« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月29日 (土)

eワラント 今週の上昇ランキング

eワラント 週間上昇ランキング

1 松下電器産業 コール 76回 144.44
2 伊藤忠商事 コール 6回 141.18
3 伊藤忠商事 コール 5回 137.50
4 川崎汽船 コール 47回 125.00
5 川崎汽船 コール 46回 120.83
6 新日本製鐵 コール 79回 120.00
7 日本郵船 コール 65回 116.00
8 新日本製鐵 コール 78回 115.91
9 日本郵船 コール 64回 111.11
10 丸紅 コール 6回 102.08

ドル反発、100円近辺=短期的な買いが優勢

 28日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は反発した。機関投資家などの短期的とみられるドル買い・円売りがやや優勢となった。午後5時現在は1ドル=99円98―100円01銭と前日(午後5時、99円37―40銭)比61銭のドル高・円安で推移している。
 米雇用関連指標が予想を上回ったことなどを背景に、朝方からドル買い・円売りが先行。昼にかけて99円台を中心にもみ合った後、ドル円は夕方にかけてじりじりと値を上げ、100円を挟んだ水準で取引された。
 市場では「期末で一部の外銀による実需のドル買いが入りやすい地合いになっている」(邦銀)との指摘があった。「夕方にかけての時間帯は国内の投資家によるオプション絡みのドル買いも入りやすい傾向にあり、短期的な買いが誘われているようだ」(同)という。
 また「今週は米経済指標の一部に明るい内容も出たが、全体としては先行きに悲観的な見方をする市場関係者が多い」(国内証券)との声も聞かれた。今後については「来週に米国で雇用統計や民間景況指数が発表されるのを前に、市場参加者は模様眺めの姿勢を強めている。例年は年度初めに国内機関投資家のドル買いが活発化するが、日米金利差の縮小を背景に、今回は低調となりそうだ」(同)という。
 ユーロは対円で上昇。午後5時現在、1ユーロ=157円72―76銭(前日午後5時、156円68―71銭)、対ドルで1.5772―1.5775ドル(同、1.5765―1.5768ドル)。

===========================================

<<いま、投資家の間で一番の人気を誇る金融商品”eワラント”
小額資金で最高のパフォーマンスを生み出すマーケットに
業界を熱くするため周りの反対を押し切り満を持して公開する
その投資手法とは…>>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓【詳しくはこちら】↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 松下電器産業 コール [76] +120.00
2 ハンセン指数 コール [24] +63.33
3 ハンセン指数 コール [23] +55.70
4 S&P CNX NIFTY指数 コール [25] +52.25
5 中国人寿保険(チャイナ・ライフ) コール [15] +50.00
6 三菱地所 コール [85] +47.87
7 豊田通商 コール [3] +47.06

オイルマネー観測で先物買い主導、平均株価は215円高と3日ぶり急反発

28日後場の東京株式市場では、大幅高。平均株価は前日比215円89銭高の1万2820円47銭と3日ぶりに急反発した。「午前10時45分ごろからオイルマネーが相当入ってきたもよう」(米系証券)、「GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の買い」(準大手証券)、「ドレッシング買いも多少入っている」(欧州系証券)、「先物市場でのショートカバー(売り方の買い戻し)」(外資系証券)など買い勢力が指摘され、平均株価は一時269円高まで上昇する場面があった。上海、香港などのアジア株高や為替市場でのドル安・円高一服なども安心感を誘った。ただ、出来高、売買代金はともに盛り上がりに欠け、先物主導の感は否めず、買い一巡後は方向感に乏しく高値圏でもみ合った。
 市場からは、「オイルかGPIFか定かではないが、先物主導であることは確かだ。要は閑散に売りなし。まだ本気で売りが出てくる水準ではなく、日銀短観を含め悪材料は大方織り込んだ状態だ」(中堅証券)との声が聞かれた。東証1部の騰落銘柄数は値上がり1215、値下がり393。出来高は18億129万株。売買代金は2兆519億円。東京外国為替市場では、1ドル=99円台後半(27日終値は1ドル=99円37銭)で取引されている。

================================================================
これ以上ないほど単純なシステムで、とてつもないリターンを生み出す
「eワラント」!!
現役ファンドマネージャー・元日興証券マンが明かす、門外不出の
超絶テクニック!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1BTDOX+8JT4J6+1KEU+61Z83
===============================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 ルクオイル(GDR) コール [3] +122.22
2 ルクオイル(GDR) コール [4] +100.00
3 銅リンク債 コール [30] +71.05
4 川崎汽船 コール [47] +50.00
5 アルミニウムリンク債 コール [11] +50.00
6 川崎汽船 コール [46] +47.22
7 日本郵船 コール [65] +45.45

「理屈に合わない」底堅さ〔東京株式〕

日経平均株価は続落したが、一時200円超下落した後に戻り歩調に転じるなど「底堅さもうかがわれる」(大手証券)値動きだった。戻りを主導したのは先物相場。安寄りした香港株式市場の切り返しを支援要因に、仕掛け買いや買い戻しが活発化した格好だ。
 もっとも、株価の戻りは「理屈に合わない」(別の大手証券)と、首を傾げる市場関係者も。米国では景気後退やインフレ懸念が再燃している状態。国内では円高による企業業績悪化や政治の閉塞(へいそく)感など、株式市場を取り巻く環境には不安要因が山積している。加えて、決算期末を控えた買い手不在の状況も考えれば、理不尽な株価の底堅さは不可解と言える。
 このため、市場では株価を支えているのは、「期末の運用成績を意識したドレッシング買いではないか」(同)との見方がもっぱらで、本格上昇局面入りには懐疑的な向きがほとんど。恣意(しい)的に支えられている株価としたなら、しっぺ返しを覚悟する必要があるのかもしれない。

================================================================
これ以上ないほど単純なシステムで、とてつもないリターンを生み出す
「eワラント」!!
現役ファンドマネージャー・元日興証券マンが明かす、門外不出の
超絶テクニック!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1BTDOX+8JT4J6+1KEU+61Z83
===============================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 日本電信電話 コール [69] +83.33
2 ICICI銀行(ADR) プット [6] +78.15
3 WTI原油先物リンク債_2008年6月限 コール [4] +70.37
4 東レ コール [40] +62.50
5 伊藤忠商事 コール [6] +61.11
6 東レ コール [39] +59.09
7 三井物産 コール [43] +57.89

アドバンテス <6857> プット 98回 HSBC証券では原資産の投資判断を「ニュートラル」へ格下げ
三井物産 <8031> コール 46回 カタールでの発電・造水の事業権を受注を手掛かり材料視
JR東 <9020> プット 43回 株価は信用需給の重しなどから上値の重い展開

平均株価は38円安と配当落ち分埋めきれず、出来高、売買代金とも実質今年最低

26日後場の東京株式市場では、平均株価は前日比38円59銭安の1万2706円63銭と反落。手掛かり材料に乏しい中で、後場中盤までは方向感に乏しくもみ合い。午後2時20分ごろから先物主導で戻り歩調を強め、配当権利落ち分(100円前後)の3分の2を取り戻したが、完全には埋めきれなかった。手掛かり材料に欠ける中で売買が限定され、出来高、売買代金ともに実質今年最低を記録するなど引き続き薄商いとなった。
 市場からは、「動きに乏しい展開が続いている。年度末を控え機関投資家が動けないうえ、個人投資家も今回の戻りに対し、また下がるのではと疑心暗鬼になっているようだ。テクニカルでは、直近で平均株価、TOPIXともに前日までで5陽連(ローソク足が5本連続の陽線)を示し、底入れを示唆する一方で、短期的な高値警戒感があることも確か。4月1日の日銀短観は悪化が予想され、3月17日安値からの戻り歩調は頑張っても3月いっぱいだろう」(銀行系証券)との声が聞かれた。東証1部の騰落銘柄数は値上がり700、値下がり912。出来高は15億7529万株。売買代金は1兆7815億円。東京外国為替市場では、1ドル=100円台前半(25日終値は1ドル=100円54銭)で取引されている。

これ以上ないほど単純なシステムで、とてつもないリターンを生み出す
「eワラント」!!
現役ファンドマネージャー・元日興証券マンが明かす、門外不出の
超絶テクニック!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1BTDOX+8JT4J6+1KEU+61Z83
===============================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 ルクオイル(GDR) コール [3] +216.67
2 S&P CNX NIFTY指数 コール [25] +164.91
3 ICICI銀行(ADR) コール [7] +116.67
4 銅リンク債 コール [30] +80.00
5 S&P CNX NIFTY指数 コール [24] +75.56
6 ルクオイル(GDR) コール [5] +63.93
7 ガスプロム(GDR) コール [5] +62.50

1万2700円台を回復

前場の日経平均株価は上値の重い展開だった。後場に入ると、株価指数先物に大口の買いが断続的に入ったことを受けて、上げ幅を拡大。日経平均は、一時前日比311円高の1万2791円まで値を上げ、終値では12日以来、1万2700円台を回復した。
 3月期決算銘柄の権利付き最終売買日のため、配当や株主優待を狙った買いが入りやすく、高利回り銘柄に物色意欲が高まったようだ。為替相場は落ち着いており、アジアの主要株価指数も総じて堅調。2月の米中古住宅販売件数が堅調だったことも安心感につながったようだ。
 市場関係者からは、「4月以降、政府系投資ファンド(SWF)などの新規資金が、海外経由で株式市場に流入する」(国内大手証券)との観測も出ていた。また、一部報道で、クウェート投資庁(KWI)が米資産への投資を積極化すると報じられ、「ドル安進行に歯止めをかけた」との見方もあった。

================================================================
これ以上ないほど単純なシステムで、とてつもないリターンを生み出す
「eワラント」!!
現役ファンドマネージャー・元日興証券マンが明かす、門外不出の
超絶テクニック!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1BTDOX+8JT4J6+1KEU+61Z83
===============================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 ICICI銀行(ADR) コール [7] +200.00
2 ICICI銀行(ADR) コール [9] +84.93
3 NY ダウ 30 平均 コール [120] +81.25
4 ICICI銀行(ADR) コール [12] +80.95
5 日産自動車 コール [92] +80.00
6 住友金属工業 コール [64] +76.19
7 ICICI銀行(ADR) コール [11] +69.81

経団連会長、暫定税率の年度内成立を=円高、100円前後は容認姿勢

日本経団連の御手洗冨士夫会長は24日の会見で、揮発油(ガソリン)税の暫定税率維持を含む租税特別措置法改正案をめぐる与野党の修正協議に関連し、「予算の実行に対して非常に大きな影響があり、(3月末で失効すれば)国民生活、地方財政に多大な混乱を来す」と強調した。その上で「1月の衆参議長のあっせんにのっとり、何としても通してもらいたい」と、改正案の年度内成立を強く求めた。
 御手洗会長は民主党があくまでも暫定税率撤廃を求めている点について「あと数日の間に(関連法案を)粛々と通す以外、他に選択肢はない」と指摘。与野党の協議が全く進展しない状況については「由々しき問題だ。政府・与党の責任のみならず、参院第1党の民主党も自分の立場を自覚してほしい」と訴えた。
 また、1ドル=90円台後半で推移している円相場について御手洗会長は「(100円前後の)今の水準であれば、やっていける」と、日本企業の多くは耐えることが可能との認識を表明。ただ、「これから出てくる(3月期の)決算は多くの企業で増収減益だろう。95円を切れば別だが、100円から110円の間であれば、多くの企業は十分大丈夫だ」と述べた。 

これ以上ないほど単純なシステムで、とてつもないリターンを生み出す
「eワラント」!!
現役ファンドマネージャー・元日興証券マンが明かす、門外不出の
超絶テクニック!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1BTDOX+8JT4J6+1KEU+61Z83
===============================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 コーン先物リンク債_2008年5月限 プット [2] +200.00
2 金リンク債 プット [38] +166.67
3 金リンク債 プット [39] +128.30
4 楽天 コール [88] +90.00
5 ホンダ コール [71] +87.50
6 アドバンテスト コール [100] +85.71
7 古河電気工業 コール [60] +73.33

楽天 <4755> コール 93回 株価は高値引け、上昇トレンド継続を確認
ソニー <6758> プット 120回 英折半出資会社「ソニー・エリクソン」の売上高減少を嫌気
日産自 <7201> コール 98回 期末控えて株価は配当妙味高まる

来週の外為市場、米経済の懸念払しょくされず再びドル下値を模索する展開も

来週の外為市場では、米国経済のリセッション(景気後退)懸念が払しょくされていないため、米経済指標をにらみながら再びドルの下値を探る展開になりそうだ。ドル売りの流れが続いており、ポジションが落ち着けばドル売りが加速する可能性が指摘されている。
 ただ、年度末を控え短期投資家などは動きづらいとの見方から、狭いレンジ内でのもみあいになるとの予想もある。一方ユーロは、ドル安トレンドの再開を背景に、ユーロ/ドルが強含むとの見方が出ている。足元の経済の強さを見極める意味で、26日発表の3月独IFO業況指数などユーロ圏の経済指標が注目されそうだ。
 予想レンジはドル/円が97―102円、ユーロ/ドルは1.53―1.56ドル
 <米経済指標は引き続き弱含み、ドル/円は下値模索との見方>
 24日から始まる週は、米リセッション懸念が広がるなか、引き続き米経済指標や株価動向をにらんだ展開になりそうだ。ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)のヘッドオブFXストラテジー、山本雅文氏は「ドルの上値の重さを確認しつつ、発表される経済指標を基に米景気の減速度合いを見極め、再び下値を探る展開になる」との見方を示す。
 注目される指標は、2月米中古住宅販売(24日)、3月米消費者信頼感指数(25日)、2月米耐久財受注、2月米新築1戸建て住宅販売(26日)などだ。山本氏はドル/円の値動きについて、こうした指標をにらみながら「17日に付けた95円台をうかがう展開になる」と予想。95円台を下回る場合には、次のターゲットとして92円台が視野に入ってくるとの見方を示す。
 一方、新光証券の通貨ストラテジスト、鈴木健吾氏は米連邦公開市場委員会(FOMC)や主要な金融機関の決算発表といった材料が出尽くしたほか、「東京では期末を控えており、短期筋が動きにくいので、上値、下値とも突き抜ける感じではない」と指摘。ドル/円は「上値で売り遅れた投資家の売り、下値では買い戻しが入りやすい」とし、今週に比べれば狭いレンジ内でもみあうとの見方を示している。  海外ではイースター休暇で休場となる市場もあり、週明けの取引の出足は鈍いとみられている。20日付の英フィナンシャル・タイムズは、英ヘッジファンドのエンデバーキャピタルが17日の東京円債市場で資産の4分の1に相当する損失を出した、と伝えた。市場では、こうした金融市場の不安を増幅させるような話題がくすぶっており、「目先の値動きは予想しづらい」(邦銀)との声が出ている。
 <ユーロは強含み、ドイツIFO景況感指数に関心>
 26日にはトリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁の欧州議会での証言が予定されている。ユーロ相場に関してRBSの山本氏は、ドル売りポジションの調整が一服した場合、ユーロ圏の当局者からユーロ高けん制発言が出てくる可能性を指摘する。そうした発言などを警戒しながらも、「ドル安トレンド再開を背景に、ユーロ/ドルは強含みの展開が予想される」としている。26日発表予定のドイツIFO景況感指数に関しては「市場予想を大きく下回らない限りは、ユーロの大幅下落はない」との見方を示す。
 ユーロ/ドルは17日、一時1.5905ドルを付けて史上最高値を更新。ECBの為替介入の可能性も取り沙汰されている。ただ、ECBは今のところ口先介入にとどめる考えとみられており、FRBと協調してドル安阻止に取り組むことを検討するには1.65ドルへと急伸する必要がある、との見方も出ている。INGの為替戦略責任者、クリス・ターナー氏は「ユーロ高が1.60─1.65ドルまで進行するまで介入があるとは思わない」と話す。
 <日本はCPIに関心も、金融政策手詰まりで反応薄の見方>
 2月全国消費者物価指数(CPI)が28日に発表される。ロイターがまとめた民間調査機関の予測では、コアCPIの予測中央値は前年比0.9%の上昇となった。1月(同プラス0.8%)から伸び率が拡大する見通し。予想通りとなった場合は1998年3月(プラス1.8%)以来の高い伸び。同月は消費税率引き上げでかさ上げされた面があり、それを除くと94年5月(プラス1.0%)以来の水準となる。
 ただ、日銀総裁人事が迷走を続けており、19日に任期を終えた福井俊彦総裁の後任が決まってない。日本の金融政策について手詰まり感が広がっていることもあり、CPIへの反応は限定的になるとみられている。民主党の鳩山由紀夫幹事長は21日の定例会見で、日銀総裁が空席となる異常事態の責任は政府にあるとした上で、4月の金融政策決定会合や7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)を控え、政府の責任として新たな総裁案を提示し、4月7日までに新たな総裁を誕生させるべきだと述べた。

================================================================
これ以上ないほど単純なシステムで、とてつもないリターンを生み出す
「eワラント」!!
現役ファンドマネージャー・元日興証券マンが明かす、門外不出の
超絶テクニック!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1BTDOX+8JT4J6+1KEU+61Z83
===============================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 アルミニウムリンク債 プット [7] +154.55
2 アルミニウムリンク債 プット [14] +100.00
3 アルミニウムリンク債 プット [12] +100.00
4 アルミニウムリンク債 プット [8] +87.18
5 S&P CNX NIFTY指数 プット [15] +85.51
6 ニュージーランドドル ドル安(プット)型 [28] +83.33
7 S&P CNX NIFTY指数 プット [14] +80.00

ソニー <6758> プット 119回 株価は05年11月以来の4000円割れ
東エレク <8035> コール 110回 株価はサポートライン上で陽線出現
住友商 <8053> コール 5回 インドで水力発電所の増強工事を共同受注

東京株、終値454円下落=円急伸、信用不安で全面安

17日の東京株式市場は、急速な円高や信用不安の再燃を受けて全面安となり、日経平均株価は一時、前週末比550円安まで下げるなど大幅に3営業日続落した。終値は454円09銭安の1万1787円51銭で、2005年8月以来、約2年7カ月ぶりに1万2000円を割り込んだ。
 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は43.58ポイント低下の1149.65。出来高は24億5200万株、売買代金は2兆5599億円だった。
 円の急伸を受け、午前中から自動車や電機、精密など輸出関連株が大きく値を下げた。米証券大手の経営難に伴う信用不安から、銀行や保険などの金融株も軒並み安となった。米連邦準備制度理事会(FRB)が公定歩合引き下げを発表したが、「むしろ事態の深刻さを印象付けた上、利下げは円高圧力にもなる」(大手証券)ため、プラス材料にはならなかった。 

================================================================
これ以上ないほど単純なシステムで、とてつもないリターンを生み出す
「eワラント」!!
現役ファンドマネージャー・元日興証券マンが明かす、門外不出の
超絶テクニック!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1BTDOX+8JT4J6+1KEU+61Z83
===============================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 S&P CNX NIFTY指数 コール [25] +53.85
2 ICICI銀行(ADR) コール [7] +50.00
3 ゼネラル・モーターズ コール [13] +36.84
4 S&P CNX NIFTY指数 コール [24] +32.37
5 アルセロール・ミタル(ADR) コール [6] +31.02
6 ルクオイル(GDR) コール [3] +27.78
7 TOPIX コール [117] +26.67

平均株価は191円安に連日の新安値、ドル安・円高で売り加速し下値模索に

14日後場の東京株式市場では、下げ転換。平均株価は前日比191円84銭安の1万2241円60銭と続急落し、連日の昨年来安値更新。05年8月以来2年7カ月ぶりの安値水準となった。TOPIXも連日の新安値。GLOBEX(シカゴ先物取引システム)で米株価指数先物が軟調に推移したうえ、10年債利回り低下に伴い債先買い・株先売りの動きが指摘され、平均株価は下押した。為替市場で円がジリ高になると、現物、先物ともに売りが加速し、1ドル=100円を割れた局面では平均株価が一時266円安まで下げ幅を広げた。上海や台湾などアジア株式市場が下落したほか、週末要因や現地14日に2月米消費者物価指数などを控え、警戒感を強める格好となった。
 市場からは、「為替市場と連動した動きだ。外部環境は改善しておらず、信用収縮によるドル下落でリスクが高まっており、先物で売り仕掛けしやすい状況だ。来週も外部環境次第で、引き続きボラタイルな相場。現地18日のFOMC(米連邦公開市場委員会)での追加利下げはほぼ織り込み済みであり、プラスアルファがないと反転は難しい」(いちよし投資顧問・運用部長・秋野充成氏)との声が聞かれた。東証1部の騰落銘柄数は値上がり238、値下がり1394。出来高は31億4890万株(うちSQ分概算8億1500万株)。売買代金は3兆7867億円(同1兆2192億円)。東京外国為替市場では、1ドル=100円台前半(前日終値は1ドル=100円17銭)で取引されている。

================================================================
これ以上ないほど単純なシステムで、とてつもないリターンを生み出す
「eワラント」!!
現役ファンドマネージャー・元日興証券マンが明かす、門外不出の
超絶テクニック!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1BTDOX+8JT4J6+1KEU+61Z83
===============================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇率ランキング

1 アルミニウムリンク債 プット [7] +100.00
2 アルミニウムリンク債 プット [14] +75.00
3 ルクオイル(GDR) コール [4] +75.00
4 NY ダウ 30 平均 コール [120] +66.67
5 ルクオイル(GDR) コール [3] +66.67
6 アルミニウムリンク債 プット [8] +57.33
7 インテル コール [8] +53.33

外為市場では、米欧の協調資金供給策でもドルの先安見通しは変わらないとの見方が大勢だ。今回の資金供給は資金繰りに詰まった投資ファンドの救済が狙いで、金融市場でくすぶるサブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題や米景気の不透明感が一気に解消に向かうわけではないとの声が出ている。

 <「ヘアカット」受け各国当局が投資ファンド救済か>

 外為市場では、米欧5カ国の資金供給策は「当局によるファンド救済策でしかない」(在京外銀の為替担当責任者)との声が出ている。表面化しただけでも、5日にロンドン拠点のヘッジファンド、ペロトン・パートナーズが2ファンドを閉鎖、7日には米プライベートエクイティのカーライル・グループ[CYL.UL]傘下のカーライル・キャピタル(CCC)(CARC.AS: 株価, 企業情報, レポート)がデフォルト通知を受け取るなど、投資ファンドが相次ぎ事実上の破たんに追い込まれていたことで、今週に入ってから「(ファンドが金融機関に差し出した証券などの担保価値を切り下げる)『ヘアカット』が相次いでいた」(市場筋)。

 担保の掛け目が切り下がる「ヘアカット」が進めば、ファンドは信用力が低下することとなり、これまでの高レバレッジ運用が見直しを迫られる。さらに「カーライルほどのビッグネームまで(デフォルトを起こす)なら、他のファンドはもっと危ないとみられる」(都銀アナリスト)ことで一段のヘアカットにつながれば、市場ではファンドの手じまい売りが活発化し、相場の値動きは一段と荒くなる。そのため各国当局が「掛け目率の低下が激しい住宅ローン担保証券(RMBS)を持ってくれば米国債と交換してやるという、『飛ばし』に近い処方せん治療」(冒頭の外銀関係者)に打って出たとの見方だ。

 兆候はあった。10日の海外市場では、英ポンド/円<GBPJPY=>やカナダドル/円<CADJPY=>などのクロス円が、ファンドの手じまいと見られる売りに急落。ロイターデータでともに11カ月ぶり安値をつけた。11日の取引ではドル/円<JPY=>は値動きこそ鈍かったものの、大手米銀を経由した買いが「規模は大きくないがずっと出ている。ドル先安見通しだから基本は売りが目立ちやすいはずだが、何かおかしい」(別の外銀)といい、外為市場では各通貨ペアで、最近の値動きと逆の売買が入っていた。そうした売買がファンドのポジション縮小によるものかは不明だが、市場ではファンドの損失計上や破たんが近いなどといったうわさも、根拠がないままくすぶっていた。

================================================================
これ以上ないほど単純なシステムで、とてつもないリターンを生み出す
「eワラント」!!
現役ファンドマネージャー・元日興証券マンが明かす、門外不出の
超絶テクニック!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1BTDOX+8JT4J6+1KEU+61Z83
===============================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント 本日の上昇ランキング

1 任天堂 コール [94] +611.43
2 任天堂 コール [93] +183.89
3 三菱地所 コール [82] +125.00
4 住友金属工業 コール [64] +111.11
5 住友金属工業 コール [61] +100.00
6 住友金属鉱山 コール [73] +85.71
7 新日本製鐵 コール [78] +84.85

ダウ急反発、416ドル高=史上4番目の上げ幅〔米株式〕(11日)☆差替

【ニューヨーク11日時事】11日のニューヨーク株式相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)が発表した信用収縮への対応策が好感され急反発し、優良株で構成するダウ工業株30種平均は史上4番目の上げ幅で5年ぶり上昇率となる前日終値比416.66ドル高の1万2156.81ドルで取引を終えた。
 ハイテク株中心のナスダック総合指数は同86.42ポイント高の2255.76で終了。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は、前営業日比3億3355万株増の19億4567万株(暫定値)。
 FRBは取引開始前、期間28日の新たな米国債貸出制度を総額2000億ドル(約20兆円)で創設すると発表。信用不安を背景に、住宅ローン債権を組み入れた債券(MBS)が値崩れを起こし、金融市場が混乱に陥っていたことを受け、金融当局みずからがMBSを引き受けることで市場の安定化を図った。
 MBSの値崩れが続けば金融機関の損失が拡大し、貸し渋りに拍車が掛かることは必至。市場では「新制度の導入で『負の連鎖』に歯止めが掛かる」(トムソンファイナンシャルの株式アナリスト、ロバート・カイザー氏)と安心感が広がった。
 米株式相場は過去3営業日、信用不安から銀行株を中心に大きく売り込まれていたが、発表を受け買い戻しが殺到、上昇に弾みが付いた。
 来週18日には米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催され追加利下げが決まるとみられており、「短期的には上向きの流れが続きそうだ」(中堅証券)とみられている。

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
株やFXなど、金融商品数々あれど、 今最も注目を浴びる金融商品、、、
それが「eワラント」!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1BTDOX+8JT4J6+1KEU+626XV
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

<<最強投資方法>>

最強ワラント必勝法!!!

初心者の方にもわかりやすく簡単!!

サポートOK!!

↓こちらから↓
ワラント必勝法!
お問い合わせ
todomi14789@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »