« 本日のワラント! | トップページ | 本日のワラント!日経反発!! »

2007年1月29日 (月)

本日のワラント!

ワラント上昇率ランキング

1 ソフトバンク コール [190] +80.60
2 セイコーエプソン コール [34] +75.96
3 ソフトバンク コール [192] +60.00
4 ソフトバンク コール [204] +56.45
5 ケンウッド プット [28] +55.15
6 ゼンテック・テクノロジー・ジャパン コール [2] +54.55
7 ソフトバンク コール [200] +54.18

コマツ <6301> コール 5回 窓を空けて上昇、戻り高値を更新
三井物産 <8031> コール 28回 1900円台に突入し昨年来高値を更新
三井不 <8801> コール 15回 5日移動平均線を上抜いて昨年来高値を更新

電力、不動産、建設株など堅調推移、平均株価は48円高と3日ぶりに反発

29日後場の東京株式市場では、もみ合い商状。お昼のバスケット取引でやや買い決め優勢との見方が広がり、平均株価は午後零時47分に1万7489円59銭(前週末比67円66銭高)と上げ幅をやや拡大。

その後はメガバンク、ハイテク株の停滞を受け、株価指数先物にまとまった売り物が出たのをきっかけに1万7410円55銭(同11円38銭高)まで伸び悩んだ。

引けにかけては底堅い動きを示したが、積極買いは限定され、前引け値を若干上回るにとどまった。あすの12月鉱工業生産・速報、労働力調査や、本格化する主要企業の決算発表を控え、見極めたいとの空気が尾を引いた。中で電力、不動産、建設株などが堅調に推移し、現物株指数を下支えした。

 市場では、「アクションを起こすのは、あすのソニー、新日鉄の決算を見てから。好業績を順次評価する動きが出てくるだろう」(準大手証券)、「基本的には値固めの局面。

ただ、5兆1000億円の裁定買い残を抱え、先物主導で乱高下しやすい状況だ」(中堅証券)との声が聞かれた。平均株価は終値で前週末比48円53銭高の1万7470円46銭と3営業日ぶりに反発した。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり1013、値下がり583。出来高は22億2050万株。売買代金は2兆8559億円。東京外国為替市場では、1ドル=121円台後半(前週末終値は121円53銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

|

« 本日のワラント! | トップページ | 本日のワラント!日経反発!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160871/5127667

この記事へのトラックバック一覧です: 本日のワラント!:

« 本日のワラント! | トップページ | 本日のワラント!日経反発!! »