« eワラント 本日の上昇ランキング | トップページ | eワラント 本日の上昇ランキング »

2007年7月27日 (金)

eワラント 本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 キヤノン プット [65] +91.18
2 豪ドル ドル安(プット)型 [104] +90.00
3 キヤノン プット [66] +79.52
4 任天堂 プット [80] +78.95
5 ニコン プット [51] +70.00
6 豪ドル ドル安(プット)型 [101] +66.67
7 長期国債先物_2007年9月限 コール [5] +65.38

武田薬品 <4502> コール 65回 好業績安定配当のディフェンシブ性から選別物色へ
富士通 <6702> プット 78回 中間期赤字見通しへ下方修正を嫌気
ソニー <6758> コール 122回 営業利益が前年同期比約3.7倍の4―6月期決算を発表

値下がり銘柄数1500超、平均株価は418円安と3日続落

27日後場の東京株式市場では、全面安が続いた。昼の立ち会い外バスケット取引でやや買い決め優勢の流れを受け、買いが先行し、平均株価は午後零時50分に1万7367円27銭(前日比334円82銭安)まで下げ渋った。

その後は戻りの鈍さから、手じまい売りが加速し、同2時27分には1万7196円16銭(同505円93銭安)まで下げ幅を広げる場面があった。週末要因に加え、29日投開票の参院選や、今晩の第2四半期米国内総生産(GDP)発表を受けた米国株式動向を見極めたいとの空気が強く、見送り気分が尾を引いた。東証1部の業種別株価指数では、33業種すべてが下落し、値下がり銘柄数は全体の約9割に達した。

 市場では、「参院選結果と今晩のNY株動向が不透明であり、ポジション整理の売りが出るのは致し方ない。キープした200日線近辺で値固めし、時間をかけて相場修復するしかない」(準大手証券)、「前場は米国株安に多少パニック的な売りも見られたが、参院選の大敗を前倒しで織り込んだ感もある。

後場に入り、海外オーダーは少ないが、下値拾いに動いており、週明けはアク抜け感からリバウンドに入る可能性もある」(欧州系証券)などの声が聞かれた。平均株価は終値で前日比418円28銭安の1万7283円81銭と大幅安に3日続落した。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり134、値下がり1534。出来高は25億505万株。売買代金は3兆6261億円。東京外国為替市場では、1ドル=118円台半ば(前日終値は120円35銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

|

« eワラント 本日の上昇ランキング | トップページ | eワラント 本日の上昇ランキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160871/7295822

この記事へのトラックバック一覧です: eワラント 本日の上昇ランキング:

« eワラント 本日の上昇ランキング | トップページ | eワラント 本日の上昇ランキング »