« 日興コーデ、監視委が課徴金勧告、東証は監理ポストに割り当て | トップページ | <三洋信販問題>12日間、全店に業務停止命令 金融庁 »

2006年12月20日 (水)

本日のワラントの結果!

ワラント上昇率ランキング

1 ヤフー プット [65] +267.53
2 住友金属鉱山 プット [49] +111.11
3 NASDAQ-100 指数 プット [105] +86.67
4 ソフトバンク プット [144] +80.72
5 NEC プット [83] +67.74
6 松井証券 プット [68] +59.11
7 大平洋金属 プット [25] +58.33

大成建 <1801> プット 9回 25日移動平均線を割り込み、下落基調に戻る
大平金 <5541> プット 26回 5日移動平均線を割り込む
NEC <6701> プット 84回 5・25日移動平均線を一気に割り込む

5日線レベルを維持できなかった辺りから売りが加速

日経平均は7営業日ぶりに反落。185.23円安の16776.88円(出来高概算17億1800万株)と4営業日ぶりに16800円を下回って取引を終えている。

前日の17000円回復目前での上値の重さや、18日の米国市場の調整、日興CGの監理ポスト入りなどを背景に、利食い優勢の展開となった。

ただ、16900円を下回って始まった日経平均であったが、前引けにかけては先物市場での大口買いをきっかけに、アドバンテストなど指数インパクトの高い銘柄が反転。これにより日経平均も16900円を回復すると、その後もじりじりと下げ幅を縮めている。

 しかし、後場に入ると再び次第に利食いの動きを強め、サポートとして意識されていた5日線レベルを維持できなかった辺りから売りが加速している。注目されていた政策決定会合では、金融政策の現状維持が伝えられたが影響は限定的。

また、タイ証取では株価指数が10%の下落となったことで取引が停止になったと伝えられており、手控え要因につながった面もあるようだ。指数を下支えしていたキヤノン、アドバンテストなども下げに転じた影響から、日経平均は一時200円を超える下げ幅をみせている。

東証1部の値下がり数も徐々に増加していき、大引けでは1400を超えて全体の9割近くを占めた。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

ヤフーオークションでワラント必勝法を販売しています。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

この方法はブログでは紹介していません。

お手ごろ値段ですのでよろしければ購入してください!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

|

« 日興コーデ、監視委が課徴金勧告、東証は監理ポストに割り当て | トップページ | <三洋信販問題>12日間、全店に業務停止命令 金融庁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160871/4611186

この記事へのトラックバック一覧です: 本日のワラントの結果!:

« 日興コーデ、監視委が課徴金勧告、東証は監理ポストに割り当て | トップページ | <三洋信販問題>12日間、全店に業務停止命令 金融庁 »