« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月24日 (水)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 中外製薬 コール [6] +87.50
2 ファーストリテイリング コール [61] +75.00
3 みずほフィナンシャルグループ プット [185] +64.08
4 ファーストリテイリング コール [63] +52.58
5 ファーストリテイリング コール [62] +46.00
6 コーン先物リンク債_2007年12月限 プット [1] +45.28
7 中外製薬 コール [8] +43.65

キヤノン <7751> プット 69回 原資産は円高進行で軟調推移
野村 <8604> プット 92回 原資産は二番底探りの展開へ
ファストリテ <9983> コール 64回 MLでは株価は反転局面入りとして、投資判断を「中立」から「買い」へ引き上げ

「米住宅指標、株価動向に注目」
 24日のニューヨーク市場では、金融機関による、住宅関連の評価損計上が目立ちリスク警戒感が根強い中、日本時間23:00に発表となる米・9月中古住宅販売件数に注目されている。
ポールソン米財務長官、バーナンキ米FRB議長など、住宅市場が悪化、長期化する悲観的な見通しを示しており、市場の予想を下回る結果となるとリスク回避の動きが活発化する可能性がある。
ドル・円は、人民元が対ドルで切り上げ後の最高値を更新した事や、サブプライム、信用逼迫に絡んだ金融機関の損失などから、根強いリスク懸念に再び円の買い戻しが先行する可能性がある。更に115円台での輸出が上値を抑え114円台前半に観測されている買いをこなすと一段安となる。
ユーロ・ドルは、米住宅市場の結果が予想を下回る事となると、上値を試すと考えられるものの、ユーロ・円絡みの売りやオプション絡みの売りが上値を抑える可能性がある。
ユーロ・円は、人民元の上昇や、ユーロ債償還・利払いの売りに上値が抑えられているほか、
米メリルリンチが決算で住宅関連の評価損を計上、金融が米株式市場の下落を牽引するとの観測や、冴えない住宅指標が発表されると、リスク回避が強まりキャリートレード手仕舞いに円の一段高もありうる。
 なお、ニューヨーク外為市場ではドル・円は114円31銭、ユーロ・ドルは1.4231ドル、ユーロ・円は162円71銭、ポンド・ドルは2.0472ドル、ドル・スイスは1.1744フランで寄り付いている

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせ
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 カナダドル ドル安(プット)型 [59] +82.61
2 カナダドル ドル安(プット)型 [58] +81.25
3 カナダドル ドル安(プット)型 [57] +77.78
4 カナダドル ドル安(プット)型 [65] +65.19
5 豪ドル ドル安(プット)型 [107] +58.11
6 豪ドル ドル安(プット)型 [102] +57.69
7 カナダドル ドル安(プット)型 [56] +57.14

楽天 <4755> コール 88回 原資産は需給良化が顕著
エルピーダ <6665> プット 30回 原資産は7-9月期収益改善期待も上値の重い推移
三菱商 <8058> コール 38回 GSでは目標株価を3950円から4200円へ引き上げ

「株価動向睨んだ動き」
 22日のニューヨーク市場では、ワシントンG7声明において、ドル安、ユーロ高、円安牽制などがなされなかった事から、ドル軟調推移が継続している。加えて、87年ブラックマンデーから20年を迎えた先週末の米株式市場の大幅な下げを受けた世界株式市場の下落や、本日も米株式先物市場が大きく下げている事から、リスク回避の動きが加速している。
ドル・円は、G7声明を受けた米ファンド筋などの売りに、窓(10/19ニューヨークの引け114円50銭-10/22シドニー市場始値114円20銭)を開けて始まっており、先週末のニューヨーク引け水準となっている114円50銭は売り水準となっている。更に株式市場の下落を受けたリスク回避の動きに拍車がかかっており、株価動向を睨みつつ下値を探る展開が予想される。
ユーロ・ドルは、G7声明でユーロ高牽制がなされなかった事から買いが先行しユーロ導入来の最高値を更新後、1.4350ドル手前からオプションバリアー防戦売りやユーロ・円絡みの売りに
反落している。株価の続落を受けたユーロ・円絡みの売りに上値は限られそうだ。
ユーロ・円は、世界株式市場の下落を受けたリスク回避の動きに200日移動平均水準である161円10銭近辺を一旦割り込んだ。引き続き株価動向を睨んだ荒い展開が予想されるものの、G7声明が人民元上昇圧力を強めている事からも円の買い戻しが先行する可能性が強いと思われる。
 なお、ニューヨーク外為市場ではドル・円は114円09銭、ユーロ・ドルは1.4178ドル、ユーロ・円は161円71銭、ポンド・ドルは2.0326ドル、ドル・スイスは1.1752フランで寄り付いている。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせ
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 ファナック コール [39] +261.64
2 日経平均 コール [480] +205.56
3 日立造船 コール [1] +114.29
4 ソフトバンク コール [221] +100.00
5 TDK コール [57] +100.00
6 大平洋金属 コール [40] +99.62
7 インフォシス・テクノロジーズ(ADR) プット [2]

ミツミ <6767> コール 11回 原資産は中期テクニカル妙味高まる展開
商船三井 <9104> コール 1回 原資産は上場来高値更新、2000円を意識した展開へ
ソフトバンク <9984> コール 223回 原資産は活況、上値追い期待強める展

「米株価動向、経済指標に注目」

 11日のニューヨーク市場では、米FOMC議事録をきっかけとして、市場が正常化しつつあり、リスク不安が後退、米株式先物市場が上昇している事や、英中銀がノーザンロックに追加資金融資を発表した事などを受けてリスクを取る動きが再燃している。
経済の2/3を占める消費動向のもととなる雇用状況を探る上、本日日本時間21:30に発表される米・先週分新規失業保険申請件数が相場材料となっている他、インフレ状況を探る上では、同時間に発表される米・9月輸入物価指数に注目されており、更にG7を来週に控えて米・8月貿易収支にも注目が集まっており、もし米赤字が予想外に拡大を示すと、再びG7で人民元上昇圧力が強まる可能性がある。
ドル・円は、日銀金融政策決定会合で現状の金融政策維持が決定された事や日本国債の格上げを受けた東京株式市場の上昇、米株式先物市場が堅調に推移している事からリスク回避の動きが後退し117円64銭まで上昇し8/15来の高値を更新している。もし米貿易赤字が予想外の拡大を示すと売りが先行するものの、逆に改善を示すと、118円オプションバリアーもNY時間10:00に満期を向かえる事もあり更なる上値を試す可能性がある。
ユーロ・ドルは、ユーロ圏政府高官、ECB高官筋のユーロ高に対する姿勢が様々で、ユーロ財務相会合でも統一がなされなかった事から、G7でのユーロ高牽制は困難ととった市場のユーロ買いが再開、又、リスク後退を受けたユーロ・円絡みの買いも強く、株価動向、米指標次第では、再び1.4300ドルを試す動きとなる事が考えられる。
ユーロ・円は、リスクの後退を受けて市場混乱が本格化する前の水準に戻している。167円に観測されている売りが一旦上値抑えとなる可能性はあるが、株価が上昇すると上値を探る動きが予想される。
 なお、ニューヨーク外為市場ではドル・円は117円60銭、ユーロ・ドルは1.4200ドル、ユーロ・円は166円95銭、ポンド・ドルは2.0366ドル、ドル・スイスは1.1787フランで寄りいている。

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
株やFXなど、金融商品数々あれど、 今最も注目を浴びる金融商品、、、
それが「eワラント」!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1BTDOX+8JT4J6+1KEU+626XV
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせ
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 日本航空 コール [25] +240.00
2 キヤノン プット [66] +75.29
3 JT プット [39] +66.67
4 インフォシス・テクノロジーズ(ADR) コール [3] +62.16
5 英ポンド ポンド高(コール)型 [78] +59.09
6 SUMCO コール [6] +58.62
7 中外製薬 コール [6] +52.78

信越化 <4063> コール 17回 期初予想上回る業績観測が報じられる
東芝 <6502> コール 68回 原資産は保ち合い上放れをうかがう展開
IHI <7013> プット 4回 中間決算発表の予定延期で警戒感高まる

「米株価動向に注目

 10日のニューヨーク市場では、昨日公表された9/18の米FOMC議事録において、市場では25べーシスの利下げの予想もあった中「全メンバーが50bpの利下げを支持した」事が判明した事が株式市場を押し上げ、リスク懸念を更に後退させた。

ドル・円は、リスク懸念の後退に伴いキャリートレードを再開させる動きや、投信売り出し絡みの買いに117円54銭まで上昇している。この水準以上では本邦輸出筋の売り、又118円にはオプションバリアーが観測されており手前での防戦売りが上値を抑える可能性がある。

ユーロ・ドルは、米FOMC議事録で米経済への不透明感が強調された事を受けて中銀筋中心のドル売りが先行した事やユーロクロス絡みの買いが加速した事で再び上値を試す展開となっている。10/19に開催されるG7からもユーロ・ドル高を抑えるに十分な対策が出る可能性が少ないとの観測も広がった事もユーロ買いを誘っている。

本日も株価が堅調な推移となると、ユーロ・円絡みの買いが下支えし強含み推移が予想される。

ユーロ・円は、米FOMC議事録を受けた株価上昇に伴い投機が活発化した事や、NZドル・円の売りだし絡みの買いに連れ、サブプライム、信用収縮問題を受けて市場混乱が本格化する前の8/8の高値165円39銭を上抜けた事から更なる上値を探る展開となりそうだ。G7関係者からの高値警戒発言などが上値を抑え要因となる可能性がある。

 なお、ニューヨーク外為市場ではドル・円は117円46銭、ユーロ・ドルは1.4138ドル、ユーロ・円は166円05銭、ポンド・ドルは2.0409ドル、ドル・スイスは1.1829フランで寄りいている。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせ
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 ファーストリテイリング コール [61] +96.15
2 カブドットコム証券 コール [21] +66.67
3 SUMCO プット [6] +64.22
4 SBIホールディングス コール [84] +63.33
5 SBIホールディングス コール [83] +61.20
6 東レ コール [34] +57.21
7 カブドットコム証券 コール [23] +56.25

東レ <3402> コール 36回 自動車部品事業への本格参入を材料視
旭硝子 <5201> コール 56回 CLSAは、投資判断「バイ」、妥当株価1900円を継続
東芝 <6502> コール 68回 次々世代半導体メモリーの量産開始を好感

S&P500先物 1562.50ポイント(-0.20)  (17:00現在)
ナスダック100先物 2178.25ポイント(-2.00)  (17:00現在)

グローベックスは軟調
買い安心感は弱い
共にプット買い

17:00時点での米時間外取引(グローベックス)のS&P500先物、ナスダック100先物はともに軟調推移となっており、今晩の米国株式相場は売り先行のスタートが予想される。

本日の米国株市場では、主要経済指標の市場予想では、日本時間23:00発表予定のIBD/TIPP景気楽観指数が49.0(前回48.2)と予想されている。また翌6:00にはABC消費者信頼感指数の発表が予定されている。また、主要企業の決算発表ではアルコアが予定されている。市場の注目度も高く、非鉄セクターをはじめコンセンサスに影響を与えそうだ。イベントではFOMC議事録の公開が注目度を高めている。前回利上げ実施を行った際の議事録公開だが、その後に雇用統計の予想を上回る推移などもあり、今後の利下げスタンスに対して変化が生じるのか否かが注目されよう。また、週明け8日の米国株市場では全般に利益確定売り気運を高める展開となった。過熱感なども指摘されるなか、目先の方向性が注目される。

足元の推移からはダウ、ナスダック共にポジションはプット買いが有利としたい。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせ
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 SUMCO コール [7] +210.00
2 大豆先物リンク債_2007年11月限 プット [3] +157.69
3 SBIホールディングス コール [83] +145.65
4 SUMCO コール [6] +126.45
5 松井証券 コール [91] +125.00
6 SBIホールディングス コール [84] +125.00
7 IHI コール [5] +115.62

東芝 <6502> コール 68回 JFEグループとの発電設備での提携を好感
日本郵船 <9101> コール 59回 MLが海運セクターに対して会社計画上回る中間決算を予想
NTTドコモ <9437> プット 87回 第87回プットはヘッジ銘柄としても注目

S&P500先物 1552.50ポイント(-2.10)  (17:00現在)
ナスダック100先物 2132.50ポイント(-3.00)  (17:00現在)

グローベックスは軟調
買い安心感は弱い
共にプット買い

17:00時点での米時間外取引(グローベックス)のS&P500先物、ナスダック100先物はともに軟調推移となっており、今晩の米国株式相場は売り先行のスタートが予想される。

本日の米国株市場では、主要経済指標の発表では、MBA住宅ローン申請指数、9月チャレンジャー人員削減数、9月ADP雇用統計、9月ISM非製造業景況指数などが予定されている。注目度の高い指標の市場予想では日本時間21:15発表予定の9月ADP雇用統計が5.8万(前回3.8万)、23:00発表予定の9月ISM非製造業景況指数が54.5(前回55.8)とされている。なお、本日は主要企業の決算発表は予定されていない。

前日の米国株市場では米8月中古住宅販売保留件数指数統計の落ち込みが嫌気され、NYダウは下落した。これまで悪材料に対しては、利下げ期待を高めるものとして好感する傾向があった。ここにきての高値更新でセンチメント面に微妙な変化が生じているかが焦点となろう。ただ、一方では前回の高値圏では底堅さも期待される。短期的に下押しする場面では押し目買い意欲を試す局面ともなろう。

足元の推移からはダウ、ナスダック共にポジションはプット買いが有利としたい。

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
株やFXなど、金融商品数々あれど、 今最も注目を浴びる金融商品、、、
それが「eワラント」!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1BTDOX+8JT4J6+1KEU+626XV
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »