« eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング | トップページ | eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング »

2007年8月10日 (金)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 ニコン プット [51] +205.56
2 三井物産 プット [27] +189.23
3 三井物産 プット [25] +187.50
4 信越化学工業 プット [12] +185.25
5 コマツ プット [5] +175.00
6 三菱地所 プット [62] +166.67
7 韓国200種株価指数 プット [82] +150.00

アドバンテス <6857> コール 96回 SOX(米半導体株)指数の底堅さを一時好感
三菱地所 <8802> プット 64回 原資産は「宵の明星」を形成
川崎汽 <9107> コール 42回 CSは投資判断を「アウトパフォーム」へ引き上げ

全面安商状に平均株価は406円安と4日ぶり大幅反落、TOPIXは年初来安値

10日後場の東京株式市場では、全面安商状が続いた。序盤こそ株価指数先物の大口買いをきっかけに切り返す場面もあったが、その後は手じまい売りに押され、平均株価は午後2時41分に1万6651円71銭(前日比518円89銭安)まで下げ幅を広げた。

引けにかけ、再度下げ渋ったが、戻りは限定された。米サブプライムローン(信用度の低い顧客向け住宅融資)問題に端を発した信用リスク懸念が根強い上、GLOBEX(シカゴ先物取引システム)でナスダック100株価指数先物、S&P500種株価指数先物が停滞感を強め、アジア株式が軟調に推移したことも見送り気分につながった。

 市場では、「サブプライムローン問題を受け、ECB(欧州中央銀行)、FRB(米連邦準備制度理事会)、日銀と迅速に資金供給に動いたが、逆に不安感を抱かせる要因でもある。

優良顧客受けのプライムローンに飛び火しないとも言い切れず、相当根深い問題だ。米個人消費が落ち、住宅投資が冷え込み、さらに資産価格が下落するという悪循環に陥る懸念もある」(銀行系運用会社)との声が聞かれた。

平均株価は終値で前日比406円51銭安の1万6764円9銭と4日ぶりに大幅反落した。TOPIXは同49.88ポイント安の1633.93ポイントと1月11日の年初来安値1656.72ポイントを更新した。SQ値は概算1万6669円27銭。東証1部の騰落銘柄数は値上がり235、値下がり1445。出来高は33億5413万株(うちSQ分は概算1億6000万株)。売買代金は4兆7156億円(同3000億円)。東京外国為替市場では、1ドル=118円近辺(前日終値は119円3銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

|

« eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング | トップページ | eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160871/7487666

この記事へのトラックバック一覧です: eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング:

« eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング | トップページ | eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング »