« 本日のワラント | トップページ | ワラントの魅力!! »

2007年4月21日 (土)

本日のワラント!!

ワラント上昇率ランキング

1 サティヤム コンピュータ サービス(ADR) コール [2] +88.62
2 サティヤム コンピュータ サービス(ADR) コール [3] +66.76
3 S&P CNX NIFTY指数 コール [16] +60.95
4 S&P CNX NIFTY指数 コール [17] +60.00
5 ウィプロ(ADR) コール [2] +50.00
6 サティヤム コンピュータ サービス(ADR) コール [1] +48.40
7 NY ダウ 30 平均 コール [110] +48.39

NYダウ、3日連続で最高値〔米株式〕(20日)

週末20日の米株式相場は、世界的な好景気を背景とした企業業績の拡大をはやして急伸し、優良株で構成するダウ工業株30種平均は一時、1万2966.29ドルを付け、1万3000ドルの大台まで約34ドルに迫った。

 ダウ平均は、前日終値比153.35ドル高の1万2961.98ドルと3日連続で終値ベースでの史上最高値を更新して引けた。ダウ平均はこれで7営業日続伸。

 ハイテク株中心のナスダック総合指数も21.04ポイント高の2526.39と反発して終了。ニューヨーク証券取引所の出来高は3億0468万株増の19億4304万株。

 相場急伸のきっかけとなったのは、前日引け後に発表されたグーグルの1―3月期決算。純益が前年同期比69%増と大幅に伸び、ヤフーの減益決算を受け高まっていたハイテク企業の収益に対する懸念が後退した。

 また、産業機械大手キャタピラーの決算が市場予想を上回ったことで、景気の先行きに楽観的な見方も広がった。

 さらに、前日急落した中国の上海株式相場がこの日、急反発し、他のアジア、欧州の株式相場も軒並み上昇したことも買い安心感につながった。

 市場参加者の間では「世界景気の先行きに対する楽観的な見方が支配的になりつつある」(中堅証券)といい、国際優良株や輸送関連など世界景気の恩恵を受けやすい銘柄に買いが集まった。

 ただ、ダウ平均は4月に入ってから1日下落したほかはすべて上昇しており、相場の過熱を指摘する声も多い。

<<最強投資方法>>

私が発見した方法でもっと効率よく儲けがでるように研究しました。

初心者の方にもわかりやすいようにまとめています。

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

|

« 本日のワラント | トップページ | ワラントの魅力!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160871/6162466

この記事へのトラックバック一覧です: 本日のワラント!!:

« 本日のワラント | トップページ | ワラントの魅力!! »