« 本日のワラント!! | トップページ | 本日のワラント »

2007年4月23日 (月)

ワラントの魅力!!

ワラント上昇率ランキング

1 東ソー プット [1] +28.00
2 東ソー プット [2] +23.73
3 コマツ コール [8] +22.84
4 エルピーダメモリ コール [26] +21.37
5 松井証券 プット [70] +20.85
6 エルピーダメモリ コール [24] +20.56
7 大成建設 プット [9] +20.47

先物主導で売られ、平均株価はわずか2円高、TOPIXは反落

23日後場の東京株式市場では、株価指数先物主導で売られ、さえない展開となった。米格付け会社S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)が午前11時半すぎに日本長期債の格上げを発表、対ユーロ、対ドルで円高が進み、投資家心理の後退につながった。

マザーズ指数の上場来安値更新など新興市場の低迷や、注目されたHOYAの前期決算が市場コンセンサスに届かず下げ基調を強めたことも逆風となり、平均株価は一時下げに転じる場面があった。

 市場では、「円高進行、新興市場の下落が響いた。特に新興銘柄は会計不信、業績懸念が重くのしかかり、心理的なネガティブ要因」(米系証券)、「ゴールデンウイークを控え、主要プレーヤーは様子見であり、先物だけで乱高下している。今期見通しの増益率鈍化はコンセンサスだが、それを良い意味で裏切らないと当面無理はできない」(中堅証券)との声が聞かれた。

平均株価は終値で前週末比2円75銭高の1万7455円37銭とわずかながら続伸したが、TOPIXは同4.44ポイント安の1705.63ポイントと反落した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり525、値下がり1093。出来高は18億9848万株。売買代金は2兆5708億円。東京外国為替市場では、1ドル=118円台前半(前週末終値は118円70銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

|

« 本日のワラント!! | トップページ | 本日のワラント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160871/6191283

この記事へのトラックバック一覧です: ワラントの魅力!!:

« 本日のワラント!! | トップページ | 本日のワラント »