« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月26日 (木)

e ワラント 必勝法

eワラント上昇率ランキング

1 古河電気工業 コール [56] +68.57
2 アドバンテスト プット [82] +67.83
3 東京ガス プット [17] +61.90
4 日東電工 コール [20] +60.00
5 長谷工コーポレーション コール [46] +59.46
6 古河電気工業 コール [54] +56.61
7 ヤフー コール [92] +50.00

新日鉄 <5401> コール 70回 原資産に反発期待が台頭
三井不 <8801> コール 18回 好決算では原資産の上場来高値更新期待も
川崎汽 <9107> コール 40回 原資産は好業績株買いから6日ぶり反発

好業績株買われ、3日ぶり反発

26日の日経平均株価は3日ぶり反発。朝方は前日の米株高を好感し、ハイテク株など国際優良銘柄が買われ、17400円台を回復。さらに後場に入ると、アジア株市場の全面高を受け、日本株に対する相対的な割安感が強まる格好となり、幅広い銘柄が上昇した。

日経平均株価は一時上げ幅を250円超へ拡大させ、17500円に迫る場面もみられたが、その後は戻り売りなどに押され、大引けにかけては国内主力企業の決算を見極めたいというムードから高値揉みあいとなった。

大引け概算の日経平均株価は前日比193.01円高の17429.17円。東証1部市場の売買高は2028.76百万株、売買代金は2兆8496.61億円。騰落銘柄数は値上がり1295、値下がり341、変わらず93。業種別は33業種中、値上がり28業種、値下がり4業種、変わらず1業種。鉄鋼、非鉄金属、機械、海運などの好業績セクターが上昇した一方、その他金融業の下落が目立つ。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eワラントの税金

「満期前に売却した場合」と「満期まで保有した場合」では、税金の区分が異なる?

eワラントの税金は「満期前に売却した場合」と「満期まで保有した場合」によって区分が異なります。

・「満期前に売却した場合」→ 譲渡所得もしくは雑所得

・「満期まで保有した場合」→ 雑所得


満期前に売却した場合

一般に譲渡所得となりますが、極めて頻繁に売買を行なった場合等は雑所得あるいは事業所得とされる可能性もあります。譲渡所得とみなされた場合は給与所得との損益通算が可能となりますが、極めて頻繁に売買を繰り返した場合は雑所得とされ、他の所得との損益通算が認められない場合もあるようです。

満期まで保有した場合

満期まで保有した場合は雑所得となり、特別控除はなく、損益通算は雑所得内だけの極めて限定されたものになります(給与所得等とは通算できません)。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

本日のワラント

ワラント上昇率ランキング

1 ソフトバンク コール [208] +64.29
2 楽天 コール [77] +53.85
3 ソフトバンク コール [207] +46.06
4 トレンドマイクロ コール [49] +41.36
5 S&P CNX NIFTY指数 コール [16] +41.01
6 ソフトバンク コール [210] +40.83
7 楽天 コール [76] +38.73

住金 <5405> コール 56回 原油高を背景にシームレスパイプ需要の高まりを期待
みずほ信 <8404> プット 19回 原資産は下落ピッチに加速感
ソフトバンク <9984> コール 218回 原資産は200日線から大幅反発

小反落、ボリューム低調で方向感乏しい展開

24日の日経平均株価は小反落。朝方は前日の米国株市場の下落を受け、売り先行の展開。一時17300円割れ寸前まで下落したものの、その後は先物への大口買い観測などから下げ渋った。後場寄りは再び先物への大口買いが断続的に入ったことをきっかけに日経平均株価は上昇に転じ、一時は17500円台を回復。

もっとも上値の重さから買いも続かず、その後は戻り売り圧力に屈する格好でジリ安基調となるなど、方向感に乏しい推移となった。全般的に国内決算を見極めたいとするムードからボリュームに乏しく、先物の動き以外は動意にも乏しい展開。

一方、新興3指数ではマザーズ指数、ヘラクレス指数が反発。大引け概算の日経平均株価は前日比3.60円安の17451.77円。東証1部市場の売買高は1824.50百万株、売買代金は2兆4456.17億円。

騰落銘柄数は値上がり1031、値下がり565、変わらず133。業種別は33業種中、値上がり19業種、値下がり14業種。鉱業の上げが目立つ半面、化学が下げた。個別ではソフトバンク(9984)が大幅反発したほか、住金(5405)の上昇も目立つ。一方、前日決算発表したHOYA(7741)は続落。(誤)新興3指数は揃って反発。(正)新興3指数ではマザーズ指数、ヘラクレス指数が反発。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

ワラントの魅力!!

ワラント上昇率ランキング

1 東ソー プット [1] +28.00
2 東ソー プット [2] +23.73
3 コマツ コール [8] +22.84
4 エルピーダメモリ コール [26] +21.37
5 松井証券 プット [70] +20.85
6 エルピーダメモリ コール [24] +20.56
7 大成建設 プット [9] +20.47

先物主導で売られ、平均株価はわずか2円高、TOPIXは反落

23日後場の東京株式市場では、株価指数先物主導で売られ、さえない展開となった。米格付け会社S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)が午前11時半すぎに日本長期債の格上げを発表、対ユーロ、対ドルで円高が進み、投資家心理の後退につながった。

マザーズ指数の上場来安値更新など新興市場の低迷や、注目されたHOYAの前期決算が市場コンセンサスに届かず下げ基調を強めたことも逆風となり、平均株価は一時下げに転じる場面があった。

 市場では、「円高進行、新興市場の下落が響いた。特に新興銘柄は会計不信、業績懸念が重くのしかかり、心理的なネガティブ要因」(米系証券)、「ゴールデンウイークを控え、主要プレーヤーは様子見であり、先物だけで乱高下している。今期見通しの増益率鈍化はコンセンサスだが、それを良い意味で裏切らないと当面無理はできない」(中堅証券)との声が聞かれた。

平均株価は終値で前週末比2円75銭高の1万7455円37銭とわずかながら続伸したが、TOPIXは同4.44ポイント安の1705.63ポイントと反落した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり525、値下がり1093。出来高は18億9848万株。売買代金は2兆5708億円。東京外国為替市場では、1ドル=118円台前半(前週末終値は118円70銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

本日のワラント!!

ワラント上昇率ランキング

1 サティヤム コンピュータ サービス(ADR) コール [2] +88.62
2 サティヤム コンピュータ サービス(ADR) コール [3] +66.76
3 S&P CNX NIFTY指数 コール [16] +60.95
4 S&P CNX NIFTY指数 コール [17] +60.00
5 ウィプロ(ADR) コール [2] +50.00
6 サティヤム コンピュータ サービス(ADR) コール [1] +48.40
7 NY ダウ 30 平均 コール [110] +48.39

NYダウ、3日連続で最高値〔米株式〕(20日)

週末20日の米株式相場は、世界的な好景気を背景とした企業業績の拡大をはやして急伸し、優良株で構成するダウ工業株30種平均は一時、1万2966.29ドルを付け、1万3000ドルの大台まで約34ドルに迫った。

 ダウ平均は、前日終値比153.35ドル高の1万2961.98ドルと3日連続で終値ベースでの史上最高値を更新して引けた。ダウ平均はこれで7営業日続伸。

 ハイテク株中心のナスダック総合指数も21.04ポイント高の2526.39と反発して終了。ニューヨーク証券取引所の出来高は3億0468万株増の19億4304万株。

 相場急伸のきっかけとなったのは、前日引け後に発表されたグーグルの1―3月期決算。純益が前年同期比69%増と大幅に伸び、ヤフーの減益決算を受け高まっていたハイテク企業の収益に対する懸念が後退した。

 また、産業機械大手キャタピラーの決算が市場予想を上回ったことで、景気の先行きに楽観的な見方も広がった。

 さらに、前日急落した中国の上海株式相場がこの日、急反発し、他のアジア、欧州の株式相場も軒並み上昇したことも買い安心感につながった。

 市場参加者の間では「世界景気の先行きに対する楽観的な見方が支配的になりつつある」(中堅証券)といい、国際優良株や輸送関連など世界景気の恩恵を受けやすい銘柄に買いが集まった。

 ただ、ダウ平均は4月に入ってから1日下落したほかはすべて上昇しており、相場の過熱を指摘する声も多い。

<<最強投資方法>>

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

本日のワラント

ワラント上昇率ランキング

1 セガサミーホールディングス コール [66] +60.00
2 豪ドル ドル安(プット)型 [96] +57.14
3 WTIリンク債_2007年6月限 プット [2] +53.33
4 TDK プット [41] +50.00
5 WTIリンク債_2007年6月限 プット [1] +42.86
6 米ドル ドル安(プット)型 [236] +42.11
7 WTIリンク債_2007年6月限 プット [3] +41.56

不動産、海運株など買われ、平均株価は139円高と大幅反発

18日後場の東京株式市場では、売り一巡後に底堅さを増す展開。寄り付き直後に株価指数先物にまとまった売り物が出て裁定解消売りに平均株価は1万7600円台を割り込む場面もあった。その後は前場終値を挟み、もみ合い商状が続いたが、引けにかけてやや引き締まった。「欧州年金、オイルマネー流入観測」(米系証券)が指摘された不動産、海運株などが買われ、市場心理の安定化につながった。

 市場では、「不動産、海運、鉄鋼など従来路線回帰の動きだが、的が絞れず追随できない」(欧州系証券)、「先物が主体。買い意欲が旺盛なら、現物の指し値買い注文が増えても不思議ではないが、さほどの増加は見られず、きょうは静観」(中堅証券)との声が聞かれた。平均株価は終値で前日比139円88銭高の1万7667円33銭と大幅反発。東証1部の騰落銘柄数は値上がり1228、値下がり377。出来高は18億8609万株。売買代金は2兆6716億円。東京外国為替市場では、1ドル=118円台後半(前日終値は119円30銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

本日のワラント

ワラント上昇率ランキング

1 トレンドマイクロ コール [48] +108.06
2 日経平均 コール [440] +81.98
3 カナダドル ドル高(コール)型 [56] +62.40
4 南アフリカランドリンク債 コール [15] +57.84
5 NY ダウ 30 平均 コール [106] +57.03
6 ハンセン指数 コール [12] +55.06
7 松下電器産業 コール [68] +54.17

高値もみ合い商状、平均株価は264円高と3日ぶり大幅反発

16日後場の東京株式市場では、高値圏でもみ合い商状。お昼の立ち会い外バスケット取引でやや売り決め優勢の流れから、弱含みスタート。中盤にかけては円安含みで推移したこともあり、「先物に執ような買いが入った」(準大手証券)ことで底堅い動きとなった。ただ、積極的に買い上がる材料に乏しく、引けにかけ次第に伸び悩んだ。東証1部の業種別株価指数では全33業種中、その他金融を除く32業種が高く、値上がり銘柄数は全体の約3分の2を占めた。

 市場では、「G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)で円安が問題視されず、円キャリー取引に伴う世界的な流動性が確保された点が大きい。きょうは先物のショートカバー(売り建て玉の買い戻し)の側面が強いが、本格化する米主要企業の決算次第では、2月の戻り高値(26日終値1万8215円35銭)が見えてくる」(準大手証券)、「前場にアジアマネーが流入し、全体的なイメージは強い。

先物市場ではCTA(商品投資顧問会社)がロング(買い)に傾き、これにモメンタム系ヘッジファンドが追随したようだ」(米系証券)との声が聞かれた。平均株価は終値で前週末比264円35銭高の1万7628円30銭と3日ぶりに大幅反発した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり1169、値下がり441。出来高は18億175万株。売買代金は2兆5754億円。東京外国為替市場では、1ドル=119円台前半(前週末終値は118円58銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

本日のワラント

ワラント上昇率ランキング

1 コーン先物リンク債2007年5月限 プット [1] +108.19
2 ヤマトホールディングス プット [17] +107.34
3 ヤマトホールディングス プット [19] +85.59
4 コーン先物リンク債2007年5月限 プット [2] +75.31
5 S&P CNX NIFTY指数 プット [8] +70.59
6 S&P CNX NIFTY指数 プット [9] +68.39
7 S&P CNX NIFTY指数 プット [10] +64.25

インド株安を警戒、先物主導で売られ、平均株価は259円安と3日ぶり急反落

名実ともに新年度入りした2日後場の東京株式市場では、地合いが急悪化した。お昼の立ち会い外バスケット取引でやや売り決め優勢との見方から、売り先行に平均株価は徐々に上げ幅を縮小。

その後は、日本時間午後1時25分から取引が開始されたインド株式市場でSENSEX指数が急落したことを受け、投資家心理が冷え込んだ。

インド中銀が現地3月30日に短期レポレート(現金担保付債券貸借取引レート)、並びに預金準備率の引き上げを発表、先行き不透明感が深まった。「海外ヘッジファンドの仕掛け売りや、一部投信の解約売りも出ている」(米系証券トレーディング部)、「市場指し値総計で売り注文が増加傾向を強めた」(準大手証券エクイティ部)こともあり、株価指数先物主導で下げ幅を広げ、一時1万7000円台を割り込む場面もあった。

東証1部の業種別株価指数では、全33業種中、食品を除く32業種が下落し、値下がり銘柄数は全体の87%弱に達するなど全面安の色彩を強めた。

 市場では、「インド株安が響いた。当面は米当局のコメントや、アジアを含む外部要因に振られる傾向が強まるだろう」(米系証券株式営業部)との声が聞かれた。平均株価は前週末比259円24銭安の1万7028円41銭と3日ぶりに急反落した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり162、値下がり1503。出来高は23億3836万株。売買代金は2兆8762億円。東京外国為替市場では、1ドル=117円台後半(前週末終値は118円3銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

今までさまざまな投資に挑戦してきました。

株、FX、先物、ワラント、IPO、デイトレ、信用取引・・・

やっと見つけました。最強投資方法!

これさえマスターすれば必ずかてます。

最強の投資はやはりワラントです。

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »