« eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング | トップページ | eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング »

2007年9月 6日 (木)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 三井不動産 プット [2] +194.12
2 野村ホールディングス プット [85] +154.76
3 大平洋金属 プット [28] +107.14
4 キヤノン プット [65] +81.74
5 TOPIX プット [103] +81.34
6 大平洋金属 プット [29] +73.68
7 三井不動産 プット [3] +72.16

新日石 <5001> プット 55回 好材料にも反応薄できず、当面の需給悪化を懸念
JR東 <9020> コール 47回 MSでは目標株価
ファストリテ <9983> プット 51回 M&A積極化を引き続き疑問視する動き

先物主導で売られ、全面安商状に平均株価は262円安と3日続落し、ほぼ安値引け

5日後場の東京株式市場では、株価指数先物主導で売られ、全面安商状に下げ幅を拡大した。平均株価は終値で前日比262円2銭安の1万6158円45銭と大幅に3日続落し、ほぼ安値引け。8月30日以来の1万6200円割れとなった。

「前場に公的機関の売り注文が相当数残り、後場は先物で仕掛け売り、投げ売りの連鎖反応が起こった」(中堅証券セールストレーダー)とし、現物株指数の一段安につながった。新発10年物国債利回りの低下から、「債券先物買い、株価指数先物売りの動き」(準大手証券ディーリング部マネジャー)も指摘された。

「欧州マネーは不動産セクター中心に玉外しに掛かっている」(米系証券ヴァイス・プレジデント)こともあり、東証の業種別株価指数では不動産を筆頭に33業種すべてが下落し、値下がり銘柄数は全体の87%強に達した。

 市場では、「先物主導とはいえ、情けない。引き続き米経済指標には注意が必要だが、国内要因で売りたたく理由は見当たらない」(準大手証券・マーケットアナリスト)との声が聞かれた。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり161、値下がり1509。出来高は18億882万株。売買代金は2兆5892億円。東京外国為替市場では、1ドル=115円台後半(前日終値は115円39銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

|

« eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング | トップページ | eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160871/7823668

この記事へのトラックバック一覧です: eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング:

« eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング | トップページ | eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング »