« 2008年6月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年7月25日 (金)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇ランキング

1 SBIホールディングス コール 95回 +84.62

2 コーン先物リンク債_2008年9月限 コール 6回 +78.12

3 キヤノン コール 75回 +69.23

4 コーン先物リンク債_2008年9月限 コール 5回 +67.36

5 イビデン コール 19回 +66.67

6 東レ コール 41回 +66.67

7 東芝 コール 73回 +65.00

8 SBIホールディングス コール 100回 +55.56

9 キヤノン コール 74回 +55.29

10 SBIホールディングス コール 99回 +52.00

金融庁の佐藤隆文長官は24日の定例会見で、米国の大手金融機関の4―6月期決算発表が一巡したことを受けて「サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅融資)に起因する市場の混乱の収束には、なお時間を要する」との認識を示した。さらに、日本の金融市場や金融システムについて「欧米に比べて安定しているが、引き続き警戒水準を維持しながら注視していく」との姿勢を示した。

 米国の金融機関については「サブプライム関連の損失や金融市場の混乱の影響による損失が四半期で認識されて業績の足を引っ張っている」との懸念を示した。この一方で「それぞれの金融機関が四半期ごとに損失を認識して決算のかたちで公表し、自己資本不足に至ったならば資本調達を行う、というサイクルがある程度定着してきた」として前向きに評価した。

 東京証券取引所[TSE.UL]で22日に発生した派生商品取引のシステム障害について「今年に入って3回目。取引所の金融インフラとしての重要性に鑑みて遺憾だ」との認識を示した。さらに佐藤長官は、東証に対して金融商品取引法に基づく報告命令を出したことを明らかにした上で「システム障害の原因の分析と分析結果に基づいた再発防止策の策定が求められている」と述べた。

<<いま、投資家の間で一番の人気を誇る金融商品”eワラント”
小額資金で最高のパフォーマンスを生み出すマーケットに
業界を熱くするため周りの反対を押し切り満を持して公開する
その投資手法とは…>>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓【詳しくはこちら】↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

eワラント最強投資方法 !週間上昇ランキング!

eワラント週間上昇ランキング

1 松井証券 コール99回 900 円 2008年09月10日 +300.00

2 ゼネラル・モーターズ コール15回 25 ドル 2008年11月12日 +278.95

3 東京エレクトロン コール112回 8000 円 2008年09月10日 +131.11

4 アドバンテスト コール104回 4000 円 2008年11月12日 +113.33

5 東京エレクトロン コール111回 7000 円 2008年09月10日 +111.81

6 アドバンテスト コール103回 3400 円 2008年11月12日 +102.78

7 アドバンテスト コール101回 3500 円 2008年08月13日 +100.00

8 東京エレクトロン コール110回 6500 円 2008年09月10日 +96.79

9 アドバンテスト コール102回 2900 円 2008年11月12日 +91.03

10 東京エレクトロン コール114回 8500 円 2008年11月12日 +91.00

18日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米景気先行き不透明感がやや後退し、ドル買い・円売りが優勢となった。午後5時現在は1ドル=106円33―36銭と前日(午後5時、105円42―45銭)比91銭のドル高・円安。
 原油価格が大幅下落したことや米大手銀の好決算を受け、ドルは上昇。しかし、上値は重く、日中は106円台前半で推移した。その後、夕方発表されたドイツ生産者物価の好結果を背景にユーロが上昇。ドルは対円、対ユーロで取引水準を下げ、一時1ドル=105円97銭を付けた。
 18日は目立った経済指標の発表はないが、米金融大手シティグループの決算発表が予定される。市場では「今回の米金融機関決算の中でも注目度が非常に高い。損失懸念が大きく、予想を下回るようだと再びドル売りに傾く可能性もある」(欧州系銀行)との声が聞かれた。
 また、ここ数日、株の空売り規制で米株価が上昇したこと受け、ドル買い戻しが進んだが、「18日早朝発表された米証券大手メリルリンチの決算が予想を下回り、米株式市場が下落して始まるとの公算でドルは上値が重くなった」(国内シンクタンク)との見方があった。「来週は経済指標に乏しく方向感は出にくいだろうが、米株価と原油価格をにらんだ取引が続くだろう」(同)との予測も聞かれた。

<<いま、投資家の間で一番の人気を誇る金融商品”eワラント”
小額資金で最高のパフォーマンスを生み出すマーケットに
業界を熱くするため周りの反対を押し切り満を持して公開する
その投資手法とは…>>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓【詳しくはこちら】↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇ランキング

1 コーン先物リンク債_2008年9月限 プット 3回 +80.00

2 コーン先物リンク債_2008年9月限 プット 5回 +66.67

3 WTI原油先物リンク債_2008年9月限 プット 3回 +51.16

4 WTI原油先物リンク債_2008年9月限 プット 2回 +50.00

5 IHI コール 7回 +44.44
6 米ドル ドル高(コール)型 339回 +42.86

7 コーン先物リンク債_2008年9月限 プット 6回 +38.28

8 三菱商事 プット 22回 +37.76

9 WTI原油先物リンク債_2008年9月限 プット 4回 +36.13

10 IHI コール 8回 +33.33

東レ <3402> コール 45回 株価は短期下降トレンドラインを上方突破
コマツ <6301> コール 26回 株価はV字ボトム出現の期待高まる
日東電 <6988> プット 38回 6月の液晶表示関連材料の低迷を嫌気

<<今晩の米国市場に対する懸念から反落。焦点は来週の四半期決算の動向に>>

18日の東京株式市場は、日経平均が前日終値比84円25銭安の1万2803円70銭と3日ぶりに反落。TOPIXも11.22ポイント安の1252.43と反落した。

 前日の米国株式市場は、JPモルガン・チェースの4~6月期の決算が減益ながら、市場予想を上回ったことと、ニューヨーク原油先物価格が1カ月ぶりに1バレル=130ドルを割り込んだことが好感され、NYダウは207.38ドル高の1万1446.66ドルと大幅に続伸。ナスダック総合指数も27.45ポイント高の2312.30と3日続伸していた。

日経平均も朝方には金融、不動産株や、為替が円安ドル高に振れていたことで輸出関連株を中心に買い戻しの動きから、ザラバで111円69銭高の1万2999円64銭まで値を上げたものの、1万3000円を突破するエネルギーには欠けた。米国市場で引け後に、サブプライム関連損失から46億ドルを超える最終赤字に陥ったメリルリンチをはじめ、マイクロソフト、IBM、グーグルなどが市場予想を下回る決算を発表し、GLOBEX(24時間金融先物取引システム)の米国株価指数先物が軟調に推移したことで、今晩の米国市場に反落懸念が強まったことも東京市場の上値を抑えた格好だ。

昼のバスケット取引はほぼ売買が均衡。が、先物にまとまった売りが続き、アジア株も総じて下げに転じると、日経平均はマイナス圏に沈んだ。14時過ぎには125円62銭安の1万2762円33銭まで売られたが、結局、心理的な節目である1万2800円は維持して引けた。

 3連休前でもあり、東証1部の出来高概算は17億9377万株、売買代金は1兆9000億円と停滞。値下がり銘柄数は、全体の7割に及ぶ1210、値上がり銘柄数は390、変わらずは117だった。業種別では東証33業種のうち、値上がりはゴム、繊維、食料品、証券、化学の5業種のみ。鉱業、水産農林をはじめ28業種が値下がりとなった。

 個別銘柄では、売られすぎ感の出ていたタクトホームや飯田産業に加え、NECトーキンなどの電池関連株が値を上げたが、その一方で業績予想を下方修正した千趣会が売られたほか、ヤマダ電機やホシデンも大きく値を下げ、三菱商事やトヨタ、ソニーなどの主力株が軒並み軟調に推移した。

 米国市場に底入れ感が出るまでは不安定な展開が続く公算が高いが、来週からは、7月22日の信越化学やKDDIなどを皮切りに、国内企業の4~6月期決算発表が本格化する。日経平均はチャート上では3月安値から6月高値までの上昇に対し3分の2押した水準でモミ合いを続けており、市場では「テクニカル指標では売られすぎ感が強く、米国市場の反発、原油価格の反落に加え、決算発表でアク抜け感が出れば、6月高値を上限、足元の水準を下限とした三角保ち合いを形成しつつ、反発を探る展開も考えられる」(大手証券)と指摘する声が聞かれた。

<<いま、投資家の間で一番の人気を誇る金融商品”eワラント”
小額資金で最高のパフォーマンスを生み出すマーケットに
業界を熱くするため周りの反対を押し切り満を持して公開する
その投資手法とは…>>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓【詳しくはこちら】↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

eワラント最強投資方法 !本日の上昇ランキング

eワラント上昇ランキング

1 大平洋金属 プット 42回 +96.43

2 米ドル ドル安(プット)型 283回 +94.12

3 米ドル ドル安(プット)型 281回 +85.71

4 米ドル ドル安(プット)型 285回 +82.76

5 オリックス プット 14回 +73.08

6 大平洋金属 プット 43回 +63.69

7 南アフリカランド ランド安(プット)型 34回 +60.00

8 オリックス プット 15回 +59.78

9 三井住友フィナンシャルグループ プット 123回 +58.70

10 三菱UFJフィナンシャル・グループ プット 102回 +57.71



大平金 <5541> プット 47回 : 格下げに加えて需給悪化懸念も
川崎汽 <9107> プット 46回 : 株価は下値保ち合い後に大陰線出現
スク・エニ <9684> コール 14回 : Xbox360向け「FF13」の発売を好感視する動


<<軟調相場続くが夏場が底、来春には日経平均1万6000円も視野に>>

株式市場は6月19日から7月4日にかけ、1953年の「スターリン暴落」以来54年ぶりとなる日経平均株価の12日連続下落を記録したが、その後も立ち直りは鈍い。原油価格がWTI先物で150ドルに接近する中、一時後退していた米国景気悪化懸念や円高懸念が再燃したことが背景にあり、ここ1年余り猛威を振るってきた米国のサブプライムローン問題がいまだに尾を引いている。

  日経平均終値は直近高値1万4489円(6月6日)に対し、7月14日には1万3039円とほぼ10%下落した。欧米主要国の株式市場がいずれも直近5月高値から15~20%程度調整して年初来安値を更新していることに比べれば、日経平均は3月の年初来安値水準をなお10%上回っており比較的ましといえなくもない。

目先は1万3000円がひとまず下値のフシとなり、この水準を下回ると買い戻しや押し目買いが入ってきそうだ。とはいえ、上値を積極的に買う動きはまだ乏しく、7月中旬から本格化する米国金融機関などの4~6月期決算動向や、米国景気、為替など外部環境を横目に、1万3000円を挟んだモミ合いが続きそうだ。

  ただ、市場関係者の間では、この夏場こそが株式相場の底で、年度末にかけ日経平均が緩やかに戻りを試すとする見方も少なくない。メリルリンチ日本証券チーフ株式ストラテジストの菊地正俊氏は「2009年春には米国の経済成長もプラスに転じる。

米国ダウ平均が底を打って回復すれば、日経平均は来年3月末に1万6000円に達する」と見る。丸和証券調査情報部長の小林治重氏も、「年初からの株価騰落率で日本株は相対的に世界各市場を上回っている。持たざるリスクを感じはじめた外国人投資家は日本株のアンダーウエイト是正に動いている」とし、同じく来年4月の日経平均高値1万6000円を予想している。となると、しばらく予想される相場の底練り局面で、今後の反騰相場に向けてどのような銘柄を選別すべきかがポイントとなろう。日本企業も7月下旬以降に4~6月期決算発表が本格化するが、単に「増益」なら株価が必ず上がるというわけでもなく、期初予想に比べた「増額・減額」の可能性や、「1株当たり」の割安感・割高感、さらには市場での「テーマ性」「思惑」が株価動向を左右することになりそうだ。

  7月14日(月)発売の『株価四季報』2008年夏号では、『会社四季報』最新号(6月16日発売)よりも約1カ月分新しい独自の業績予想を収録。全上場銘柄3910社について、「強気」「やや強気」「中立」「やや弱気」「弱気」の5段階で投資判断を行い、買い・売りのメドとなる目標株価も掲げた。有望銘柄発掘の一助として利用していただきたい。

<<いま、投資家の間で一番の人気を誇る金融商品”eワラント”
小額資金で最高のパフォーマンスを生み出すマーケットに
業界を熱くするため周りの反対を押し切り満を持して公開する
その投資手法とは…>>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓【詳しくはこちら】↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

eワラント最強投資方法 !週間上昇ランキング!

eワラント週間ランキング

1 コーン先物リンク債_2008年9月限 プット5回 5.4 ドル 2008年08月13日 +114.81

2 ハンセン中国企業株指数(H株指数) コール2回 18000 香港ドル 2008年11月12日 +105.56

3 ハンセン中国企業株指数(H株指数) コール3回 22000 香港ドル 2008年11月12日 +100.00

4 コーン先物リンク債_2008年9月限 プット6回 6.4 ドル 2008年08月13日 +87.27

5 中国人寿保険(チャイナ・ライフ) コール18回 53 香港ドル 2008年11月12日 +78.95

6 ハンセン中国企業株指数(H株指数) コール1回 14000 香港ドル 2008年11月12日 +77.14

7 ハンセン中国企業株指数(H株指数) コール6回 17000 香港ドル 2009年01月14日 +75.41

8 中国人寿保険(チャイナ・ライフ) コール17回 43 香港ドル 2008年11月12日 +69.84

9 ハンセン中国企業株指数(H株指数) コール5回 14000 香港ドル 2009年01月14日 +59.64

10 中国人寿保険(チャイナ・ライフ) コール16回 35 香港ドル 2008年11月12日 +58.82




週末11日の米株式相場は、政府系住宅金融機関の経営不安や1週間ぶりに史上最高値を更新した原油高を嫌気して大きく売られ、ダウ工業株30種平均は取引途中としては2006年7月25日以来、約2年ぶりに1万1000ドルの大台を割り込んだ。

 その後、急速に買い戻されるなど激しい値動きが続き、ダウは前日終値比128.48ドル安の1万1100.54ドル、ハイテク株中心のナスダック総合指数は18.77ポイント安の2239.08でそれぞれ引けた。

 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比1億9706万株増の17億2647万株。

 長引く米住宅不況で資産劣化が懸念されている、連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)について、米紙ニューヨーク・タイムズは前日夜、米政府が国有化を検討していると報道。このため、信用不安が再燃し、寄り付き直後から売りが殺到した。

 原油相場は、イランのミサイル発射実験などで不穏な中東情勢を背景に供給不安が改めて強まり、代表指標の米国産標準油種WTIの中心限月8月物が初めて1バレル=147ドル台まで上伸。インフレ懸念も株価の下押し圧力となった。

 市場の動揺を受け、ブッシュ大統領が「(ファニーメイとフレディマックは)重要な組織」と発言。その後、バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が、ファニーメイ首脳に同社が公定歩合貸し出しを利用できると伝えたとの報道が流れると、相場は一時プラス圏に浮上した。

いま、投資家の間で一番の人気を誇る金融商品”eワラント”
小額資金で最高のパフォーマンスを生み出すマーケットに
業界を熱くするため周りの反対を押し切り満を持して公開する
その投資手法とは…
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓【詳しくはこちら】↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年12月 »