« 本日のワラント!日経反発!! | トップページ | 本日のワラント!日経反発!! »

2007年2月 1日 (木)

本日のワラント!

ワラント上昇率ランキング

1 WTIリンク債_2007年3月限 コール [1] +76.32
2 WTIリンク債_2007年3月限 コール [2] +75.00
3 日産自動車 プット [61] +66.67
4 松井証券 プット [69] +55.10
5 旭硝子 プット [41] +54.55
6 WTIリンク債_2007年3月限 コール [10] +52.94
7 三洋電機 コール [50] +52.83

値下がり銘柄数1200超、平均株価は106円安と3日ぶり反落=東京株式市場

31日後場の東京株式市場では、広範囲に売られ、軟調展開となった。株価指数先物に大口売りが断続的に出て現物株に波及し、平均株価は午後1時5分に1万7275円84銭(前日比214円35銭安)まで下げ幅を拡大。

その後は買い戻しや、押し目買いに切り返し、前場終値を若干上回る水準で引けた。ただ、値下がりは1225銘柄(値上がり399銘柄)と前引け段階よりも100銘柄以上増加した。主要企業の決算発表や、今晩のFOMC(米連邦公開市場委員会)結果、米第4四半期GDP(国内総生産)など重要イベントを控え、見送りムードに傾いた。不正会計問題に揺れる日興コーデ(監理ポスト)に売りが殺到し、高水準の裁定買い残に伴う裁定解消売りに対する警戒感も心理的な重しとなった。

 市場では、「FOMCでインフレ警戒が強まるかどうかが気になるが、国内マーケットはあくまでも微調整。決算に対する信頼性を失った訳ではなく、上昇相場はキープされている」(準大手証券)、「クレディ・スイス証券がきのう225先物、TOPIX先物で合計1万枚超の買い越しとなった理由は分からないが、観測ベースできょうは枚数をさばきにいっている感じだ」(中堅証券)との声が聞かれた。

平均株価は終値で前日比106円77銭安の1万7383円42銭と3日ぶりに反落した。出来高は21億2831万株。売買代金は2兆8794億円。東京外国為替市場では、1ドル=121円台前半(前日終値は121円91銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

|

« 本日のワラント!日経反発!! | トップページ | 本日のワラント!日経反発!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160871/5158859

この記事へのトラックバック一覧です: 本日のワラント!:

« 本日のワラント!日経反発!! | トップページ | 本日のワラント!日経反発!! »