« ワラント1週間上昇ランキング | トップページ | ワラント上昇率ランキング »

2007年3月20日 (火)

本日のワラント

ワラント上昇率ランキング

1 信越化学工業 コール [11] +60.56
2 信越化学工業 コール [12] +40.00
3 S&P CNX NIFTY指数 コール [16] +38.03
4 S&P CNX NIFTY指数 コール [15] +29.87
5 ハンセン指数 コール [12] +28.57
6 S&P CNX NIFTY指数 コール [17] +28.57
7 東邦亜鉛 コール [17] +27.56

先物主導で買われ、平均株価は265円高と大幅反発、1万7000円台回復

19日後場の東京株式市場では、株価指数先物で買われ、インデックス買いに一段高の展開となった。平均株価は午後1時1分に1万6994円16銭(前週末比250円1銭高)まで上げ幅を拡大。その後高値もみ合いが続いたが、引けにかけ上値追いとなり、13日以来4営業日ぶりに1万7000円台を回復した。1ドル=117円台前半で為替相場が落ち着いた上、アジア株式や、ナスダック100株価指数先物が堅調に推移したこともあり、投資家心理が安定化した。

 市場では、「先物市場でショート(売り)に傾いたプレイヤーの買い戻しではないか。ようやく底値感が出てきたようだ」(準大手証券)、「恐らく一部外資系証券の買い戻しと見られるが、それを除くと中身がない。上昇幅の割りには幅広く買われておらず、新興市場は相変わらず厳しい。

要は、その一社があす以降どう動くかだ」(中堅証券)などの声が聞かれた。平均株価は終値で前週末比265円40銭高の1万7009円55銭と大幅反発した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり1015、値下がり582。出来高は19億218万株。売買代金は2兆7337億円。東京外国為替市場では、1ドル=117円台前半(前週末終値は116円83銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

|

« ワラント1週間上昇ランキング | トップページ | ワラント上昇率ランキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160871/5750229

この記事へのトラックバック一覧です: 本日のワラント:

« ワラント1週間上昇ランキング | トップページ | ワラント上昇率ランキング »