた元債権法務課長(52)=11月1日付で諭旨免職=は04年1月以降、顧客から取引履歴の開示を求められた際に、保存していないと虚偽の回答をした事例が497件あったほか、開示拒否が35件あった。

虚偽回答した際に過去の返済額を少なく見積もった「推定計算書」を提出して、本来返還すべき金額より低額で和解したり、裁判所に改ざんした書類を提出したケースもあった。

 貸金業規制法は取引履歴の開示を義務付けているが、同課長は履歴を隠すなどして返還額を抑えようとしていた。

 金融庁は、同社が過払い利息返還額を抑制すると評価が上がる人事制度を採っていたことが不正を助長した可能性があると判断。抜本的な法令順守体制の改善を求めるうえで、長期間の業務の停止が必要と判断した。

 三洋信販の松本睦彦社長は20日夕会見し「ご迷惑をかけたことを深くおわびしたい」と陳謝。松本社長と椎木正和会長の報酬を12月から3カ月間30%カットなどの社内処分を発表した。

ワラント上昇率ランキング

1 アサヒビール コール [40] +96.51
2 テレウェイヴ コール [1] +75.00
3 日経平均 コール [415] +67.29
4 JT コール [39] +62.16
5 日経平均 コール [380] +57.14
6 日経平均 コール [426] +56.65
7 アサヒビール コール [39] +51.52

ホンダ <7267> コール 58回 分割後の高値を更新
川崎汽 <9107> コール 31回 年初来高値を更新
KDDI <9433> コール 70回 80万円台を回復、年初来高値が視野に入る

全面高商状に平均株価は234円高と大幅反発、1万7000円台を回復=東京株式市場

20日後場の東京株式市場では、全面高商状に平均株価が1万7000円台を回復した。高値引けとなった前場の好地合いを引き継ぐ形で買いが先行。株価指数先物にまとまった買い物が入り、買い戻しを誘ったことも指数上昇につながった。

きのうタイ証券取引所(SET)指数が急落し、アジア株に波及したが、きょうは同指数が一転上昇に向かったほか、新興市場も堅調に推移。不適切な利益計上を行った日興コーデの下げに歯止めが掛かったことも投資家心理を安定化させた。東証1部の業種別株価指数では、33業種すべてが上昇し、値上がり銘柄数は全体の82%強に達した。

 市場では、「日銀の利上げ問題がトーンダウン。特にユーロ高・円安が企業業績の押し上げ要因になり、年始に向け新値浮上への期待が膨らんできた」(準大手証券)、「きのうタイ問題に過剰反応し、良い押しを提供した。振るい落としが進み、需給も軽くなった。抵抗感の強かった1万7000円奪回で景色が変わり、次は1万7500円が意識されてくる」(中堅証券)との声が聞かれた。

平均株価は終値で前日比234円16銭高の1万7011円4銭と大幅反発し、5月9日以来の高値水準を付けた。東証1部の騰落銘柄数は値上がり1417、値下がり217。

出来高は18億9219万株。売買代金は2兆4524億円。東京外国為替市場では、1ドル=118円台前半(前日終値は118円26銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
20日のNYは
NYダウ        12463.87      -7.45  

S&P500         1423.53       -2.02  

NASDAQ         2427.61     -1.94  

CME225先物        16995      +205  

FT100           6198.6      -5.3  

DAX           6586.91    +33.4  

為替           118.4     +0.3  
 
WTI先物          63.72     +0.26  

金(Gold)先物       624.3     -1.1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

本日のワラントの結果!

ワラント上昇率ランキング

1 ヤフー プット [65] +267.53
2 住友金属鉱山 プット [49] +111.11
3 NASDAQ-100 指数 プット [105] +86.67
4 ソフトバンク プット [144] +80.72
5 NEC プット [83] +67.74
6 松井証券 プット [68] +59.11
7 大平洋金属 プット [25] +58.33

大成建 <1801> プット 9回 25日移動平均線を割り込み、下落基調に戻る
大平金 <5541> プット 26回 5日移動平均線を割り込む
NEC <6701> プット 84回 5・25日移動平均線を一気に割り込む

