« eワラント 本日の上昇ランキング | トップページ | eワラント 本日の上昇ランキング »

2007年7月19日 (木)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 インテル プット [4] +61.54
2 韓国200種株価指数 プット [85] +46.75
3 ケネディクス コール [9] +37.50
4 ハンセン指数 プット [11] +37.50
5 ハンセン指数 プット [8] +36.71
6 ケネディクス コール [8] +34.55
7 日経平均 プット [393] +33.73

三菱マ <5711> コール 6回 鉛価格上昇に伴う収益押し上げ効果を期待
ニコン <7731> コール 69回 MSでは投資判断と目標株価を引き上げ
みずほ <8411> プット 180回 200日線底割れでは、5月23日の窓埋めの公算も

全面安商状続き、平均株価は201円安と大幅続落

18日後場の東京株式市場では、全面安商状が続き、停滞感を強めた。平均株価は前場終値1万8009円91銭(前日比207円36銭安)を挟み、上下75円幅のもみ合いに終始した。24時間取引のGLOBEX(シカゴ先物取引システム)でナスダック100株価指数先物や、S&P500種株価指数先物が軟調に推移したことで今晩の米国株安が警戒された。

現地18日にバーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長の議会証言や、6月の米消費者物価指数、住宅着工件数などの発表を控えていることも見送り要因となった。東証1部の業種別株価指数では、全33業種中、鉄鋼を除く32業種が下落し、値下がり銘柄数は全体の78%強に達した。

 市場では、「指数は瞬間的に上抜ける場面もあろうが、基本的には大きな調整が来ると読んでいる。個人マネーは外国株、外国債券、高金利通貨など海外ものに一斉にシフトしているが、どこかで逆回転が起こっても不思議ではない。リスクとリターンが見合わなくなり、ほころびが出てきたサブプライムローン問題が一つの兆候的な現象といえるのではないか」(中堅証券)との声が聞かれた。

平均株価は終値で前日比201円69銭安の1万8015円58銭と大幅に続落した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり273、値下がり1353。出来高は22億2175万株。売買代金は3兆33億円。東京外国為替市場では、1ドル=121円台後半(前日終値は121円82銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

|

« eワラント 本日の上昇ランキング | トップページ | eワラント 本日の上昇ランキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160871/7197262

この記事へのトラックバック一覧です: eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング:

« eワラント 本日の上昇ランキング | トップページ | eワラント 本日の上昇ランキング »