« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月26日 (水)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇ランキング

1 サティヤム コンピュータ サービス(ADR) コール [3] +178.57
2 TDK コール [58] +130.43
3 SBIホールディングス コール [83] +116.67
4 ソニー コール [114] +112.28
5 TDK コール [57] +109.79
6 ソニー コール [115] +100.00
7 いすゞ自動車 コール [59] +90.91

楽天 <4755> コール 86回 原資産は急反発、短期的なリバウンド期待高い
三菱重工 <7011> コール 36回 米電力大手の原発建設の認可申請を手掛かり材料視
三菱商 <8058> コール 37回 原資産は利益確定売り先行も押し目買い好機

グローベックスは堅調

S&P500先物 1534.20ポイント(+5.30)  (17:00現在)
ナスダック100先物 2106.00ポイント(+8.50)  (17:00現在)

グローベックスは堅調
買い安心感は強い
共にコール買い

17:00時点での米時間外取引(グローベックス)のS&P500先物、ナスダック100先物はともに堅調推移となっており、今晩の米国株式相場は買い先行のスタートが予想される。

本日の米国株市場では、主要経済指標の発表は、MBA住宅ローン申請指数、8月耐久財受注が予定されている。いずれも注目度は高まっており、日本時間21:30発表予定の8月耐久財受注コア指数は-1.0%(前回3.7%)と予想されている。経済指標に対するここ最近の市場の反応は、再度の利下げ期待を誘う悪材料を歓迎するムードすら感じられ、指標の悪化は相当部分織り込まれているとみた方がよさそうだ。なお主要企業の決算発表では注目度の高いものは予定されていない。

足元の推移からはダウ、ナスダック共にポジションはコール買いが有利としたい

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 住友金属工業 コール [58] +112.75
2 住友金属工業 コール [57] +84.51
3 東京ガス プット [20] +73.87
4 NTTドコモ プット [84] +69.89
5 中国石油天然気(ペトロチャイナ) コール [4] +66.62
6 住友金属鉱山 コール [72] +63.62
7 双日 コール [35] +59.76

国際帝石 <1605> コール 24回 原油価格の最高値更新を背景に強い動き
丸紅 <8002> コール 3回 製鉄向け石炭を増産するとの報道を好感
川崎汽 <9107> コール 44回 原資産は強い動き、高値更新が目前

金融・輸出関連株売り続き、平均株価は101円安と3日ぶり反落

21日後場の東京株式市場では、軟調展開。新規の手掛かり材料に乏しい上、週末で3連休を控え、手じまい売りに停滞感を強めた。ノンバンク、銀行、証券などの金融関連や、ハイテク、自動車などの輸出関連株を中心に売りが継続した。

株価指数先物にまとまった売り物が出たことで、平均株価は午後2時5分に1万6245円94銭(前日比167円85銭安)まで下押す場面があった。

 市場では、「業績懸念から銀行、ノンバンクに外国人売りが目立つ。米実体経済は依然として不透明であり、一段のドル安警戒から、輸出株にもヘッジ売りの動きが出ている」(米系証券)、「欧米市場に比べれば、日本も戻ってしかるべきだが、どうやら外国人投資家にとっては魅力的に映らないようだ。国内投資家も海外に目を向け、自国に資金を入れず、活力が生まれない」(中堅証券)などの声が聞かれた。

平均株価は終値で前日比101円18銭安の1万6312円61銭と3日ぶりに反落した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり488、値下がり1142。出来高は19億3679万株。売買代金は2兆6320億円。東京外国為替市場では、1ドル=114円台後半(前日終値は115円59銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 SUMCO プット [5] +247.06
2 SUMCO プット [6] +154.84
3 東京エレクトロン プット [83] +143.37
4 日本金属工業 コール [4] +112.59
5 東京エレクトロン プット [84] +102.38
6 PCニューフロンティア2007バスケット プット [1] +92.00
7 コーン先物リンク債_2007年12月限 コール [4] +88.24

JFE <5411> コール 49回 MSでは目標株価を8900円から9600円へ引き上げ
丸紅 <8002> コール 2回 原資産は「三役好転」にリーチ
東エレク <8035> プット 86回 原資産は大陰線で年初来安値更新

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 京セラ コール [55] +95.00
2 松下電器産業 コール [71] +69.44
3 キヤノン コール [66] +62.50
4 住友金属鉱山 コール [72] +60.59
5 住友チタニウム コール [18] +48.15
6 住友チタニウム コール [17] +47.27
7 ミツミ電機 コール [8] +47.09

住友鉱 <5713> コール 69回 原資産は業績上方修正に素直に反応
松下電産 <6752> コール 76回 好材料相次ぎ、原資産は2000円台回復
三菱UFJ <8306> プット 100回 第100回プットは戻り売りを警戒したヘッジ戦略

先物主導で買われ、平均株価は306円高と大幅続伸に1万6100円回復

14日後場の東京株式市場では、上値慕いの展開となった。昼の立ち会い外バスケット取引で買い決め優勢の流れを受け、先物主導で買いが先行した。

「日銀がイスラム金融の国際基準策定機関『イスラム金融サービス委員会』からオブザーバーとしての参加承認を受け、ラマダン(イスラム教の断食月)明け後のオイルマネー流入思惑を呼んだ」(米系証券)とされ、買い戻しを誘いつつ、平均株価は午後1時22分に1万6142円8銭(前日比320円89銭高)まで上げ幅を広げた。

その後、伸び悩む場面もあったが、引けにかけ、引き締まった。
 市場では、「メジャーSQ(特別清算指数)算出を無事に終え、買い安心感に先物が上にフレた。来週のFOMC(米連邦公開市場委員会)での政策金利0.5%引き下げ観測が独り歩きしているが、実際の引き下げ幅との見合いで米国市場がどう反応するかが先行きの鍵になる」(準大手証券)、「流れが少し変わってきた。

メガバンクまで浮上し、現物市場は改善の気配だ。ただ、先物市場では、力ずくで売り買いをやっている面があり、戻りを試せるかの見極めは必要だ」(中堅証券)との声が聞かれた。平均株価は終値で前日比306円23銭高の1万6127円42銭と大幅続伸し、7日以来1週間ぶりに1万6100円台を回復した。

SQ推定値は1万5890円95銭。東証1部の騰落銘柄数は値上がり962、値下がり640。出来高は24億284万株(うちSQ分は概算7億2900万株)。売買代金は3兆6615億円(同1兆2881億円)。東京外国為替市場では、1ドル=115円前後(前日終値は114円45銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 SUMCO プット [5] +340.00
2 SUMCO プット [6] +294.74
3 ヤフー プット [76] +111.32
4 信越化学工業 プット [13] +72.73
5 SUMCO プット [7] +70.09
6 信越化学工業 プット [14] +67.07
7 ニコン プット [51] +61.11

新日鉄 <5401> プット 69回 軟調、外国人投資家の手控えムード映す
野村 <8604> プット 90回 原資産は信用需給が依然重しとなる懸念
ファストリテ <9983> プット 51回 会社計画下回る決算見通しを警戒

グローベックスは軟調
S&P500先物 1470.70ポイント(-2.10)  (17:00現在)
ナスダック100先物 1991.00ポイント(-2.50)  (17:00現在)

グローベックスは軟調
買い安心感は弱い
共にプット買い

17:00時点での米時間外取引(グローベックス)のS&P500先物、ナスダック100先物はともに軟調推移となっており、今晩の米国株式相場は売り先行のスタートが予想される。

本日の米国株市場では、主要な経済指標の発表は日本時間20:00にMBA住宅ローン申請指数が予定されている。注目度は高くないものの、サブプライム問題の影響を見極めようと材料視される可能性はありそうだ。なお、主要企業の決算発表は予定されていない。

引き続き利下げ期待が市場の下支えとして期待されるほか、前日は個別企業への好材料が相場の上昇を後押しした。好材料に対する素直な反応がみられたことはポジティブに受け止めたい。一方、原油をはじめとする商品先物市場の動向を横にらみしながら、神経質な展開も想定されよう。

足元の推移からはダウ、ナスダック共にポジションはプット買いが有利としたい。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 三井不動産 コール [17] +183.33
2 三菱地所 コール [76] +177.78
3 SUMCO プット [6] +122.22
4 三菱地所 コール [78] +117.07
5 三菱地所 コール [75] +101.49
6 SUMCO プット [5] +100.00
7 住友不動産 コール [9] +100.00

国際帝石 <1605> コール 22回 NY原油先物市況の強調地合いを材料視
東エレク <8035> コール 104回 インテルの売上高見通し上方修正からリバウンドを期待
三井住友 <8316> プット 121回 連日の年初来安値更新で一時80万円割れ

反発、先物主導で買い戻し誘う

11日の日経平均株価は反発。寄り前発表の7月機械受注統計(船舶、電力を除く)は前月比+17.0%と市場予想+5.0%を上回る改善傾向を示したが、寄り前の外国人投資家の大幅売り越しが警戒され、ジリ安歩調を辿った。

一時は15610円まで下落したものの、前場後半からは売り一巡感が台頭し、先物主導で急速に戻りを試す展開となった。後場に入ると機械受注の内容を改めて評価する展開となり、円高一服なども好感され、先物へ大口買いが続いた。

大引け概算の日経平均株価は前日比112.70円高の15877.67円。東証1部市場の売買高は1752.72百万株、売買代金は2兆4431.90億円。騰落銘柄数は値上がり774、値下がり807、変わらず136。業種別は33業種中、値上がり25業種、値下がり8業種。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 新日本石油 プット [54] +51.82
2 ニコン プット [51] +45.00
3 武田薬品工業 コール [63] +44.12
4 武田薬品工業 コール [62] +37.93
5 金リンク債 コール [38] +36.84
6 東京エレクトロン プット [83] +34.66
7 キヤノン プット [65] +33.53

スク・エニ <9684> コール 10回 原資産は好業績期待強く、年初来高値を更新
ファストリテ <9983> プット 51回 原資産は需給悪化で下落ピッチ加速の懸念も
ソフトバンク <9984> プット 170回 原資産は下値圏での推移続く

主力株中心に売られ、平均株価は134円安と大幅反落

7日後場の東京株式市場では、軟調展開。「海外勢の主力株売りや、先物の仕掛け売りが重なった」(外資系証券)ことで平均株価は午後2時27分に1万6027円93銭(前日比229円7銭安)まで下押した。

内閣府は午後2時に7月の景気動向指数(速報)を発表、景気の現状を示す一致指数は66.7%と景気判断の分かれ目となる50%を4カ月連続で上回ったが、材料視されなかった。引けにかけては、買い戻しに下げ幅を縮めたが、限定された。

週末要因に加え、今晩の8月米雇用統計を見極めたいとの空気が強く、見送り気分が尾を引いた。

 市場では、「欧米経由でのメガバンク売りが目立つ。サブプライムローン懸念が払しょくできず、持ち高整理に動いている。米雇用統計を受け、為替がどう反応するかがポイントになる」(米系証券)、「来週末にメジャーSQ(特別清算指数)算出日を控え、先物に勢いが出そうで警戒される。今後の米金融機関の決算にも注意が必要だ」(準大手証券)などの声が聞かれた。

平均株価は終値で前日比134円84銭安の1万6122円16銭と大幅反落。東証1部の騰落銘柄数は値上がり668、値下がり933。出来高は15億9111万株。売買代金は2兆2723億円。東京外国為替市場では、1ドル=115円台前半(前日終値は115円36銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 日東電工 コール [31] +125.00
2 新日本石油 コール [58] +111.32
3 東レ コール [32] +100.00
4 新日本石油 コール [59] +94.69
5 ソフトバンク コール [212] +88.73
6 日東電工 コール [30] +86.45
7 NTTデータ コール [41] +80.95

東レ <3402> コール 33回 炭素繊維複合材料の製造部門を再編
SUMCO <3436> コール 12回 CLSAでは投資判断を新規「アウトパフォーム」、妥当株価を7300円に設定
日立造 <7004> プット 3回 希薄化懸念で下値からの戻りも鈍い

4日ぶり反発、日経平均は高値引け

6日の日経平均株価は4日ぶり反発。朝方は前日の米国株安や円高進行を嫌気した売りが先行し、前日終値との間に約150円の下窓を形成した。

その後も日経平均先物9月物へ仕掛け的な大口売りが出たことをきっかけに一時300円超の下げ幅を記録したが、8月29日安値15830円手前では押し目買いの流入で下げ渋った。

後場に入ると指数寄与度の高い値嵩ハイテク株に円高一服を好感した買いが入ったほか、好業績銘柄にも押し目買いが入り、日経平均株価は前日比プラスサイドへ転じた。その後は戻り売り圧力を強める場面もあったが、大引けにかけて一段高となった。

大引け概算の日経平均株価は前日比98.55円高の16257.00円。東証1部市場の売買高は2103.77百万株、売買代金は2兆8099.86億円。騰落銘柄数は値上がり516、値下がり1109、変わらず91。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 三井不動産 プット [2] +194.12
2 野村ホールディングス プット [85] +154.76
3 大平洋金属 プット [28] +107.14
4 キヤノン プット [65] +81.74
5 TOPIX プット [103] +81.34
6 大平洋金属 プット [29] +73.68
7 三井不動産 プット [3] +72.16

新日石 <5001> プット 55回 好材料にも反応薄できず、当面の需給悪化を懸念
JR東 <9020> コール 47回 MSでは目標株価
ファストリテ <9983> プット 51回 M&A積極化を引き続き疑問視する動き

先物主導で売られ、全面安商状に平均株価は262円安と3日続落し、ほぼ安値引け

5日後場の東京株式市場では、株価指数先物主導で売られ、全面安商状に下げ幅を拡大した。平均株価は終値で前日比262円2銭安の1万6158円45銭と大幅に3日続落し、ほぼ安値引け。8月30日以来の1万6200円割れとなった。

「前場に公的機関の売り注文が相当数残り、後場は先物で仕掛け売り、投げ売りの連鎖反応が起こった」(中堅証券セールストレーダー)とし、現物株指数の一段安につながった。新発10年物国債利回りの低下から、「債券先物買い、株価指数先物売りの動き」(準大手証券ディーリング部マネジャー)も指摘された。

「欧州マネーは不動産セクター中心に玉外しに掛かっている」(米系証券ヴァイス・プレジデント)こともあり、東証の業種別株価指数では不動産を筆頭に33業種すべてが下落し、値下がり銘柄数は全体の87%強に達した。

 市場では、「先物主導とはいえ、情けない。引き続き米経済指標には注意が必要だが、国内要因で売りたたく理由は見当たらない」(準大手証券・マーケットアナリスト)との声が聞かれた。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり161、値下がり1509。出来高は18億882万株。売買代金は2兆5892億円。東京外国為替市場では、1ドル=115円台後半(前日終値は115円39銭)で取引されている。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 日本板硝子 コール [7] +62.86
2 三井不動産 プット [2] +58.33
3 三菱商事 プット [16] +50.00
4 東京ガス プット [20] +43.53
5 新日鉱ホールディングス プット [42] +37.21
6 三井不動産 プット [3] +33.94
7 スクウェア・エニックス コール [8] +31.41

板硝子 <5202> コール 9回 高値圏で堅調推移
松下電産 <6752> プット 71回 続伸も下値圏からの反発力は鈍い展開
三菱重工 <7011> コール 36回 新日鉄との橋梁事業統合や仏アレバと中型原子炉合弁設立など材料視

4日の日経平均株価は続落。前日の米国株市場がレーバーデーで休場。手掛かり材料難のなか、日経平均株価は直近2営業日が16500円台で上値の重さが意識されたこともあり、戻り売り優勢の展開でスタートした。

その後は16400円近辺では押し目買いが入るなど、下げ渋る動きをみせたが、16500円まで戻すと再び戻り売りに押される展開となった。

4日に米国でISM製造業景気指数など重要指標の発表を控えて模様眺め気分も強く、個別株も中低位の材料株が物色された以外は総じて利益確定売りが優勢の展開となった。
大引け概算の日経平均株価は前日比104.46円安の16420.47円。

東証1部市場の売買高は1457.90百万株、売買代金は1兆9025.94億円。騰落銘柄数は値上がり641、値下がり935、変わらず141。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 NTTデータ コール [42] +225.00
2 NTTデータ コール [41] +215.22
3 ソニー コール [116] +175.00
4 ソニー コール [115] +160.78
5 トヨタ自動車 コール [90] +136.67
6 富士通 コール [89] +128.95
7 ソニー コール [118] +127.27

中外薬 <4519> プット 5回 「タミフル」の副作用問題に不透明感続く
パーク24 <4666> プット 5回 みずほ証券では投資判断を「2」から「3」へ引き下げ
古河電工 <5801> コール 57回 自己株取得で大陽線出現

31日の米株式相場は堅調スタート。連銀がインフレ指標として重要視する7月コアPCE価格指数が予想を下回り、2ヶ月連続で連銀容認レンジ内におさまることでインフレ抑制を示したことや、ブッシュ大統領がサブプライム(信用力の低い人向け)住宅ローン問題の沈静化を目指し、住宅ローン保証制度の拡充や臨時の減税措置などの総合的な対策を発表するとの観測が好感されている。

ブッシュ大統領の対策発表は日本時間1日00:00から予定されている。また、市場は日本時間23:00に予定されているバーナンキFRB議長の8月の金融市場の混乱以降初めての公の場での発言となる講演内容に注目している。住宅、住宅金融及び金融政策について言及する予定にあり、利下げを示唆する発言が期待されている。

寄り付き段階のセクター状況は全面高、とりわけ、パソコンメーカー世界2位のデル(DELL)が昨夕、事前予想を上回る好調な5-7月期決算を発表した影響からハイテクの上昇が目立つ。原油相場は74ドル台前半で強含み推移。

米ドライブシーズンの最終日とされるレイバーデーの祝日を含めた3連休を明日に控え、ガソリン需要の増加が予想されることで買いが優勢となっている。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせは
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »