« 本日のワラント! | トップページ | 本日のワラント! »

2007年2月 9日 (金)

ワラント最強投資方法 !本日のワラント結果!

ワラント上昇率ランキング

1 日本郵船 プット [47] +228.12
2 日本郵船 プット [48] +210.96
3 日本郵船 プット [50] +148.24
4 ビックカメラ コール [2] +113.51
5 ミツミ電機 コール [4] +112.50
6 ミツミ電機 コール [3] +95.95
7 ミツミ電機 コール [2] +80.16

郵船の下方修正が波及

日経平均は横ばい。0.16円高の17292.48円(出来高概算21億9700万株)で取引を終えている。米国市場ではシスコなど半導体関連の上昇を背景にナスダック、SOX指数が強い動きをみせていたこともあり、ハイテクや国際優良株が反発して始まった。

また、前日にハイテクや国際優良株の弱い動きによってNT倍率(日経平均÷TOPIX)が10倍を下回っていたこともあり、テクニカル的な反動もみられている。ただ、オプションSQなどを控えて上値の重さが徐々に意識される中、後場寄り付き前に発表された郵船の通期見通しの下方修正がネガティブに作用し、鉄鋼、造船、電力といった先駆株への利食いの流れにつながった。これにより日経平均は一時17212.78円まで下押す場面をみせている。

 直近の上昇に対する過熱感などもあって利食い優勢で推移していた鉄鋼、造船などは郵船の下方修正が波及して後場一段安。そのため、好決算を発表した三菱重も戻り売りに押されてしまっている。一方、幅広い銘柄への利食いの流れが強まる中、好業績が確認されたミツミがストップ高で張り付いているほか、任天堂がリバウンドをみせている。また、携帯電話純増数で好調が確認されたKDDIもプラスを維持。

アドバンテスト、東エレクなど値がさハイテク株や中外薬、アステラスなど薬品株の一角が堅調であった。なお、東証1部の騰落銘柄は値下がりが1000を超え、全体の7割近くを占めている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

|

« 本日のワラント! | トップページ | 本日のワラント! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160871/5272207

この記事へのトラックバック一覧です: ワラント最強投資方法 !本日のワラント結果!:

« 本日のワラント! | トップページ | 本日のワラント! »