« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月30日 (木)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 楽天 コール [78] +150.00
2 いすゞ自動車 コール [59] +136.30
3 日本板硝子 コール [7] +120.51
4 ヤフー コール [93] +104.00
5 いすゞ自動車 コール [58] +87.64
6 いすゞ自動車 コール [61] +77.12
7 楽天 コール [84] +68.75

<<利下げへの期待感から大幅上昇>>

NY株式相場は大幅上昇。バーナンキFRB議長が上院議員に宛てた書簡の中で「必要に応じて対応する」との考えを示し、来月のFOMC(連邦公開市場委員会)での利下げに対する期待感が高まることで終日堅調な展開となった。

セクター別でも全面高となり、特に小売りや自動車・同部品の上昇が目立った。コンピュータ大手のアップル(AAPL)はゴールドマン・サックスが投資判断を引き上げたことで上昇。また新学期セールでパソコンの販売が好調との見方からパソコンメーカー最大手のヒューレット・パッカード(HPQ)なども買われた。

携帯電話メーカー最大手のノキア(NOK)は音楽配信事業に進出することを発表して7%高。予想を上回る決算を発表したキッチン用品のウィリアム・ソノマ(WSM)も堅調に推移した。

ダウ構成銘柄では、ゼネラル・モーターズ(GM)やホームデポ(HD)、インテル(INTC)などが4%を超す上昇となるなど全30銘柄が前日比プラス。結局ダウは247.44ドル高の13289.29、ナスダックは62.52ポイント高の2563.16で取引を終了した。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 日本板硝子 コール [7] +95.00
2 ハンセン指数 プット [8] +92.86
3 楽天 コール [78] +60.00
4 ヤフー コール [93] +56.25
5 ハンセン指数 プット [13] +54.84
6 豪ドル ドル安(プット)型 [104] +51.79
7 ニュージーランドドル ドル安(プット)型 [18] +51.39

パーク24 <4666> プット 5回 需給良化の兆しなく、サポート割れでは下落ピッチ加速も想定
日立 <6501> プット 62回 原資産は為替変動の影響大きい
アドバンテス <6857> プット 92回 日経平均寄与度高く、目先好材料に乏しい

<<小反落、手掛かり材料難の展開>>

28日の日経平均株価は小反落。前日の米国株市場の反落や、為替市場で円が1ドル=115円台半ばの円高方向へ振れたことが嫌気され、朝方の日経平均株価は売り優勢のスタートとなった。寄付き直後は一時100円を超える下げ幅を記録したが、その後は下値を叩く動きもなく、底堅さを好感した押し目買いから前日比プラスサイドへ切り返す場面もあった。

ただ、今晩の米国景気指標を見極めたいとするムードもあり、その後の上値追いにはつながらず、後場に入ると再びマイナスサイドで推移した。その後は前場安値をトライした後、5日線を意識する格好でやや下げ渋る展開。

大引け概算の日経平均株価は前日比13.90円安の16287.49円。東証1部市場の売買高は1331.87百万株、売買代金は1兆8851.84億円。騰落銘柄数は値上がり654、値下がり941、変わらず117。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 三井不動産 コール [18] +174.19
2 キヤノン コール [67] +171.43
3 楽天 コール [78] +163.64
4 キヤノン コール [66] +163.16
5 大平洋金属 コール [40] +149.86
6 三井住友フィナンシャルグループ コール [127] +130.77
7 大平洋金属 コール [39] +115.06

コマツ <6301> コール 14回 為替水準次第も好バリューの買い安心感高い
武富士 <8564> プット 60回 懸念材料を抱えるセクターが軟調推移
日本郵船 <9101> コール 60回 第60回コールは新発の第61回より割安感残る

大幅反発、三分の一戻り達成

23日の日経平均株価は大幅反発。前日の米国株市場の上昇に加え、米時間外取引で米住宅ローン最大手カントリーワイドが大幅上昇、さらに為替市場で一時1ドル=116円台の円安推移などが買い安心感を誘い、日経平均株価は朝方早い時間帯に16300円台を回復した。

日銀金融政策決定会合では「利上げ見送り」が決定したが、事前予想通りとあって特に好感視はされず、その後は材料出尽くし感から戻り売りが優勢となる場面もあった。しかし、下値は押し目買いに支えられ、大引けは高値圏で取引を終了。

日経平均株価は終値ベースの年初来高値18261円(7月9日)からの下落幅に対し、3分の1戻りを達成している。大引け概算の日経平均株価は前日比415.68円高の16316.32円。

東証1部市場の売買高は1805.96百万株、売買代金は2兆6205.54億円。騰落銘柄数は値上がり1514、値下がり158、変わらず48。業種別は33業種中、値上がり32業種、値下がり1業種。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 日本板硝子 コール [5] +292.74
2 松井証券 コール [86] +250.00
3 新日本製鐵 コール [70] +250.00
4 長期国債先物_2007年9月限 コール [5] +211.27
5 日本板硝子 コール [7] +91.67
6 長期国債先物_2007年9月限 コール [4] +86.22
7 千代田化工建設 コール [39] +73.53

信越化 <4063> コール 19回 GSでは投資判断を「買い」に引き上げ
楽天 <4755> プット 9回 6月中間期は証券部門などの低迷響き、経常28%減
アドバンテス <6857> プット 92回 原資産は年初来安値を更新

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 新日本製鐵 プット [68] +640.00
2 信越化学工業 プット [12] +536.17
3 双日 プット [4] +350.00
4 日本郵船 プット [52] +238.46
5 三菱地所 プット [61] +219.44
6 コマツ プット [5] +212.50
7 大平洋金属 プット [28] +192.93

中外薬 <4519> プット 3回 原資産は中期経営計画を下方修正すると報じられる
東芝 <6502> コール 68回 購買調達の統合進める
TDK <6762> コール 60回 メリルでは「絶好の押し目買いのチャンス」

<<日経平均続落、下げ幅は今年最大>>

17日の日経平均株価は大幅に3日続落。朝方は為替市場の急速な円高推移が嫌気され、輸出関連株を中心に幅広い銘柄が売られる展開となった。

内需系の銘柄は逆行高の推移をみせたが、日経平均株価は下げ幅をジリジリと拡大させ、連日の年初来安値を更新。後場に入ると、節目とみられた15500円処ではいったんは下げ渋る動きをみせたが、為替市場では円キャリーの巻き戻しが進行し、朝方の114円台から112円台へ突入。

さらに時間外取引でナスダック指数先物9月物が下落していることなども嫌気され、その後は急速に下げ幅を拡大させた。

大引け概算の日経平均株価は前日比874.81円安の15273.68円。東証1部市場の売買高は2942.47百万株、売買代金は4兆2391.49億円。騰落銘柄数は値上がり87、値下がり1620、変わらず17。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 豪ドル ドル安(プット)型 [100] +2675.00
2 ニュージーランドドルリンク債 プット [17] +2410.00
3 豪ドル ドル安(プット)型 [99] +2050.00
4 豪ドル ドル安(プット)型 [101] +1658.33
5 ニュージーランドドルリンク債 プット [16] +1300.00
6 ユーロ安(プット)型 [121] +700.00
7 ユーロ安(プット)型 [122] +622.22

大平金 <5541> コール 41回 原資産は出遅れ感強まる
トヨタ自 <7203> コール 97回 原資産は底堅さが期待される水準
三井住友 <8316> コール 130回 目先底打ち期待を強める形状

<<大幅続落、下値圏では下げ渋る>>

16日の日経平均株価は大幅続落。サブプライム問題に端を発した世界的な信用収縮不安と円キャリーの巻き戻しに歯止めがかからず、朝方の日経平均株価は国内外の機関投資家から換金売りやロスカットの売りが優勢となり、下値を切り下げた。

後場に入ると取引時間中では06年11月29日以来、約8カ月半ぶりに16000円大台を割り込んだ。為替市場で円が1ドル=115円台の円高推移となったほか、先物への仕掛け的な大口売りも足を引っ張る格好となり、下げ幅は一時600円を超え、15859円まで下落した。

ただ、その後は値頃感から押し目買いが入り、銀行株の下げ渋りなども買い安心感を与え、16000円台を急回復。ローソク足は陰線ながらも長い下ヒゲを出現させている。

大引け概算の日経平均株価は前日比327.12円安の16148.49円。東証1部市場の売買高は2676.80百万株、売買代金は3兆8960.65億円。騰落銘柄数は値上がり206、値下がり1469、変わらず46。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 ユーロ安(プット)型 [123] +200.00
2 南アフリカランドリンク債 プット [12] +190.91
3 豪ドル ドル安(プット)型 [101] +183.33
4 ケネディクス プット [6] +182.95
5 ユーロ安(プット)型 [122] +162.50
6 英ポンド ポンド安(プット)型 [66] +133.33
7 南アフリカランドリンク債 プット [13] +133.13

東芝 <6502> コール 68回 米国で揚水発電所の改修工事を受注
富士通 <6702> プット 78回 仏GFIに対するTOB失敗を嫌気
三菱UFJ <8306> プット 100回 サブプライム評価損50億円を公表

15日の日経平均株価は大幅反落。米国株市場の大幅下落に加え、為替市場で円が1ドル=117円台で推移していることを受け、日経平均株価は下窓を出現させてスタートした。

その後も信用収縮懸念の高まりから金融株を中心に売り優勢の展開となり、下げ幅が拡大。後場に入ると3月5日のザラ場安値16532円、心理的節目16500円などを次々と割り込んだ。比較的堅調だったアジア株市場の全面安が嫌気されたほか、株価下落に伴う投資信託の解約売りや信用取引の追い証発生に絡んだ手仕舞い売りも出たもよう。

大引け概算の日経平均株価は前日比369.00円安の16475.61円。東証1部市場の売買高は2033.32百万株、売買代金は2兆9392.43億円。騰落銘柄数は値上がり120、値下がり1552、変わらず48。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 ニコン プット [51] +205.56
2 三井物産 プット [27] +189.23
3 三井物産 プット [25] +187.50
4 信越化学工業 プット [12] +185.25
5 コマツ プット [5] +175.00
6 三菱地所 プット [62] +166.67
7 韓国200種株価指数 プット [82] +150.00

アドバンテス <6857> コール 96回 SOX(米半導体株)指数の底堅さを一時好感
三菱地所 <8802> プット 64回 原資産は「宵の明星」を形成
川崎汽 <9107> コール 42回 CSは投資判断を「アウトパフォーム」へ引き上げ

全面安商状に平均株価は406円安と4日ぶり大幅反落、TOPIXは年初来安値

10日後場の東京株式市場では、全面安商状が続いた。序盤こそ株価指数先物の大口買いをきっかけに切り返す場面もあったが、その後は手じまい売りに押され、平均株価は午後2時41分に1万6651円71銭(前日比518円89銭安)まで下げ幅を広げた。

引けにかけ、再度下げ渋ったが、戻りは限定された。米サブプライムローン(信用度の低い顧客向け住宅融資)問題に端を発した信用リスク懸念が根強い上、GLOBEX(シカゴ先物取引システム)でナスダック100株価指数先物、S&P500種株価指数先物が停滞感を強め、アジア株式が軟調に推移したことも見送り気分につながった。

 市場では、「サブプライムローン問題を受け、ECB(欧州中央銀行)、FRB(米連邦準備制度理事会)、日銀と迅速に資金供給に動いたが、逆に不安感を抱かせる要因でもある。

優良顧客受けのプライムローンに飛び火しないとも言い切れず、相当根深い問題だ。米個人消費が落ち、住宅投資が冷え込み、さらに資産価格が下落するという悪循環に陥る懸念もある」(銀行系運用会社)との声が聞かれた。

平均株価は終値で前日比406円51銭安の1万6764円9銭と4日ぶりに大幅反落した。TOPIXは同49.88ポイント安の1633.93ポイントと1月11日の年初来安値1656.72ポイントを更新した。SQ値は概算1万6669円27銭。東証1部の騰落銘柄数は値上がり235、値下がり1445。出来高は33億5413万株(うちSQ分は概算1億6000万株)。売買代金は4兆7156億円(同3000億円)。東京外国為替市場では、1ドル=118円近辺(前日終値は119円3銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 ユーロ安(プット)型 [123] +250.00
2 中外製薬 コール [2] +211.32
3 日本航空 コール [24] +185.71
4 南アフリカランドリンク債 プット [13] +180.95
5 東京ガス コール [21] +161.11
6 ユーロ安(プット)型 [122] +150.00
7 任天堂 プット [80] +141.10

長谷工 <1808> コール 52回 原資産はセリングクライマックスとなる期待も
新日鉄 <5401> コール 75回 ウジミナスの生産設備を増強
住友鉱 <5713> プット 59回 原資産は下値トライの展開

3日続伸、東証一部売買高は今年最高

9日の日経平均株価は3日続伸。前日の米国株市場の上昇と為替の円安推移が買い安心感を誘い、朝方の東京市場は先物主導で幅広い銘柄に買いが流入した。

日経平均株価は一時17274円まで上昇したが、17300円処に観測される200日線が目前に迫ると次第に戻り売り圧力が強まった。

上昇銘柄と下落銘柄との二極化が鮮明となる一方、株価指数オプション8月物SQを10日に控えて主力株の上値追いに慎重なムードが強まり、後場に入ると上値をジリジリと切り下げた。なお、東証一部市場の売買高は今年最高を記録した。

大引け概算の日経平均株価は前日比141.32円高の17170.60円。東証1部市場の売買高は3810.44百万株、売買代金は5兆2673.59億円。

騰落銘柄数は値上がり884、値下がり782、変わらず58。業種別は33業種中、値上がり25業種、値下がり8業種。保険業、電気・ガス業の上昇が目立つ一方、非鉄金属、石油・石炭、海運業などが下落。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 日本板硝子 コール [6] +348.21
2 中外製薬 コール [2] +231.25
3 日本板硝子 コール [7] +188.46
4 コーン先物リンク債_2007年9月限 コール [1] +152.94
5 IHI コール [3] +136.36
6 TDK コール [55] +135.16
7 みずほフィナンシャルグループ コール [200] +128.57

新日鉱HD <5016> コール 46回 今期経常利益1900億円に上方修正
IHI <7013> コール 5回 原資産は4-6月期営業黒字を好感し、反発
KDDI <9433> コール 76回 第76回コールは投資効率の高さが期待される

保険、銀行株など買われ、平均株価は107円高と続伸、1万7000円回復

8日後場の東京株式市場では、平均株価が高値圏で推移した。為替相場が落ち着いた上、アジア株高や、GLOBEX(シカゴ先物取引システム)ナスダック100株価指数先物の堅調推移が投資家心理の安定化につながり、午後1時27分には1万7085円10銭(前日比163円33銭高)まで上昇する場面があった。

引けにかけて伸び悩んだが、終値では7月31日以来6営業日ぶりに1万7000円台を回復した。中で海運、鉄鋼、商社などが売られたが、保険、銀行株中心の内需セクターや、値がさハイテク株の一角が買われた。

 市場では、「出遅れ銘柄が買われ、指数の下値が固まってきたことは評価して良い。ただ、海運、鉄鋼、商社などが極端に売られているのは気になる」(準大手証券)、「局所的に凄まじい動きだが、ほとんどが売られ過ぎた銘柄。

これまでのけん引役は崩れ、値下がり銘柄数が1000近くもあり、いびつな相場だ」(中堅証券)との声が聞かれた。平均株価は終値で前日比107円51銭高の1万7029円28銭と続伸した。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり672、値下がり964。出来高は25億4314万株。売買代金は3兆5733億円。東京外国為替市場では、1ドル=119円台前半(前日終値は118円71銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 トレンドマイクロ コール [50] +116.38
2 日本板硝子 コール [6] +86.67
3 三井物産 プット [27] +80.77
4 南アフリカランドリンク債 コール [19] +75.00
5 南アフリカランドリンク債 コール [18] +71.70
6 国際石油開発帝石ホールディングス プット [6] +61.43
7 WTI先物リンク債_2007年9月限 プット [4] +57.14

千代化建 <6366> コール 41回 4-6月期の経常利益は中東向け案件の完工増寄与し、38%増
東芝 <6502> コール 68回 フラッシュメモリー需要好調を手掛かり材料視
IHI <7013> コール 5回 4―6月期営業損益は132億円の黒字転換

一時17000円台回復も戻り鈍い

7日の日経平均株価は小幅反発。6日の米国株市場の急反発や為替の円安推移が好感され、朝方の日経平均株価は17000円台を回復した。

しかし、米連邦公開市場委員会(FOMC)開催や、国内では8日の6月機械受注統計発表などを控えて上値追いには慎重ムードが強く、次第に戻り待ち売りが優勢となった。後場に入ると一時前日比マイナスサイドで推移する場面もあったが、好業績銘柄中心に押し目買い意欲も強く、16900円台で膠着感を強める推移となった。

大引け概算の日経平均株価は前日比7.31円高の16921.77円。東証1部市場の売買高は2036.46百万株、売買代金は3兆560.13億円。騰落銘柄数は値上がり440、値下がり1183、変わらず101。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 日東電工 プット [23] +89.29
2 日東電工 プット [21] +67.03
3 スクウェア・エニックス コール [8] +49.53
4 日東電工 プット [28] +47.62
5 日東電工 プット [29] +46.49
6 JT コール [44] +45.95
7 日東電工 プット [25] +41.97

トレンド <4704> コール 50回 4―6月期連結最終益62億円に上方修正
旭硝子 <5201> コール 56回 6月中間経常45%増益で最高益を更新へ
トヨタ自 <7203> コール 97回 円高進行も4-6月期の大幅増益を好評価

買い戻しに下げ幅を縮小、平均株価は65円安と続落

6日後場の東京株式市場では、下げ幅縮小の流れ。鉄鋼、海運、造船など大型株の一角が買い進まれ、株価指数先物に買い戻しを誘った。平均株価は午後2時14分に1万6951円98銭(前週末比27円88銭安)まで切り返す場面があった。

中国・上海総合指数の続伸基調や、GLOBEX(シカゴ先物取引システム)でナスダック100株価指数先物、S&P500種株価指数先物が持ち直したことも投資家心理の落ち着きにつながった。内閣府が午後2時に発表した6月の景気動向指数・速報で、景気の現状を示す一致指数が77.8と景気判断の分岐点となる50%を3カ月連続で上回ったことも下支え要因となった。

 市場では、「午後2時ごろから欧州系の中期マネーが大型株に流入し、先物の買い戻しにつながった。前場に国内公的年金が買いに動いたこともポイントだ。米景気に不安は残るが、平均株価、個別銘柄ともに安値レベルにあり、あすから引き戻しに入るのではないか」(米系証券)、「短期的な売りが一巡し、きょうは強い方。

安値圏まで下げただけに目先戻りがあって然るべきだ。問題は、どの水準で戻り売りに上値を抑えられるかだ。外部環境に変化がない以上、玉回転が利く水準まで戻るのは難しい」(中堅証券)などの声が聞かれた。

平均株価は終値で前週末比65円40銭安の1万6914円46銭と続落。東証1部の騰落銘柄数は値上がり765、値下がり832。出来高は19億9292万株。売買代金は3兆1169億円。東京外国為替市場では、1ドル=117円台半ば(前週末終値は119円12銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 TDK コール [55] +102.99
2 住友チタニウム コール [13] +100.00
3 住友チタニウム コール [12] +81.08
4 松井証券 コール [87] +72.73
5 住友チタニウム コール [14] +66.67
6 住友不動産 コール [10] +65.91
7 松井証券 コール [86] +62.50

京セラ <6971> コール 57回 前日の大陰線を吸収
トヨタ自 <7203> コール 93回 4-6月期はコンセンサス上回る
武富士 <8564> コール 63回 目先的にはリバウンドも

手控え気分に平均株価は小反落、銀行、石油、電力、食品株などさえない

3日後場の東京株式市場では、方向感に乏しい展開。平均株価は前日終値を挟み、一進一退の動きとなった。前日同様に米系証券数社がシンガポール取引所(SGX)で225先物売りを先行させ、後場取引開始から小幅安スタート。

買い戻しや、押し目買いに再浮上する場面もあったが、買い気は続かず、午後2時すぎには1万6913円27銭(前日比70円84銭安)まで下押した。

その後は切り返しに転じたが、戻りは限定された。週末事情に加え、7月の米雇用統計、米供給管理協会(ISM)非製造業景気指数の発表を受けた今晩の米国株動向を見極めたいとの空気から、手控え気分が強まった。

 市場では、「今晩の米雇用統計に加え、米不動産投信大手アメリカン・ホーム、モーゲージ・インベストメントが米破産法適用申請見通しと伝えられ、警戒された。外部要因が落ち着かないと積極的には動けない」(準大手証券)、「根本的に地合いの弱さは変わっていない。現物にパワーがなく、先物はネット証券の買い余力が低下している。

戻りを試すべき場面で戻せないところに相場のもろさがある」(中堅証券)などの声が聞かれた。平均株価は終値で前日比4円25銭安の1万6979円86銭と小幅ながら反落した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり686、値下がり920。出来高は21億480万株。売買代金は3兆1680億円。東京外国為替市場では、1ドル=119円台前半(前日終値は118円77銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 TDK プット [43] +678.38
2 TDK プット [42] +304.77
3 セイコーエプソン プット [34] +244.07
4 TDK プット [44] +197.28
5 みずほフィナンシャルグループ プット [181] +188.79
6 韓国200種株価指数 プット [82] +154.55
7 TDK プット [45] +144.00

TDK <6762> コール 57回 修正の流れに期待
カシオ <6952> プット 1回 業績内容を嫌気
ソフトバンク <9984> コール 217回 ダブルボトム形成を意識

ほぼ全面安に平均株価は377円安と大幅続落、4カ月半ぶり1万7000円割れ

名実ともに8月相場入りした1日後場の東京株式市場では、株価指数先物主導で売りが続き、下げ幅を拡大した。平均株価は午後2時43分に1万6845円54銭(前日比403円35銭安)まで下押した。

24時間取引のGLOBEX(シカゴ先物取引システム)でナスダック100株価指数先物、S&P500種株価指数先物が下げ基調を強め、今晩の米国株動向が警戒された。米サブプライム(信用度の低い顧客)向け住宅ローン問題に伴う信用リスク不安が根強い上、約3カ月半ぶりとなる1ドル=118円台割れ(前日終値は118円98銭)の円高進行も市場心理の悪化につながった。東証1部の業種別株価指数では、全33業種中、32業種が下落し、値下がり銘柄数は全体の86%強に達し、全面安の色彩を強めた。

 市場では、「先物に売りプレッシャーが掛かり、厳しい状況だ。GLOBEXの下げや、大引けバスケット売り2本が観測され、現物にも信用売りや、処分売りが出ている。マクロ経済に不透明感が出ている以上、動きようがない」(米系証券)、「パニック的な下げにならず、すっきりしない。先物市場で特定筋が下げにブレーキを掛けているようだが、逆に調整を長引かせるのではないか。

リスクマネーの歯車が逆回転すれば、連鎖的な株安現象が続く危険性をはらむ」(中堅証券)などの声が聞かれた。平均株価は終値で前日比377円91銭安の1万6870円98銭と大幅続落し、3月16日以来4カ月半ぶりに1万7000円台を大きく割り込んだ。東証1部の騰落銘柄数は値上がり191、値下がり1496。出来高は23億2591万株。売買代金は3兆7285億円。東京外国為替市場では、1ドル=117円台後半(前日終値は118円98銭)で取引されている

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

eワラント 本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 TDK プット [43] +794.59
2 TDK プット [42] +341.21
3 セイコーエプソン プット [34] +257.63
4 TDK プット [44] +222.18
5 豪ドル ドル安(プット)型 [101] +220.00
6 みずほフィナンシャルグループ プット [181] +178.45
7 韓国200種株価指数 プット [82] +163.64

新日鉄 <5401> コール 75回 カルテル疑惑なんのその
三菱重工 <7011> コール 34回 鉄鋼、造船、機械の一角には買い意欲
三菱商 <8058> コール 37回 先駆セクターの流れが徐々に

ほぼ全面安に平均株価は377円安と大幅続落、4カ月半ぶり1万7000円割れ

名実ともに8月相場入りした1日後場の東京株式市場では、株価指数先物主導で売りが続き、下げ幅を拡大した。平均株価は午後2時43分に1万6845円54銭(前日比403円35銭安)まで下押した。

24時間取引のGLOBEX(シカゴ先物取引システム)でナスダック100株価指数先物、S&P500種株価指数先物が下げ基調を強め、今晩の米国株動向が警戒された。米サブプライム(信用度の低い顧客)向け住宅ローン問題に伴う信用リスク不安が根強い上、約3カ月半ぶりとなる1ドル=118円台割れ(前日終値は118円98銭)の円高進行も市場心理の悪化につながった。

東証1部の業種別株価指数では、全33業種中、32業種が下落し、値下がり銘柄数は全体の86%強に達し、全面安の色彩を強めた。

 市場では、「先物に売りプレッシャーが掛かり、厳しい状況だ。GLOBEXの下げや、大引けバスケット売り2本が観測され、現物にも信用売りや、処分売りが出ている。マクロ経済に不透明感が出ている以上、動きようがない」(米系証券)、「パニック的な下げにならず、すっきりしない。先物市場で特定筋が下げにブレーキを掛けているようだが、逆に調整を長引かせるのではないか。

リスクマネーの歯車が逆回転すれば、連鎖的な株安現象が続く危険性をはらむ」(中堅証券)などの声が聞かれた。平均株価は終値で前日比377円91銭安の1万6870円98銭と大幅続落し、3月16日以来4カ月半ぶりに1万7000円台を大きく割り込んだ。東証1部の騰落銘柄数は値上がり191、値下がり1496。出来高は23億2591万株。売買代金は3兆7285億円。東京外国為替市場では、1ドル=117円台後半(前日終値は118円98銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »