« 上昇率ランキング | トップページ | ワラント 今日の結果! »

2006年12月15日 (金)

ワラントは最強の投資方法です。

ワラント上昇率ランキング

1 XBバスケット コール [2] +168.00
2 大成建設 コール [9] +150.00
3 アドバンスト・マイクロ・デバイシス コール [4] +103.12
4 光通信 コール [52] +93.57
5 アドバンスト・マイクロ・デバイシス コール [3] +80.83
6 東邦亜鉛 コール [10] +67.44
7 マイクロソフト コール [6] +65.25

ヤフー <4689> コール 88回 26週移動平均線を回復
いすゞ <7202> コール 53回 年初来高値を更新
任天堂 <7974> コール 76回 年初来高値を更新し、29000円台突入

主力株買い継続に平均株価は85円高と5日続伸、1万6900円台を回復=東京株式市場

15日後場の東京株式市場では、売り一巡後に底堅い展開となった。上げピッチの速さに対する警戒感や、お昼の立ち会い外バスケット取引でやや売り決め優勢となった流れを受け、利益確定売りが先行。平均株価は午後1時31分に1万6858円35銭(前日比29円15銭高)まで上げ幅を縮小した。その後は買い戻しや、押し目買いを誘い、戻り歩調となり、5月10日以来の1万6900円台を回復した。中で主力株中心に継続物色され、現物株指数を下支えした。

 市場では、「メジャーSQ(特別清算指数)算出後の需給改善、年内利上げ見送り観測から、株式市場への資金シフト期待が根強い。ただ、1万7000円は心理的な壁であり、先高コースはまだ微妙」(米系証券)、「連騰に次ぐ連騰であり、過熱感の修正があってしかるべき。

もっとも、短観通過後の年末高習性も無視できない」(中堅証券)との声が聞かれた。平均株価は終値で前日比85円11銭高の1万6914円31銭と5日続伸した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり785、値下がり756。出来高は16億5930万株。売買代金は2兆3126億円。東京外国為替市場では、1ドル=117円台後半(前日終値は117円40銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

ヤフーオークションでワラント必勝法を販売しています。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

お手ごろ値段ですのでよろしければ購入してください!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

|

« 上昇率ランキング | トップページ | ワラント 今日の結果! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160871/4561900

この記事へのトラックバック一覧です: ワラントは最強の投資方法です。:

« 上昇率ランキング | トップページ | ワラント 今日の結果! »