5日線レベルを維持できなかった辺りから売りが加速

日経平均は7営業日ぶりに反落。185.23円安の16776.88円(出来高概算17億1800万株)と4営業日ぶりに16800円を下回って取引を終えている。

前日の17000円回復目前での上値の重さや、18日の米国市場の調整、日興CGの監理ポスト入りなどを背景に、利食い優勢の展開となった。

ただ、16900円を下回って始まった日経平均であったが、前引けにかけては先物市場での大口買いをきっかけに、アドバンテストなど指数インパクトの高い銘柄が反転。これにより日経平均も16900円を回復すると、その後もじりじりと下げ幅を縮めている。

 しかし、後場に入ると再び次第に利食いの動きを強め、サポートとして意識されていた5日線レベルを維持できなかった辺りから売りが加速している。注目されていた政策決定会合では、金融政策の現状維持が伝えられたが影響は限定的。

また、タイ証取では株価指数が10%の下落となったことで取引が停止になったと伝えられており、手控え要因につながった面もあるようだ。指数を下支えしていたキヤノン、アドバンテストなども下げに転じた影響から、日経平均は一時200円を超える下げ幅をみせている。

東証1部の値下がり数も徐々に増加していき、大引けでは1400を超えて全体の9割近くを占めた。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

ヤフーオークションでワラント必勝法を販売しています。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

お手ごろ値段ですのでよろしければ購入してください!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

日興コーデ、監視委が課徴金勧告、東証は監理ポストに割り当て

ワラントで月曜に日興コーディアルグループ <8603> プット買っていれば10倍は確実ですね。

今はストップ安ですので取引停止になってます。

しかしここも上場廃止にならないと納得はいかない!

ライブドアでかなり痛い目にあいましたから・・・

ライブドアは駄目で日興はオッケイ。そんなことがあれば絶対おかしい!!

日興コーデ、監視委が課徴金勧告、東証は監理ポストに割り当て

日興コーディアルグループ <8603> に対して、証券取引等監視委員会は18日、発行登録追補書類の虚偽記載で、法令違反の事実が認められたとして、内閣総理大臣および金融庁長官に対して課徴金納付命令を発出するよう勧告した。課徴金は5億円で、05年4月に同制度がスタートして以降、最大の金額となる。

 今回の勧告内容は以下の通り。日興コーデは、子会社の日興プリンシパル・インベストメンツ(以下NPI)が、実質的に支配しているNPIホールディングス(以下NPIH)を連結の範囲に含めず、さらにNPIHが発行し、NPIが保有していた他社株券償還特約付社債券(EB債)の発行日を偽るなどして、NPIの会計帳簿を作成し、本来計上できない当該社債券の評価益を計上。

こうした行為で、連結経常利益が589億6800万円であったにも関わらず、777億1700万円と記載、同様に、連結当期純利益も352億6800万円であったにも関わらず、469億3500万円と記載するなどとした連結損益計算書を、05年3月期有価証券報告書に掲載し、05年11月9日に、発行登録追補書類を関東財務局長に提出。05年11月22日に、一般募集により500億円の社債券を取得させた。

 監視委員会事務局の河野一郎課徴金・開始検査課長は、「告発に至る事実は認められず課徴金勧告となった。また課徴金制度がスタートする直前の案件で、有価証券虚偽記載ではなく発行登録追補書類の虚偽記載となった」と話す。

 一方、東証は18日付で日興コーデ株式を監理ポストに割り当てた。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

ヤフーオークションでワラント必勝法を販売しています。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

お手ごろ値段ですのでよろしければ購入してください!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

ワラント 今日の結果!

ワラント上昇率ランキング

1 日興コーディアルグループ プット [45] +83.93
2 ヤフー コール [84] +64.21
3 ヤフー コール [87] +53.50
4 ヤフー コール [85] +41.74
5 日産ディーゼル コール [27] +40.00
6 日興コーディアルグループ プット [51] +36.65
7 ヤフー コール [88] +33.46

15時現在

ワラントは11時50分までです。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

ヤフーオークションでワラント必勝法を販売しています。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

お手ごろ値段ですのでよろしければ購入してください!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

ワラントは最強の投資方法です。

ワラント上昇率ランキング

1 XBバスケット コール [2] +168.00
2 大成建設 コール [9] +150.00
3 アドバンスト・マイクロ・デバイシス コール [4] +103.12
4 光通信 コール [52] +93.57
5 アドバンスト・マイクロ・デバイシス コール [3] +80.83
6 東邦亜鉛 コール [10] +67.44
7 マイクロソフト コール [6] +65.25

ヤフー <4689> コール 88回 26週移動平均線を回復
いすゞ <7202> コール 53回 年初来高値を更新
任天堂 <7974> コール 76回 年初来高値を更新し、29000円台突入

主力株買い継続に平均株価は85円高と5日続伸、1万6900円台を回復=東京株式市場

15日後場の東京株式市場では、売り一巡後に底堅い展開となった。上げピッチの速さに対する警戒感や、お昼の立ち会い外バスケット取引でやや売り決め優勢となった流れを受け、利益確定売りが先行。平均株価は午後1時31分に1万6858円35銭(前日比29円15銭高)まで上げ幅を縮小した。その後は買い戻しや、押し目買いを誘い、戻り歩調となり、5月10日以来の1万6900円台を回復した。中で主力株中心に継続物色され、現物株指数を下支えした。

 市場では、「メジャーSQ(特別清算指数)算出後の需給改善、年内利上げ見送り観測から、株式市場への資金シフト期待が根強い。ただ、1万7000円は心理的な壁であり、先高コースはまだ微妙」(米系証券)、「連騰に次ぐ連騰であり、過熱感の修正があってしかるべき。

もっとも、短観通過後の年末高習性も無視できない」(中堅証券)との声が聞かれた。平均株価は終値で前日比85円11銭高の1万6914円31銭と5日続伸した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり785、値下がり756。出来高は16億5930万株。売買代金は2兆3126億円。東京外国為替市場では、1ドル=117円台後半(前日終値は117円40銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

ヤフーオークションでワラント必勝法を販売しています。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

お手ごろ値段ですのでよろしければ購入してください!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上昇率ランキング

ワラント上昇率ランキング

1 電通 コール [40] +194.29
2 韓国200種株価指数 コール [76] +148.72
3 韓国200種株価指数 コール [72] +122.92
4 東京エレクトロン コール [85] +84.00
5 日経平均 コール [394] +54.40
6 イビデン コール [3] +54.00
7 ソニー コール [98] +50.00

電通 <4324> コール 41回 100日移動平均線を大きく上抜く
エルピーダ <6665> コール 28回 年初来高値を更新
キヤノン <7751> コール 62回 分割後の高値が視野に入る

日経連日の高値引け

日経平均は4日続伸。136.27円高の16829.20円(出来高概算15億1200万株)と連日の高値引けとなっている。13日のNY市場の上昇や為替の円安傾向、予想を上回る米小売売上高によってクリスマス商戦への楽観論、また「日銀による年内利上げ見送り」との報道や買いバスケット観測なども材料視され、16700円を回復して始まった。

一方、マド埋めなどテクニカル面のほか、騰落レシオが1ヶ月ぶりに100%台に乗せ、信用評価損益率が4月以来の改善をみせるなど、所々に達成感が出てきている感があるため、その後は膠着感を強めており、昨日同様に前場段階では50円程度の狭い値幅となった。

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

ヤフーオークションでワラント必勝法を販売しています。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

お手ごろ値段ですのでよろしければ購入してください!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

本日のワラントの結果!

ワラント上昇率ランキング

1 東芝 コール [53] +65.22
2 日本板硝子 コール [3] +51.67
3 日産自動車 コール [72] +50.00
4 日本板硝子 コール [2] +39.00
5 セガサミーホールディングス コール [65] +36.36
6 セイコーエプソン コール [32] +36.20
7 P3バスケット コール [2] +36.19

輸出関連株など買われ、平均株価は55円高と3日続伸し、高値引け=東京株式市場・13日後場

13日後場の東京株式市場では、売り一巡後に平均株価が上げに転じ、高値引け。株価指数先物にまとまった売り物が出て午後1時25分に1万6589円73銭(前日比48円5銭安)まで弱含んだが、その後は買い戻しや、押し目買いにプラス圏に浮上した。

中で円安・ドル高基調を背景にハイテク、一部自動車など輸出関連株や、鉄鋼株が継続物色され、現物株指数を底上げした。


 市場では、「クリスマス休暇を前に外国人のボリュームが落ち、買い主体が細ってきた。下値は固いが、年末特有の骨っぽい銘柄が出てこないのが難点」(ヘッジファンド系証券)、「先物マーケットでは特定プレーヤーによる売買に左右されている。

ただ、需給は改善しており、恒例の年末高の可能性もある」(中堅証券)との声が聞かれた。平均株価は終値で前日比55円15銭高の1万6692円93銭と3日続伸した。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり997、値下がり566。出来高は16億1546万株。売買代金は2兆2185億円。東京外国為替市場では、1ドル=116円台後半(前日終値は116円78銭)で取引されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

本日のワラントの結果!

ワラント上昇率ランキング

1 カナダドル ドル高(コール)型 [51] +160.71
2 米ドル ドル高(コール)型 [258] +109.52
3 カナダドル ドル高(コール)型 [55] +100.49
4 米ドル ドル高(コール)型 [269] +96.77
5 米ドル ドル高(コール)型 [270] +90.91
6 米ドル ドル高(コール)型 [268] +78.98
7 米ドル ドル高(コール)型 [256] +64.10

新日鉄 <5401> コール 65回 連日の年初来高値更新で、コール第65回はインザマネーに突入
任天堂 <7974> コール 76回 年初来高値を更新
川崎汽 <9107> コール 31回 年初来高値を更新、コール第31回の権利行使価格が視野に入る

先物主導で買われ、平均株価は110円高と大幅反発、1万6500台を回復=東京株式市場・11日後場

11日後場の東京株式市場では、株価指数先物主導で買われ、平均株価は上げ幅を拡大。業界再編思惑の鉄鋼株や、円安・ドル高を背景に輸出関連株が継続物色されたこともあり、午後2時37分には1万6608円97銭(前週末比191円15銭高)まで上伸した。

引けにかけ、戻り売りに押されたが、10月27日以来の高値水準となる1万6500円は維持した。

 市場では、「前週末のメジャーSQ(特別清算指数)通過で裁定解消が進み、需給懸念が後退。日銀による年内利上げの線が遠のいたことも安心感につながった。

ただ、一時的な現象であり、週末の日銀短観などを控え、まだ予断は許さない」(米系証券)、「先物マーケットでは順ザヤを買い、需給は悪くない。各種移動平均線、一目均衡表の抵抗帯などを払しょくし、チャートも良好だ。あとは短期過熱感との綱引き」(中堅証券)との声が聞かれた。

平均株価は終値で前週末比110円17銭高の1万6527円99銭と大幅反発した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり1169、値下がり434。出来高は16億9167万株。売買代金は2兆1840億円。

東京外国為替市場では、1ドル=116円台後半(前週末終値は115円37銭)で取引されている。

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

ヤフーオークションでワラント必勝法を販売しています。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

お手ごろ値段ですのでよろしければ購入してください!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

やはりワラントは最強投資です。

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

ヤフーオークションでワラント必勝法を販売しています。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

お手ごろ値段ですのでよろしければ購入してください!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

ワラント1週間上昇ランキング

1 日東電工 コール 23回 220.99
2 日東電工 コール 21回 197.90
3 日東電工 コール 25回 133.13
4 日東電工 コール 24回 121.98
5 キヤノン コール 56回 101.00
6 日東電工 コール 22回 100.00
7 日東電工 コール 20回 95.45
8 NISグループ コール 15回 82.61
9 セガサミーホールディングス コール 65回 80.00
10 JT コール 39回 78.78

ワラント1ヶ月上昇ランキング

1 JFEホールディングス コール 40回 253.21
2 JFEホールディングス コール 39回 190.31
3 楽天 コール 68回 175.81
4 楽天 コール 69回 142.24
5 楽天 コール 72回 141.03
6 武富士 コール 51回 130.77
7 楽天 コール 71回 130.00
8 武富士 コール 52回 125.61
9 武富士 コール 47回 125.00
10 新日本製鐵 コール 59回 121.83

*「eワラントプット・コールレシオ」

Pc_ratio_large_3

ヤフー <4689> プット 70回 5日移動平均線を割り込む
キヤノン <7751> コール 62回 5・25日移動平均線が短期ゴールデンクロスを完成
三菱商 <8058> プット 14回 100日移動平均線を割り込む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

ワラント上昇率ランキング

1 韓国200種株価指数 プット [73] +65.79
2 日産自動車 プット [57] +53.01
3 富士通 プット [71] +50.00
4 日産自動車 プット [59] +50.00
5 シャープ プット [67] +50.00
6 韓国200種株価指数 プット [76] +44.74
7 NEC プット [83] +44.23

ヤフー <4689> プット 70回 5日移動平均線を割り込む
キヤノン <7751> コール 62回 5・25日移動平均線が短期ゴールデンクロスを完成
三菱商 <8058> プット 14回 100日移動平均線を割り込む

内需関連株中心にさえず、平均株価は55円安と3日ぶりに反落=東京株式市場・8日後場

8日後場の東京株式市場では、内需関連株中心にさえず、軟地合いが尾を引いた。10月機械受注統計の発表を前に手控え気分の強い中、お昼の立ち会い外バスケット取引でやや売り決め優勢の流れから、軟調スタート。その後、機械受注に対する期待感もあり、買い戻しや、押し目買いに前日終値近辺まで引き戻す場面もった。

午後2時に機械受注統計が発表され、市場予想を下回る数値が確認されると、株価指数先物に大口売りが表面化。現物株に波及し、平均株価は一時1万6387円80銭(前日比85円56銭安)まで下げ幅を拡大した。なお、10月の機械受注統計では、船舶・電力を除く民需の受注額が前月比2.8%増と2カ月ぶりにプラスに転じたが、市場予想平均値(同5.7%増)には届かなかった。

 市場では、「機械受注は予想ほど伸びなかったが、さほどネガティブには考えていない。週末要因でポジション調整の動きを踏まえれば、大した下げではない。もっとも、日銀短観(15日)を通過するまでは動きづらい」(米系証券)、「経済指標に関しては実質インパクトなし。

ただ、現物マーケットは弱く、上値の重さはまだ拭い切れていない」(オンライン証券)との声が聞かれた。平均株価は終値で前日比55円54銭安の1万6417円82銭と3日ぶりに反落した。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり572、値下がり1011。出来高は23億9414万株(うちSQ分は概算7億3000万株)。売買代金は3兆4559億円(同1兆3000億円)。東京外国為替市場では、1ドル=115円台前半(前日終値は114円81銭)で取引されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

本日の日経平均!

ワラント上昇率ランキング

1 長谷工コーポレーション コール [45] +93.75
2 京セラ コール [45] +60.00
3 JT コール [39] +57.58
4 日東電工 コール [23] +52.52
5 日東電工 コール [21] +48.74
6 金リンク債 プット [20] +47.62
7 日本板硝子 コール [3] +47.17

最強の投資方法発見!!

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

ヤフーオークションでワラント必勝法を販売しています。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

お手ごろ値段ですのでよろしければ購入してください!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 6日 (水)

世界人口の1%、富の4割占有=個人資産平均は日本首位-国連大学

世界人口の1%が個人総資産の4割、2%が半分以上を所有する一方、全体の半分の貧困層は総資産の1%しか持っていない-。国連大学世界経済開発研究所(ヘルシンキ)は5日、世界の個人資産に関する研究結果を発表した。調査では、日米独などの最富裕層が世界の富を独占、国際社会に激しい格差があることが改めて浮き彫りとなった。

 それによると、2000年の世界の個人資産は125兆ドル(1京4375兆円)で、世界の国内総生産(GDP)の合計値の約3倍。生活費の格差を調整して算出した世界平均は、1人当たり2万6000ドルだが、日本は18万1000ドル、米国も14万4000ドルでずばぬけて高く、インドの1000ドルなどと大きな格差があった。 

最強の投資方法発見!!

1%の最富裕層に入るために必要な投資方法です。

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

ヤフーオークションでワラント必勝法を販売しています。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

お手ごろ値段ですのでよろしければ購入してください!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

本日のワラントの結果!

ワラント上昇率ランキング

1 日本郵船 コール [45] +59.49
2 みずほフィナンシャルグループ プット [169] +52.38
3 日産自動車 プット [57] +48.89
4 ファーストリテイリング コール [54] +48.32
5 ビックカメラ コール [2] +47.65
6 川崎汽船 コール [31] +43.84
7 川崎汽船 コール [28] +41.55

18時現在のランキングです。

ワラントは11時50分まで取引できます。

ワラントオススメ銘柄

大成建 <1801> プット 9回 5日移動平均線を割り込み、年初来安値が視野に入る
古河電 <5801> プット 43回 5日移動平均線を割り込み、プット第43回はインザマネーに突入
みずほ <8411> プット 179回 5日移動平均線を大きく割り込む

SQに絡む売買が中心となって16300円台での膠着

日経平均は小幅続落。37.83円安の16265.76円(出来高概算18億3800万株)で取引を終えている。

4日の米国市場では大型M&Aが相次いだほか、原油先物相場の下落影響からダウ、ナスダックともに反発。シカゴ先物は一時16400円まで上昇していたこともあり、これにさや寄せする格好となった。

ただし、寄り付き直後に16400.14円まで上昇した後は、週末に先物・オプションSQを控えていることもあり、その後はロールオーバーなどSQに絡む売買が中心となって16300円台での膠着感を強めた。

後場に入ると再び強含む動きをみせたが、前場の高値は超えられずに反対に上値の重さが嫌気される格好から利食いの動きを強めている。ただし、これにより前場安値を下回り、16300円を割り込んでいるが、SQに絡む売買が中心であり、下へ動きも限定的であった。

 キヤノン、東京エレク、アドバンテストが上昇する一方、トヨタ、ホンダが冴えないなど主力処は高安まちまち。銀行、ノンバンク、不動産が軟調。小売は高安まちまちとなっている。指数インパクトの高いところでは、既存店の好調が伝えられたFリテイが強い動きをみせており、同社が日経平均を下支えする一方、ソフトバンクは後場に入り冴えない動きに。

東証1部では値下がりが徐々に増加していき、大引けでは1168(値上がり429、変わらず110)と全体の7割近くを占めている。また、全体の上値の重さが嫌気された流れから先駆していた新興市場へも波及し、利食いに押される銘柄が目立っていた。

<安倍首相>福井日銀総裁と初会談 経済情勢で意見交換

安倍晋三首相は5日昼、首相官邸で日銀の福井俊彦総裁らと昼食を取りながら会談した。首相と総裁の会談は小泉前政権時の今年6月以来で、安倍政権になってからは初めて。最近の金融・経済情勢について意見交換を行った。会談には政府側から塩崎恭久官房長官ら、日銀側から武藤敏郎、岩田一政両副総裁も同席した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

最強の投資方法発見

Pc_ratio_large_2

* eワラントプット・コールレシオ=eワラントプット売買金額÷eワラントコール売買金額(5日移動平均)
(計算対象は国内株価指数と国内個別株式を対象としたeワラント)

*「eワラントプット・コールレシオ」の見方:
・指標減少=コール型取引の割合増える=強気増加。
=>一般に相場全体の天井では投資家心理が過熱し、この指標が底を打つこと(プット取引の極端な減少)が多いとされる。
・指標増加=プット型取引の割合増える=弱気台頭。
=> 一般に相場全体の底では総弱気となるので、この指標が目先のピークを形成すること(プット取引の極端な増加)が多いとされる。

PCニューフロンティア2007バスケット

11月6日(月)より、「PCニューフロンティア2007バスケットeワラント」の取扱いを開始します。

その存在が明らかになって以来、マイクロソフト社の新OS「Windows Vista」は頻繁にニュースに取り上げられています。現段階で2007年1月末とされる発売予定日を目前に、マーケットの注目は今後さらに高まるものと予想されます。Windows VistaはWindows95以来のインパクトを持つOSといわれ、パソコンの用途をさらに広げるものと期待されています。

同時に、Windows XPが約1.5GBの容量であったのに対
して、その10倍の15GBを必要とするともいわれるWindows Vistaは、パソコンのハイスペック化を否応無しに促進するとも考えられています。この結果、半導体関連素材、高付加価値部品を供給する国内
関連企業の業績を押し上げ、また、ソフトウェア関連業界にも新たなビジネス機会を提供する可能性があります。

そこでゴールドマン・サックス証券eコマース部では、投資家の皆様に新たな投資機会を提供するため、Windows Vistaが普及することによってメリットを享受する可能性があると思われる銘柄群を投資対象とする「PCニューフロンティア2007バスケット eワラント」を開発いたしました。

「バスケット eワラント」は、'市場で動向が注目されている'をキーワードとしてカテゴリー化される上場株式群(バスケット)を1つの投資対象として指数(インデックス)を算出し、それを投資対象とするeワラントです。その構成テーマは、ゴールドマン・サックス証券のグループ会社であるゴールドマン・サックス・インターナショナルが機動的に選択し、また発行後は電子的マーケット・メイクを行います。

※ eワラントの価格形成には対象原資産の価格変動に加えてさまざまな要因が影響を与えます。例えば、価格変動要因のうち時間の経過のみを考慮した場合、時間が経過することによってeワラントの価格は一般に減少します。eワラントは満期日が決まっており、その前に転売しなければ、満期日においてイン・ザ・マネーの場合には満期参照価格と権利行使価格の差額を上回る部分の価値はゼロになり、アウト・オブ・ザ・マネーの場合にはワラントの価値はゼロになります。また、低価格のeワラントは値動きが極端に小さくなる場合があります。

「PCニューフロンディア2007バスケット」構成銘柄

銘柄コード 銘柄名 組入株式数 設定時の構成比
3436 SUMCO 0.010593220 10.00%
4062 イビデン 0.016260163 10.00%
4063 信越化学工業 0.012886598 10.00%
4704 トレンドマイクロ 0.027777778 10.00%
6665 エルピーダメモリ 0.018416206 10.00%
6762 TDK 0.010214505 10.00%
6857 アドバンテスト 0.016366612 10.00%
6967 新光電気工業 0.031545741 10.00%
6981 村田製作所 0.011737089 10.00%
7741 HOYA 0.021413276 10.00%


*PCニューフロンティア2007バスケットは2006年10月13日の終値(以下、「基準時」といいます)に基づいて組成されており、基準時のインデックスの値は1,000となっています。構成比は基準時のものであり、株価の変動により変化します。また株式分割等の理由により、組入株式数が調整されることがあります。本バスケットの構成銘柄、基準時のバスケット構成比率はゴールドマン・サックス証券eコマース部の提案に基づき、ゴールドマン・サックス・インターナショナルによって決定されたものであり、ゴールドマン・サックス証券投資調査部門が選定・決定したものではありません。

また、本バスケットの価格は、基準時の構成銘柄の価格水準、市場全体の動向、構成銘柄固有の要因等によって変動します。このため、仮Windows Vistaの普及によってもたらされる経済効果が認識された場合においても、上記企業の株価に影響を与えない、影響を与えるまでに本バスケットの満期を越える期間を要する、または影響が軽微である可能性があります。さらに、Windows Vistaの普及に関する各種統計の公表結果等と、本バスケットの価格の連動性は一切保証されるものではありません。

銘柄詳細

対象原資産 ワラントタイプ 回号 権利行使価格 満期日
PCニューフロンティア2007バスケット コール型 1回 900円 2007年10月17日
PCニューフロンティア2007バスケット コール型 2回 1,100円 2007年10月17日
PCニューフロンティア2007バスケット プット型 1回 900円 2007年10月17日
PCニューフロンティア2007バスケット プット型 2回 1,100円 2007年10月17日


*「PCニューフロンティア2007バスケットeワラント」の取扱いは、SBIイー・トレード証券株式会社、カブドットコム証券株式会社、松井証券株式会社、マネックス証券株式会社、楽天証券株式会社(50音順)の5社にて行われる予定です。

最強の投資方法発見!!

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

ヤフーオークションでワラント必勝法を販売しています。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

お手ごろ値段ですのでよろしければ購入してください!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバンク 基本料7割引き廃止 携帯電話 二重表示指摘で

携帯電話業界3位のソフトバンクモバイル(東京)は2日までに、新料金プランが景品表示法で禁止されている「不当な二重価格表示」に当たるのではないかと指摘されていることを受け、月額基本料を7割引きとした“キャンペーン料金”を来年1月16日以降は継続しない方針を固めた。KDDIからの申告を受けて、公正取引委員会が調査に乗り出しており、正規料金に戻すことが適当と判断した。最大の呼び水だったキャンペーンの終了で、競争力強化に向けた新たな施策が求められる。

 10月24日に始まった、携帯電話会社を変更しても番号を継続できる「番号ポータビリティー」(番号継続制度)に合わせ、ソフトバンクモバイルは「通話料0円、メール代0円」を前面に打ち出した新料金プラン「ゴールドプラン(予想外割)」を導入した。このプランへの加入者を増やすために同社は、来年1月15日までに加入すれば、「永久的に月額基本料が通常の7割引の2880円となる」とするキャンペーンを実施。大きな話題を呼んだ。

 しかし、来年1月16日以降もこのキャンペーン料金を続けた場合、9600円という料金が適用される契約者は存在しないことになるため、通常価格自体が架空で、「7割引」という表示は実態を伴わない宣伝文句になる。このため、不当な二重価格表示となる疑いが指摘されていた。

 孫正義社長は当初、16日以降の対応については「分からない」と述べ、キャンペーンの継続については否定していなかった。しかし、公取委が調査に乗り出したことで、ソフトバンクは継続は難しいと判断。16日以降は、正規料金としている9600円の月額基本料に戻す方針を固めた。15日までの加入者には廃止後も2880円の月額基本料が適用される。

 この新料金プランをめぐっては「通話料0円、メール代0円」とした広告表示についても公取委が、0円を強調する一方、自社間同士限定や時間帯制限などの契約条件が小さく書かれており、他社と比べてソフトバンクの方が、実態以上に有利だと消費者に誤認させる恐れがあると指摘。わずか1週間余りで広告修正に追い込まれている。

 キャンペーンが打ち切られた場合、駆け込み需要が期待される一方、長期的には新規顧客の獲得の低迷につながる可能性は否めず、これまでの広告内容の修正に比べると影響は大きそうだ。

 ソフトバンクの正規基本料と同等水準の料金プランをみると、NTTドコモとKDDI(au)は、月間無料通話分がそれぞれ300分、262分と十分な時間を設定しているうえ、他社への通話料はソフトバンクのそれよりも割安だ。競争力低下が避けられないソフトバンクは今後、来春の最大商戦期に向けて、新たな料金施策やサービスの立案が急務となる。

堀江被告、テレビで昨年のソニー買収検討を明らかに

証券取引法違反事件で公判中のライブドア前社長、堀江貴文被告が3日、テレビ朝日の番組に出演し、昨年のニッポン放送株を巡るフジテレビジョンとの争奪戦後、ソニーの買収を考えていたことを明らかにした。

 堀江被告は、番組で、ソニーの買収について問われ「思ってましたね」と述べたうえで、「(買収を)できるできないかで言ったら、できる可能性はありますよね」と述べた。理由については「一番大きいですからね。ソニーなんかを買収して、ある程度の大きさになるじゃないですか。そしたら世界一が見えるか、あるいは世界一になって、その時点で(ライブドアを)やめようかなと」などと説明した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

<大和証券処分>姫路支店の受託業務を2日間停止

金融庁は1日、インサイダー取引の疑いを持ちながら顧客の買い付け注文を受けたとして、大和証券に対し姫路支店(兵庫県姫路市)の有価証券売買注文の受託業務を19日から2日間停止するよう命令した。

インサイダー取引を見逃したことを理由に、証券会社が行政処分を受けるのは初めて。

ワラント上昇率ランキング

1 長谷工コーポレーション コール [45] +61.97
2 NTTドコモ コール [110] +57.14
3 東邦亜鉛 コール [10] +52.78
4 東日本旅客鉄道 プット [33] +50.00
5 東日本旅客鉄道 プット [36] +35.16
6 南アフリカランドリンク債 コール [8] +32.41
7 長谷工コーポレーション コール [43] +31.29

ワラント注目銘柄

東邦鉛 <5707> コール 11回 25日移動平均線を上抜く
古河電 <5801> コール 46回 25・200日移動平均線を一気に上抜く
NTTドコモ <9437> コール 111回 75日移動平均線への戻りを試す

終値ベースでは11月7日以来の16300円を回復

日経平均は3日続伸。47.45円高の16321.78円(出来高概算16億8500万株)と終値ベースでは11月7日以来の16300円を回復して取引を終えている。前日までのインデックスイベントに絡んだ売買の反動や、先物市場での発注ミス観測などもあり、寄り付き直後には16242.01円まで下げる場面もみられた。

しかし、小売や銀行など内需関連の強い動きに支えられ、切り返しをみせている。先物市場での思惑的な動きから下へ仕掛ける動きをみせ、その後のショートカバーによってチャート上では下ヒゲを残す格好となり、形状としては先高観を強めている。

 均衡表でも先行スパン(雲)下限をサポートしており、上限を意識している状況。また、比較的長期的な観点からの海外資金が入っているとの見方もされていた。

ただ、週末要因、来週のSQを控えていることなどもあり、上値は積極的に追えない状況であるため、後場に入ると一段と膠着感を強めている。それでも16300円の高値レベルでの膠着であるため、上値の重さを嫌気するというよりは、先高期待を徐々に高めている。

東証1部の騰落銘柄は、値上がり972、値下がり619、変わらず117と、値上がりが全体の過半数を占めた。また、規模別株価指数では大型株指数のみがマイナスとなる一方、小型株指数の上昇が目立っている。

最強の投資方法発見!!

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

ヤフーオークションでワラント必勝法を販売しています。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

お手ごろ値段ですのでよろしければ購入してください!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »