« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月22日 (木)

今日は日経上げそうですね!

NY爆上げで今日の日経は上げそうです。

しかし寄り天の可能性もあるので開始10分ほど様子をみてワラントコールを買えば大丈夫だとおもいます。

ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)21日の米国株式相場は大幅続伸。午後に発表された連邦公開市場委員会(FOMC)声明を受け、連邦準備制度理事会(FRB)が数カ月先には利下げするとの期待が浮上し、大きく買われた。ダウ工業株30種平均の終値は前日比159ドル42セント(1.30%)高の1万2447.52セントと、今年最大の上げとなった。

ナスダック総合指数は同47.71ポイント(1.98%)高の2455.92、S&P500種指数は同24.10ポイント(1.71%)高の1435.04で引けた。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の出来高は概算で16億3000万株。

FRBはこの日のFOMCで、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を年5.25%に据え置くことを全会一致で決めた。政策金利の据え置きは6回連続。これは予想通りだったが、FOMC声明からは、次の動きが追加利上げとなる可能性を示唆していた表現がなくなり、利上げ、利下げの両方の選択肢があることを示唆した。

ダウは午後にFOMCの決定が発表されるまでは、ほぼ横ばいで推移していた。発表後は一時、約192ドル上昇した。今週に入ってから337.11ドル(2.8%)上昇しており、3日連続の上昇率としては、2006年6月中旬以来の大きさとなった。

オークツリー・アセット・マネジメントの最高投資責任者、ロバート・パブリック氏は「投資家はFOMC声明について、利上げバイアスを外したと解釈した。住宅向けサブプライムローン(信用度の低い借り手への融資)問題などとともに、追加利上げの可能性は、市場の重しとなっていた要因の1つだった」と指摘した。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

ワラント上昇率ランキング

ワラント上昇率ランキング

1 セガサミーホールディングス プット [30] +46.21
2 三菱UFJフィナンシャル・グループ コール [106] +41.03
3 楽天 コール [72] +40.00
4 三菱UFJフィナンシャル・グループ コール [103] +39.33
5 楽天 コール [69] +37.50
6 トレンドマイクロ コール [48] +36.59
7 三井住友フィナンシャルグループ コール [123] +30.91

続伸も様子見ムード強く、ボリューム低調

20日の日経平均株価は続伸。朝方から米国株市場の上昇や為替市場の円安・ドル高基調を好感する流れとなり、幅広い銘柄に買いが入った。日銀の金融政策決定会合や米FOMC後の声明やコメントを見極めたいとのムードも強く、上値ではポジション整理に伴う売りに押されたが、配当権利取りを狙った買いやショートカバーなどに下値は支えられ、高値圏で堅調推移に。一方、休日を控えていることから積極的な売買が手控えられ、ボリュームは低調。後場は前場終値17180円近辺の狭いレンジで膠着感を強める展開ともなった。

 業種別では33業種中、値上がり26業種、値下がり7業種。公示価格発表を控えて不動産株が軒並み高となったほか、利回り妙味がはやされた海運株の上昇も目立った。また、米国株市場で金融株が買われた流れを受け、銀行株が反発。個別では、投資判断格上げが好感された住阪セメ、太平洋セメ、三井不などが商いを伴って上昇。自社株買いが好感されたファナックも高いほか、材料性や値動きが好感された木村化、東光も強い動きとなった。

 大引け概算の日経平均株価は前日比153.65円高の17163.20円。東証1部市場の売買高は1901.00百万株、売買代金は2兆6657.17億円。騰落銘柄数は値上がり1194銘柄、値下がり426銘柄、変わらず111銘柄。また、TOPIXが1700ポイントを回復したほか、新興3指数も揃って反発となり、マザーズ指数は前日比3%を越す上昇で1000ポイント大台を回復している。

7009円55銭と大幅反発した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり1015、値下がり582。出来高は19億218万株。売買代金は2兆7337億円。東京外国為替市場では、1ドル=117円台前半(前週末終値は116円83銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

本日のワラント

ワラント上昇率ランキング

1 信越化学工業 コール [11] +60.56
2 信越化学工業 コール [12] +40.00
3 S&P CNX NIFTY指数 コール [16] +38.03
4 S&P CNX NIFTY指数 コール [15] +29.87
5 ハンセン指数 コール [12] +28.57
6 S&P CNX NIFTY指数 コール [17] +28.57
7 東邦亜鉛 コール [17] +27.56

先物主導で買われ、平均株価は265円高と大幅反発、1万7000円台回復

19日後場の東京株式市場では、株価指数先物で買われ、インデックス買いに一段高の展開となった。平均株価は午後1時1分に1万6994円16銭(前週末比250円1銭高)まで上げ幅を拡大。その後高値もみ合いが続いたが、引けにかけ上値追いとなり、13日以来4営業日ぶりに1万7000円台を回復した。1ドル=117円台前半で為替相場が落ち着いた上、アジア株式や、ナスダック100株価指数先物が堅調に推移したこともあり、投資家心理が安定化した。

 市場では、「先物市場でショート(売り)に傾いたプレイヤーの買い戻しではないか。ようやく底値感が出てきたようだ」(準大手証券)、「恐らく一部外資系証券の買い戻しと見られるが、それを除くと中身がない。上昇幅の割りには幅広く買われておらず、新興市場は相変わらず厳しい。

要は、その一社があす以降どう動くかだ」(中堅証券)などの声が聞かれた。平均株価は終値で前週末比265円40銭高の1万7009円55銭と大幅反発した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり1015、値下がり582。出来高は19億218万株。売買代金は2兆7337億円。東京外国為替市場では、1ドル=117円台前半(前週末終値は116円83銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

ワラント1週間上昇ランキング

1 日興コーディアルグループ コール 61回 559.26
2 日興コーディアルグループ コール 60回 438.95
3 日興コーディアルグループ コール 59回 321.89
4 日興コーディアルグループ コール 58回 248.38
5 日興コーディアルグループ コール 63回 141.44
6 日興コーディアルグループ コール 65回 133.70
7 松井証券 プット 74回 116.67
8 日興コーディアルグループ コール 55回 114.11
9 日興コーディアルグループ コール 64回 103.97
10 日興コーディアルグループ コール 62回 101.91

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のワラント!日経大幅反落!!

ワラント上昇率ランキング

1 TDK コール [54] +66.80
2 大豆先物リンク債2007年5月限 プット [4] +63.64
3 大豆先物リンク債2007年5月限 プット [3] +56.38
4 大豆先物リンク債2007年5月限 プット [6] +54.75
5 武富士 コール [58] +46.55
6 TDK コール [51] +46.35
7 TDK コール [58] +45.07

先物主導で乱高下、平均株価は116円安と反落

16日後場の東京株式市場では、平均株価が急浮上後に再び下げに転じた。お昼の立ち会い外バスケット取引で買い決め優勢と推測されたほか、海外経由でハイテク株中心に買いが流入。株価指数先物の大口買いに買い戻しを巻き込み、平均株価は午後1時29分に1万6939円43銭(前日比79円4銭高)まで上昇する場面があった。

円高一服感や、ナスダック100株価指数先物の下げ渋りなどが不安心理の後退要因との指摘もあった。ただ、引けにかけては先物売りを交えて下げ基調となった。週末要因に加え、今晩発表される2月の米消費者物価指数や、米鉱工業生産を見極めたいとの空気から見送りムードが強まった。

 市場では、「NY株高に反応せず、前場の下げには意外感があったが、結果的に戻し切れないのが今の相場の弱さ。為替、米金利動向の見極めが必要であり、まだ楽観は禁物」(米系証券)、「腰が入らず、先物に振り回された感じ。個人は押し目を拾っても、上値は買わない。国内機関投資家の決算対策売りの余波も続く。結局、外国人が元気を出さないと上が見えてこない」(中堅証券)との声が聞かれた。平均株価は終値で前日比116円24銭安の1万6744円15銭と反落。東証1部の騰落銘柄数は値上がり329、値下がり1320。出来高は24億2832万株。売買代金は3兆3683億円。東京外国為替市場では、1ドル=117円台前半(前日終値は117円25銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

本日のワラント!プット爆上げ!!

ワラント上昇率ランキング

1 日経平均 プット [370] +219.23
2 日経平均 プット [372] +129.91
3 S&P CNX NIFTY指数 プット [8] +88.89
4 三井物産 プット [21] +85.71
5 三菱地所 プット [59] +81.82
6 ソニー プット [95] +80.00
7 日経平均 プット [377] +77.92

東エレク <8035> プット 78回 5・200日移動平均線を割り込み、ベアパターンへ
みずほ <8411> プット 180回 80万円の節目を割り込み、昨年来安値を更新
三井不 <8801> プット 3回 5・25日移動平均線を一気に割り込む

全面安に平均株価は501円安と大幅続落、1万6700円割れ

14日後場の東京株式市場では、全面安に軟地合いが続いた。お昼の立ち会い外バスケット取引で売り決め優勢の流れを受け、平均株価は午後零時33分に1万6653円93銭(前日比524円91銭安)と下げ幅をやや拡大。その後、切り返しに転じる場面も見られたが、買い気は鈍く、再び下値探りの展開となり、同2時34分には1万6628円85銭(同549円99銭)まで下押す場面があった。

円高警戒感に加え、アジア株式の全面安や、ナスダック100株価指数先物の軟調推移もあり、投資家心理が冷え込んだ。東証の業種別株価指数では33業種すべてが下落し、騰落銘柄数で値下がり1674(値上がり43)と今年2番目の多さとなった。

 市場では、「アジア株安につれ、資金づくり余地のある日本株に売りバイアスが掛かっている。ナスダック100株価指数先物安から、今晩の米ハイテク株安が懸念され、米金利引き下げ圧力で円高・ドル安に向かいやすい地合いも見送り要因」(米系証券)、「無機質に売りさばいている感じ。

安値トライ後に急反転するような感情的な動きが出てもおかしくないが、ジワジワと下げるあたりに相場の無気力さが出ている」(中堅証券)などの声が聞かれた。平均株価は終値で前日比501円95銭安の1万6676円89銭と大幅に続落し、5日以来の1万6700円割れとなった。出来高は23億9906万株。売買代金は3兆1986億円。東京外国為替市場では、1ドル=116円台前半(前日終値は117円30銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

本日のワラント

ワラント上昇率ランキング

1 日興コーディアルグループ コール [61] +70.37
2 日興コーディアルグループ コール [60] +63.16
3 日興コーディアルグループ コール [59] +55.03
4 日興コーディアルグループ コール [58] +48.74
5 コーン先物リンク債2007年5月限 プット [1] +36.00
6 楽天 コール [69] +35.14
7 楽天 コール [75] +35.05

平均株価は128円高と3日続伸、3月物SQ値を上回る

12日後場の東京株式市場では、引けにかけ引き締まった。新規の手掛かり材料に乏しく、売り物がちに傾き、平均株価は午後1時37分に1万7206円94銭(前週末比42円90銭高)まで上げ幅を縮小。

その後はアジア株が総じて堅調に推移したほか、ナスダック100株価指数先物の上昇基調もあり、切り返し歩調となった。午後2時時点で市場総計の買い指し値注文が増加したことも投資家心理の安定化につながり、ジリ高展開に前週末9日の株価指数先物・オプション3月物のSQ(特別清算指数)値1万7290円65銭を再び上回った。

 市場では、「業績上方修正、増配が期待され、基本的には強気。日足一目均衡表の抵抗帯『雲』の上限(1万7325円37銭)に接近し、上出来な方だ。ただ、鉄鋼を旗印とした大型株は飽きた感があり、電機にバトンタッチできるかがポイント」(準大手証券)との声が聞かれた。平均株価は終値で前週末比128円35銭高の1万7292円39銭と3日続伸。東証1部の騰落銘柄数は値上がり1295、値下がり341。

出来高は20億6211万株。売買代金は2兆7236億円。東京外国為替市場で1ドル=118円台前半(前週末終値は117円36銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

ワラント1ヶ月暴騰ランキング

ワラント1ヶ月暴騰ランキング

1 住友金属鉱山 コール 60回 523.93
2 ミツミ電機 コール 4回 361.40
3 住友金属鉱山 コール 59回 349.39
4 住友金属鉱山 コール 55回 331.96
5 住友金属鉱山 コール 58回 309.83
6 ミツミ電機 コール 3回 295.00
7 住友金属鉱山 コール 57回 272.91
8 住友金属鉱山 コール 64回 256.11
9 ミツミ電機 コール 2回 234.06
10 日産ディーゼル コール 31回 216.56

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

本日のワラント!!

ワラント上昇率ランキング

1 ソフトバンク コール [203] +119.64
2 米ドル ドル高(コール)型 [261] +86.49
3 千代田化工建設 プット [29] +80.00
4 カナダドル ドル高(コール)型 [57] +77.78
5 千代田化工建設 プット [31] +66.85
6 カナダドル ドル高(コール)型 [56] +66.67
7 ダイエー コール [27] +65.57

ノンバンク、値がさハイテク株など買われ、平均株価は73円高と続伸

9日後場の東京株式市場では、売り先行後に引き締まった。お昼の立ち会い外バスケット取引でやや売り決め優勢の流れから、平均株価は前場安値を下回り、午後零時34分に1万7100円74銭(前日比21円17銭高)まで弱含んだ。

その後はノンバンク、証券、不動産や、指数寄与度の高い値がさハイテク株などが買い進まれ、同1時8分には1万7201円43銭(同111円12銭高)まで値を戻した。株価指数先物・オプション3月物のメジャーSQ(特別清算指数)算出を無事通過し、1月機械受注の好数値や、円安推移を改めて見直すとの見方も指摘された。ただ、今晩発表の2月米雇用統計を見極めたいとの空気は強く、引けにかけ上値が重くなった。

 市場では、「前日比では強いが、SQ値(1万7290円65銭)比較では重い。アジア全般にさえず、週末、米雇用統計を控え、まだ疑心暗鬼。米景気が弱く、利下げ方向に動けば、再び円高を誘発し、ハイテク株外しが想定される」(米系証券)、「マネーの流れが実際に逆転したか否かが読み切れず、相場の方向性を即断できない」(欧州系証券)、「現物はしっかりしているが、先物需給はよろしくなく、不透明感が強い」(中堅証券)などの声が聞かれた。

平均株価は終値で前日比73円73銭高の1万7164円4銭と続伸。東証1部の騰落銘柄数は値上がり929、値下がり664。出来高は31億9080万株(うちSQ分は概算8億5000万株)。売買代金は4兆7580億円(同1兆5000億円)。東京外国為替市場では、1ドル=117円台前半(前日終値は116円60銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

ワラント コール爆上げです。

騰落率ランキングTOP20

1 韓国200種株価指数 コール [73] +420.00
2 日興コーディアルグループ コール [61] +325.00
3 日興コーディアルグループ コール [60] +314.29
4 日興コーディアルグループ コール [59] +303.85
5 日興コーディアルグループ コール [58] +272.92
6 東京エレクトロン コール [94] +236.84
7 ソフトバンク コール [203] +235.71

日経平均は大幅反発。202.25円高の16844.50円(出来高概算29億5400万株)で取引を終えている。5日の米国市場が弱い動きとなり、シカゴ225先物も16500円レベルであった。しかし、大証が始まる前のSGX先物がこれにサヤ寄せして始まった後に16600円レベルまで切り返しており、リバウンド期待が強まった。また、前日までの急落で1500円超の下げとなっていたこともあり、オーバーシュート気味であったことも押し目買いを誘った感はある。為替市場では1ドル115円半ばから116円半ばまで円高が修正されたことと、上海市場が切り返しをみせたこともリバウンド狙いの動きを強める要因となった。

 トヨタなど国際優良株が強い動きをみせたほか、前日に後味の悪い下げをみせていた新日鉄が反転している。特に新日鉄は後場に入り一段高となっており、2月27日以来の昨年来高値を更新した。再編期待を背景とした中核銘柄である新日鉄の強い動きに牽引される格好から他の鉄鋼、非鉄、造船、海運などへ買いが波及している。東証1部の騰落銘柄は値上がりが1400を超え、全体の8割を超えた。また、昨日1000pを割り込んだマザーズ指数は大幅な切り返しをみせており、上昇率は6.19%(ヘラクレス4.01%、日経平均1.22%)となっている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

ワラントプット爆上げ中!!

ワラント上昇率ランキング

1 金リンク債 プット [23] +120.00
2 ソニー プット [95] +115.00
3 ソニー プット [99] +112.50
4 ソニー プット [96] +110.87
5 ソニー プット [97] +100.00
6 富士フイルムホールディングス プット [11] +77.27
7 金リンク債 プット [21] +75.00

値下がり銘柄数1200超、平均株価は235円安と4日続落に13週線割れ

2日後場の東京株式市場では、引けにかけ軟調推移。アジア株式の落ち着きを受け、株安連鎖への懸念がやや後退。鉄鋼株が総じてプラス浮上したことも下支え要因となり、買い戻しや、自律反発狙いの買いを誘い、平均株価は午後零時51分に1万7331円47銭(前日比122円4銭安)まで下げ渋った。中盤以降、積極買いは限定され、全般はジリ安の展開となった。中で輸出関連株中心に売られ、現物株指数の足を引っ張った。

 市場では、「米景気が不透明であり、NY株に停滞感が台頭。円高方向に振れやすい地合いにあり、日柄調整は尾を引く」(米系証券)、「パニック的な売りは出し切った感があり、いったんリバウンがあっても不思議ではない。ただ、円高警戒から、うかつに手を出せない」(中堅証券)との声が聞かれた。平均株価は終値で前日比235円58銭安の1万7217円93銭と4日続落し、13週移動平均線(1万7289円25銭)を割り込んだ。東証1部の騰落銘柄数は値上がり408、値下がり1223。出来高は27億4586万株。売買代金は3兆5290億円。東京外国為替市場では、1ドル=117円台後半(前日終値は118円10銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

なんじゃこりゃ~~~~!!

本日もワラントプット爆上げ!!!

毎日これくらい値動きしたらスリル満点ですね!!

ワラント上昇率ランキング

1 ソフトバンク プット [157] +262.50
2 日経平均 プット [380] +200.00
3 日経平均 プット [376] +161.54
4 ホンダ プット [48] +105.56
5 日経平均 プット [385] +98.92
6 ソフトバンク プット [160] +95.05
7 SUMCO プット [1] +84.62

ソフトバンクの下げ嫌気も新日鉄が支える

日経平均は3日続落。150.61円安の17453.51円(出来高概算31億8000万株)で取引を終えている。前日急落後に個別では大きくリバウンドをみせていたこともあり、短期筋の利益確定の流れが優勢となった。また、NY市場のリバウンドも大きくなかったほか、シカゴ先物も安く、非公式の外資系経由の売買注文動向が大幅売り越しとなったこともあって手控えにつながっている。小幅続落で始まった日経平均は、先物市場での売り観測も出ていたこともあり、その後もじりじりと下げ幅を広げる展開となった。

 国際優良株や値がさハイテク株が軟調に推移して日経平均を押し下げているほか、外資系証券のレポートを背景にソフトバンクが前引けにかけて値を崩している。日興CGがリバウンドをみせていることで証券セクターはしっかりだったが、ノンバンクなど他の金融セクターは総じて軟調。

 後場に入るとソフトバンクが下げを加速し、これに引きずられる格好から先物市場でも売り仕掛け的な売りが断続的に出ている。この影響もあり、日経平均は一時17261.60円と2月9日以来の17300円を割り込む場面をみせている。その後は業績上方修正および1000億円の自己株式取得枠設定を発表した新日鉄が前日安値を割り込まずに反転をみせたこともあり、全体も徐々に落ち着付いた動きをみせている。東証1部の騰落銘柄は値上がり579に対して値下がり1037、変わらず117と値下がりが全体の6割近くを占めた。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »