« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »

2007年12月30日 (日)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 スクウェア・エニックス プット [4] +45.83
2 日本航空 プット [12] +43.18
3 松下電器産業 プット [67] +41.46
4 タタ・モーターズ(ADR) プット [2] +38.46
5 いすゞ自動車 プット [57] +34.13
6 日本航空 プット [13] +33.64
7 スクウェア・エニックス プット [5] +30.08

国際帝石 <1605> コール 26回 パキスタン・ブット元首相暗殺による国際情勢の緊迫化を受け、原油先物相場が上昇。当面は1バレル=100ドル大台乗せなども意識される展開が予想され、原資産への注目度が高まりそうだ。第26回コールはITMだけに価格感応度はやや低いが、残存期間もまずまずの長さであり、買い安心感は高い。

【株式・大納会】米国株安や地政学的リスクを嫌気し続落、年間騰落率は5年ぶり下落に

2007年大納会を迎えた12月28日の東京株式市場は、お化粧買いが期待されたものの、米国株安や地政学リスクが浮上したことなどを嫌気して、日経平均株価は前日終値に比べて256円91銭安の1万5307円78銭と大幅続落、TOPIXも同24.26ポイント安の1475.68と続落して終了した。

06年終値に比べて日経平均は11.1%の下落で、年間の騰落率がマイナスとなるのは、2002年(18.6%の下落)以来、5年ぶりとなる。東証1部の出来高は概算で8億8110万株、売買代金は同1兆0829億円と低調だった。

 寄り付き前の外資系13社ベースの売買動向は270万株の買い越しで4営業日連続の買い越し。しかし、前日の米国株はNYダウ、S&P500が5営業日ぶり、ナスダックが7営業日ぶりに反落。

為替も1ドル113円台後半とドル安ユーロ高に振れたことを嫌気して、日経平均は前日比151円安の1万5413円でスタート。

その後も、市場では米ゴールドマンサックスが12月26日付のリポートでシティグループ、メリルリンチ、JPモルガン・チェースがサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)問題に関連して追加損失の計上を迫られ、かつ問題解決には数四半期かかる可能性がある、としたことで、一時、沈静化していたサブプライム問題に対する懸念が再燃するのでは、との見方が浮上。

さらにブット・パキスタン元首相が暗殺されたことで新興地域として期待される南アジア・中東地域で不透明感が広がるのでは、との地政学的リスクを問題視する向きも広がった。
 このため、寄り前に発表された鉱工業生産、消費者物価、失業率、有効求人倍率は好材料と悪材料が交錯していたにもかかわらず、「弱い指標ばかりがクローズアップされる」(大手証券)など、終始、売りが優勢の展開。正月休みを前にした手仕舞い売り、先物・オプションのヘッジ売りもかさみ、大幅反落で引けた。

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
株やFXなど、金融商品数々あれど、 今最も注目を浴びる金融商品、、、
それが「eワラント」!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1BTDOX+8JT4J6+1KEU+626XV
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせ
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 SBIホールディングス コール [91] +66.67
2 セガサミーホールディングス コール [75] +66.67
3 スクウェア・エニックス コール [11] +57.50
4 SBIホールディングス コール [90] +42.86
5 スクウェア・エニックス コール [10] +42.54
6 新日本石油 コール [59] +40.00
7 SBI イー・トレード証券 コール [42] +40.00

国際帝石 <1605> コール 26回 三菱UFJ証券では、08年の原油価格は上振れの可能性と指摘
楽天 <4755> コール 88回 新興市場のシンボル的銘柄である原資産に注目
ダイキン <6367> コール 5回 原資産は好業績の中東関連株として買い安心感高める

4日続伸=輸出関連中心に買い〔東京株式〕(26日

円相場が1ドル=114円台前半で安定的に推移していたほか、米国の年末商戦は前年を上回ったとの調査結果が出たことも加わって、自動車など輸出関連を中心に買いが入った。クリスマス後で市場参加者は少なく、売買代金は1兆4411億円と低水準。エネルギーの乏しい中、下値を売る動きはなく、市場はまさに「閑散に売りなし」の状態となった。

 取引はディーラーや個人が中心で、鉄鋼などへの物色が目立ったという。また、ここ数年は年末にかけて上昇する年が多いため、年末高を期待した買いも加わって、取引終了にかけて一段高となり、日経平均は終値ベースで2週間ぶりに1万5600円台を回復した。


 米国の低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローン問題を発端とする信用収縮懸念がいったん後退しているため、下値不安も和らいでおり、年末年始にかけてのじり高歩調を見込む向きは少なくない。ただ、出来高、売買代金が減少する時期だけに、「指数先物の動きに左右されやすく、思わぬ値幅が出る可能性も」と警戒する声も聞かれた。

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせ
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »